金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/09/07

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.345―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 9/ 7――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第345回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.75>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、懐かしい日本の風景が数多く残る岩手県遠野市です。仙

台からこの町へ移住し、昔ながらの民家「南部曲り家」で田舎暮らしを

満喫する山田千保子さん(65歳)と夫の信和さん(67歳)が主人公

です。


40代の頃から、古民家に興味を持つようになった山田さんご夫婦は、

いずれ移り住むことを前提に古民家を探していました。そんなある日

の帰り道、偶然、ある一軒の曲り家を見かけました。ここから縁が生

まれ、7年前にこの家を購入。一年に渡る補修を経て移住を果たしま

した。


お二人が目指すのは「ていねいな暮らし」です。生活に必要なものは

手作りし、あえて手間暇をかけて楽しむ暮らしです。野菜作りに料理、

人々との交流など、どんなことにも「ていねい」に取り組むご夫婦の

日々は、とても豊かです。遠野の里の南部曲り家で、古き良き時代の

暮らしを満喫しています。


山田さんご夫婦が暮らすのは、「南部曲り家」と呼ばれる築180年

の伝統的家屋です。馬小屋と人間の生活スペースがL字型につながっ

ていることから、曲り家と呼ばれています。家屋の中に馬小屋がある

のは、かつて馬たちを働き手として家族同然に大切にしていたためで

す。


ご夫婦には、「この曲り家での暮らしを、若い世代にも伝えていきた

い」という強い思いがあります。そのため水回り以外、家の造りは変

えていません。その代わりにモダンな小物を配置して家を魅力的に見

せることを心がけながら、日々の生活を楽しんでいます。


曲り家の裏手には、信和さんの畑があります。ゴーヤやトマトなどの

野菜から桃やブラックベリーなどの果樹に至るまで、様々な種類を育

てています。この日は、じゃがいもや花オクラなど、沢山の収穫があ

りました


毎食、手作りにこだわっている千保子さん。食卓には、採れたての野

菜を使ったおかずが並びます。千保子さんのモットーは、盛り付けも

ていねいにすること。これもまた食事の時間を楽しくするコツです。

信和さんは、「愛する人に食事を作ってもらい、旬のものを旬の時期

に食べられるのは幸せだ!」と、のろけていらっしゃいました。


山田さんの南部曲り家に大勢の人が集まってきました。町おこしにも

力を入れている千保子さんは、月に一度「ていねいな藏し」という出

店イベントを自宅の馬屋で開いています。手作りパン屋さん、布小物

の店、野菜販売店やカフェなどが参加しており、毎回沢山のお客さん

がやってきます。ここでの出会いを通じて、南部曲り家と昔ながらの

丁寧に暮らすことの魅力を、広い世代の人たちに伝えているお二人で

す。


この夫婦は、地域生活のモデルですね。奥さんの郷里に古民家を探して

質にこだわった生活をして、さらに地域おこしとして、若い人も巻き込

んで、イベントを開催するなど、まさにモデル生活だと思います。


人生の楽園ホームページ(H27年9月5日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介したいと

思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記
 

白血病闘病日記シリーズ5 第5回

治療も最終段階に入ってきました。先週は、抗がん剤の最後の投与によ

り、白血球および血小板が大分下がってきました。白血球の増加の注射

は、4回ほど実施して今週は数値が上がってくるものと思われます。


血小板は、1回だけ輸血をしましたが、自分の力で上がってこれるように

待っている状態です。この数値が良くなれば、今週中には退院できる予定

です。


今回は、抗がん剤の副作用が少なく、体力はありますので、病院で時間を

いかに有意義に潰すことが課題ですが、今回はできるだけ規則正しい入院

生活を送ることを心がけています。


朝は5時には起床します。本来は6時ですが、前にもお話したように、4G

やWI−FIの使用制限が入ってしますので、できるだけ電波が空いている

時間にインターネットを使うようにしています。朝食の8時までの時間は、

昨日の深夜の録画番組を見ながら、iphoneで、ポイントゲームやメー

ルチェックなどの作業を行います。


次にWI−FIを起動させてPCで社労士の仕事やポイントゲームやメール

の確認を行います。このようなメールマガジンの作成など朝の作業で行いま

す。インターネット関係の仕事や作業は午前中に終了させています。お昼は

12時に済ませて、後はゆっくりする時間です。


午後は、たっぷり時間があるので、TVで映画やスポーツなどの番組を見た

り、PCで電子書籍を読みます。好きな音楽を聴きながら電子書籍を読んで

いる時間も楽しい時間です。夕食は18時ですので、TVを楽しみながら食

事をして、20時のシャワー最終時間に、シャワーを浴びて、体が温かい状

態で寝るようにしています。


消灯は、21時ですが、22時までは起きていることが許させるので、21

時までTVを見て寝るようにしています。


しかし、もう1カ月を経過し、そろそろ体のなまりも限界になっているので、

1日も早く退院できるように祈っています。


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2015 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇









規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。