金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/07/27

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.339―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 7/27――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第339回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.69>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は長崎県の福江島です。島の中心部である港から車で30分

ほどの静かな入り江で暮らす佐藤洋夫(なみお)さん(71歳)と、妻

の昭子さん(51歳)が主人公です。10年前、カリブ海の島から「終

の棲家」を求めてこの地にやってきました。


岩手県花巻市出身の洋夫さんは、46歳の時に長崎県出身の昭子さんと

結婚しました。ヨットに関わる仕事を夢見て、カリブ海のセントトーマ

ス島に移り住みました。しかし海外での暮らしも14年が過ぎた頃、お

二人は日本での「終の棲家」に思いを馳せるようになります。その後、

海と山に囲まれた福江島の自然豊かな景色が気に入ったお二人は、島内

の古民家に移住しました。


福江島の暮らしの中で、お二人は島の風土に合った様々な楽しみを見つ

けています。目の前の海水を使った塩作り、日本蜜蜂の養蜂。さらに去

年は、牛小屋を改装して「コッテージ・スモーキィ」を開業しました。


海と山に囲まれた福江島の景色が気に入った佐藤さんご夫婦は、築85

年の古民家を購入。梁と柱だけを残し、ところどころ大工さんの力を借

りながらも、自分たちの手でコツコツと1年半かけて改築しました。


福江島で自然の恵みを活かした楽しみを見つけている佐藤さんご夫婦で

す。洋夫さんはレンガで窯を作り、自宅の前の海水を使って塩作りを始

めました。出来上がったミネラルたっぷりの塩は、福江島のレストラン

やカフェでも販売しています。


洋夫さんが塩作りに続いて始めたのは、日本蜜蜂の養蜂。巣箱も手作り

です。自宅だけでなく、友人の農園にも巣箱を置かせてもらっています。

今はまだ採れる量が限られているため、ほとんどが自家用ですが、これ

から巣箱をどんどん増やしていく予定で、蜂蜜の販売も目指しています。


さらにお二人は、母屋の隣にあった牛小屋をきれいに改装し、宿泊施設

「コッテージ スモーキィ」を開きました。食事は宿泊客が自ら作るス

タイルです。宿泊だけではなく、日帰りで施設を利用することもできま

す。海外生活が長かったお二人は、外国からのお客様も多く招きたいと

考えています。


長い間、外国に住んでいても、やはりある程度の年齢になると日本が恋

しくなってくるんですね。このご夫婦は、多分子供さんがいないのでは、

ないかと思いますが、それだけ自由にどこでも生活できて、しかも塩や

蜂蜜の販売を計画し、しかもコテージまで作って今度は宿泊施設もやる

姿勢は、りっぱなものです。


人生の楽園ホームページ(H27年7月25日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介したいと

思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

いよいよ1週間後に、入院することとなり、その準備で来週は忙しくなりそう

です。約1か月ですので、社会保険労務士の仕事は、給与計算がある顧問先に

は、7月末にデータをもらって、3日には給与明細を送付しようと思います。

その後の電子申請などは、病室でデータを作成し、申請した後の公文書は、自

宅に送付して、妻に顧問先に送付してもらう予定です。


週末など診察が無い時に戻れれば、心配はないのですが、今回は、抗がん剤で

白血球や血小板の数値が、低下するので、その数値が戻るまで、自宅に戻れそ

うにないので、いろいろなことを想定して準備する必要がありそうです。


後ろ向きなことばかり、考えていてもしょうがないので、入院中にやりたいこ

とをいろいろと考えています。電子書籍で読んでいないものや、昨年病気の体

験記を入院中に書いていなので、その続きを考えています。また今年のテーマ

である「仕事と病気を両立させる仕組み作り」を徹底的に研究する予定であり、

それも本に書きたいと考えています。


また最近、apple iTunesのトライアルを申し込み、毎日音楽を聴きまくっていま

すので。この機会に徹底して聞きまくり、3か月トライアルが終了したら、辞め

ようと企んでいます。


とにかくやりたいことも沢山あるので、何を優先して取り組みかが大事ですので、

良く考えて実践する予定です。


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2015 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。