金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/08/10

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.341―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 8/10――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第341回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.71>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は高知県長岡郡大豊町です。東京から移住し、トマト

農家になった塩谷学さん(54歳)と妻の陽子さん(44歳)が

主人公です。


お二人は東京で共働きの生活を送っていましたが、忙しく毎日を

過ごす中、妻・陽子さんは「農業をしたい」という夢を抱くよう

になりました。


そんな妻の夢を叶えてあげたいと、学さんは48歳で早期退職し、

農業を始める条件が整っていた高知県大豊町に夫婦で移住しまし

た。そして、何を栽培しようかと考えていた時に出会ったのが、

「アイコ」という品種のミニトマトでした。実はトマト嫌いの学

さんが、初めて美味しいと思えたトマトだったのです。


他の人にもこの味を知ってほしいと、2011年、お二人はトマ

ト農家として新たな人生を歩み始めました。


塩谷さん夫婦のお住まいは、大豊町の山あいにある築100年以

上の古民家です。この町に移り住んでから、「とく」という名の

猫も新たな家族となりました。そして、ご自宅から歩いて1分の

場所にあるのが、露地栽培の畑です。ハウスでのトマト栽培の他

に、年間20種類以上の野菜を育てています。味が濃く、生でも

食べられるインゲンやサラダゴボウなど、季節によって様々な野

菜を栽培し、販売も行なっています。


この日は「恋みどり」という、生でも食べられるインゲンを収穫

しました。収穫後は、作業小屋で虫食いの穴がないか、一本一本

確かめながら仕分けをします。そしてこのインゲン、今回初めて

デパートの店頭で売ることになりました。生で食べても美味しい

インゲンを味わってほしいと試食販売を敢行しました。「美味し

い!」「苦みがなくて甘い!」そんなお客様の声と共に、丹精込

めて育てたインゲンが次々と売れていきます。学さんは、「言葉

も出ないほど、うれしい」と、感慨深げに語りました。


夏が近づくと、朝からトマトの世話で大忙しのお二人。脇芽摘み

や、誘引線張りなど、美味しいトマトを育てるために様々な作業

を行ってきました。そしてついに、手塩にかけて育てたアイコが

真っ赤に色づきました。今年の出来を確かめるために試食した塩

谷さんご夫婦、「美味しい!」と一言。自分たちが目指すトマト

が作れて、ほっと胸をなでおろします。お二人にとって、トマト

収穫で忙しい夏がまた始まりました。


このご夫婦も野菜が子供のように考えて、一生懸命育てていることが伝わ

ってきます。特に奥さんが、都会の生活よりも地方で野菜を育てたいと思

って、夫が転職してそれを実現するという生活を始めることが、大変素晴

らしいことだと感心しました。


人生の楽園ホームページ(H27年8月8日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介したいと

思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記
 

白血病闘病日記シリーズ5 第1回

今回からは、約1カ月の入院生活の様子をお届けします。何と5回目の入

院となってしましました。先月試していたアムノレイクという抗がん剤が

効果があり、入院初日での骨髄検査でガン細胞がいない状態になったのを

確認できたので、今回はマイロターグという白血病患者の9割にある33

抗体に効果があるという抗がん剤を使用します。これでがん細胞をさらに

叩いていく方針です。


初日からレントゲン、心電図、胸と腹部のCT、心臓と腹部、下肢のエコ

ー検査、骨髄検査の他に骨髄液の検査を実施しました。この骨髄液の検査

は、背中の腰椎に針を刺して骨髄液を取り出すのですが、このために頭の

骨髄液のバランスが崩れ、頭痛は吐き気がするというもので、初日は別に

問題なかったのですが、3日以後から頭痛と吐き気がして何回も吐いてし

ましました。また起きていると頭痛があり、横になると良くなるという感

じが現在も続いています。


また先週の土曜日から風邪をひいてしまい、月曜日の入院時には熱が出て

おり、この風邪の影響と骨髄液のアンバランスのために、咳や鼻水、頭痛

と何だかわからないように体調を崩しています。これからの入院生活が不

安となりました。


その中でも良かったことが、血液内科の病棟があった建物は、取り壊され

て、比較的新しい建物に入院できたことです。前の病棟は古くて汚かった

ですので、その点は救われました。
 


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2015 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。