金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/07/20

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.338―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 7/20――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第338回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.68>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は北陸新幹線の開業で賑わう富山県富山市です。4年前、横浜

市から移住した安達知之さん(69歳)と博子さん(68歳)が主人公で

す。


定年が近づいたとき、それまで仕事に費やしていた時間がポッカリと空く

ことに不安を抱いた知之さんは、生まれ育った富山での田舎暮らしを考え

始めます。そして見つけた1軒の民家。母屋はボロボロでしたが、すでに

改装されていた納屋の雰囲気と、目の前にそびえたつ立山連峰の美しさに

心を打たれ、購入を決意しました。その後「減築再生」で床面積を減らし、

2011年3月、田舎暮らしを始めました。


知之さんの故郷・富山県で見つけた大きな民家ですが、夫婦二人の暮らし

にちょうどいいように、減築再生という方法でリフォームしました。元々

は8部屋に分かれていたものを4部屋に、床面積も154平米から130

平米に減らしました。減築再生したことで、広々とした玄関や二間続きの

リビングなど、ゆとりある空間が生まれました。


晴れた日には自宅の隣にある畑で野菜を育て、雨の日には陶芸の作業場で

土と向き合う知之さん。一方、納屋にあるキッチンで大好きなお菓子作り

を楽しむ妻の博子さん。夫婦それぞれ、時間を気にすることなく趣味に打

ち込んでいます。お互いの時間を大切にしながら、田舎暮らしを謳歌する

安達さんご夫婦です。


日没後、知之さんは中学生時代の同級生・道鬼(どうき)さんと、アユ漁に

出かけました。道鬼さんが網を投げ入れると同時に、知之さんがアユを上流

に追い込みます。息がぴったり合った同級生コンビです。翌日開かれるホー

ムパーティーで友人のみんなに鮎をたくさん食べてもらいたいと、月明かり

の下、遅くまでアユを獲り続けました。


知之さんの同級生たちが集まりました。自分たちで栽培した蕎麦粉を使い、

蕎麦を打ちます。こねるのは知之さん、延ばすのは大谷さん、そして蕎麦を

切るのは道鬼さん。それぞれ役割が決まっています。前夜に獲ったアユは知

之さんが作った大皿に盛られました。自分たちで揃えた自然豊かな富山の味

が並び、思い出話に花が咲きます。


この話を聞いていると、やはり故郷がある人は、幸せであると感じます。特に

田舎があり、そこが故郷であると、必ず同級生が住んでいて、昔の仲間が集ま

ることができるのが、魅力ですね。また「減築再生」という古民家などを利用

して、現代にあった家に作り替えるやり方も興味深いものです。


人生の楽園ホームページ(H27年7月18日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介したいと

思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

先週の金曜日に我が家に、待望の子犬がやってきました。前に飼っていたボー

ダーのサラが死んでから1年が経ち、ペットロス状態でしたが、そろそろ新し

い犬を飼う予定を立てていました。


今度は、どんな犬種にするかを悩んでいました。前のサラ(前の住所が世田谷区

桜でしたので、その読みで決めました)は、ボーダーコリーという頭が良く、運

動量のある犬種であり、体重も15キロ近くありました。マンション内を抱っこ

するのが、厳しいのと、今のマンションは、10キロ以内という規制があるので、

小型犬を考えましたが、愛玩犬は嫌なので、なかなか犬種が決まりませんでした。


前に飼っていたサラが、一番大好きな犬種が、シェルティだったことや、メスの

シェルティであれば、7、8キロであり、ペット規程にも合致するので、犬種は

決定しましたが、頼んでいたブリーダーさんの紹介で5月に生まれた子犬がいる

という情報が入り、先日平塚までその子犬を見に行きました。


トライカラー(白、黒、茶)で、小柄な子犬をすっかり気に入ってしまい、すぐ

に購入することとなりました。現在サークルに入れて、トイレトレーニング中で

すが、すごく元気のいい女の子です。名前は、妻が今後飼う犬は「ルナ」という

満月を意味する名前を決めており、今度はルナという名前です。


シェルティは、正式にはシェットランド・シープドッグという犬種で、羊を追う

犬で、前のボーダーコリーと一緒ですが、非常におとなしい性格で、赤ちゃんと

でも仲良くできる犬ですので、孫とも仲良しになれると思います。


病院の先生には、犬などのペットには、独特のウィルスなどがあるので、犬を飼う

ことは、勧められないと言われたのですが、なによりも癒されるので、それに勝る

ものはないと判断して飼うことを決めました。


早速3人の子供たちは、土日に見に来て満足して帰って行きました。全員、前のサ

ラが大好きでしたので、多少とも同じ雰囲気のある犬なので、気に入っているよう

です。


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2015 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。