金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/06/08

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.332―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 6/ 8――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第332回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.63>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、浅間山と八ヶ岳を望む長野県佐久市です。群馬県へ続く

国道沿いで、カフェを営む縣(あがた)伊佐夫さん(61歳)と妻の明

子さん(61歳)が主人公です。


「いつか飲食店を開きたい」という明子さんの夢が実現した「高原カフ

ェツリーハウス」。お店では伊佐夫さんがコーヒーや配膳を担当し、料

理上手な明子さんがランチを担当しています。野菜をたっぷり使ったラ

ンチは評判を呼び、若者からお年寄りまで幅広いお客様が来店するよう

になりました。週末には、長女の美奈子さんが手伝いに来てくれること

もあり、家族で力を合わせて高原カフェを営んでいます。


 地域との繋がりを大切にしながら、念願の田舎暮らしを満喫する縣さ

んご夫婦を紹介します。


ご夫婦が営む「高原カフェ ツリーハウス」は、お二人の希望で木材が

ふんだんに使われた、ログハウス風のお店。そこにいるだけで癒され

る空間です。お店の看板メニューは明子さんが地元の新鮮野菜にこだ

わって作る日替わりランチです。他にも、素揚げ野菜を添えたカレー

やナポリタンなど、お二人が腕によりをかけたメニューがたくさんあ

ります。


今年、開店5周年を迎えた「高原カフェツリーハウス」には、常連さ

んもたくさんできました。高齢の常連さんも多いため、野菜を豊富に

使っている明子さんの料理は人気があります。週に一度、必ず来店し

てくれるお客様をはじめ、多くの方々の憩いの場所になっています。


週末、娘の美奈子さんがお店を手伝いにきてくれました。娘とお店の

仕事をするのが夢だったという明子さんにとって、週末だけでも美奈

子さんが手伝いに来てくれるのは、とてもうれしいことです。昔から

仲の良い縣家ですが、お店を始めて家族の絆がさらに深まったそうで

す。


自分たちで、すてきなログハウスで高原レストランを経営し、娘さん

が手伝いに来てくれるという素敵な家族だと思います。理想的な家族

で本当に羨ましいですね。子供がただ遊びに来てくれるのではなく、

自分たちの仕事を手伝ってくれたら最高だと思います。


人生の楽園ホームページ(H27年6月6日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

再発治療で抗がん剤を初めて、2週間が経過し、血小板の値などは、

下がって来ましたが、白血球および赤血球関係は、下がらないで経過

しています。


先週お話ししたように、弱い抗がん剤から初めて良かったと思ってい

ます。先生は、強い薬からスタートすると、せっかく赤血球が増えて

来たのに、それを破壊することは、心配と言っていたので、まずは、

いいスタートが切れたと思います。


問題は、果たしてこの弱い抗がん剤が、癌細胞に効果があるかどうか

であり、それは今月の25日に骨髄検査を受けますが、その結果がで

るまでは、わかりません。


抗がん剤の副作用は、体がだるくなったり、指先がピリピリしたり、

という症状はでてきますが、寝ていなくてはならない状況では、ない

ので、体は良く動いています。


しかし、すぐに効果が出ているのかわからないのが、本当にいらいら

しますが、一方で焦っても結果が変わるわけではないので、ゆったり

しようという自分もあり、複雑ですが何とか生活しています。


6月末から7月の初めは、社会保険労務士の仕事が一番忙しくなる時期

であり、今月から新しい顧問先も増えて、しかも給与計算をすることと

なり、現在はその準備で、病気を気にしている状況ではありません。


本当は、6月1日から入院するつもりでいましたが、かえって入院が、

8月に延期されて本当に良かったと思っています。


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2015 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。