金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/05/04

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.327―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 5/ 4――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第327回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.58>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、春真っ盛りの千葉県南房総市です。海も山もあって温暖

な気候、移住地として人気の町です。そんな南房総で田舎暮らしを満喫

している、石原国男さん(71歳)と妻の不拘子(ふくこ)さん(68

歳)が主人公です。


電機メーカーの技術者だった国男さんは、保育士だった不拘子さんと結

婚しその後、国男さんが南米・コロンビアへ赴任することになり、家族

で海外生活を経験しました。帰国後は東京に居を構えて暮らしていまし

たが、定年が近づくにつれて国男さんは、「退職後は自然豊かな場所で

暮らしたい」と考えるようになりました。そこで、東京から近く自然豊

かで温暖な南房総に、二人暮らしにちょうどいい小さな家を建てて移住

を果たしました。


移住して今年で10年目。野菜作りや釣りなど、自然と親しむ生活を満

喫しながら、沢山の仲間に囲まれています。


海あり山ありの南房総で充実した生活を送る石原さんご夫婦。その毎日

は、にぎやかで楽しく、お金をかけなくても、とても豊かなものでした。


全く知らない土地に飛び込み、田舎暮らしを始めた石原さんご夫婦です

が、そんなお二人を地元の方々は、温かく迎えてくれました。中でも

「ケンちゃん」こと池田健治さんは、国男さんの大親友で地域のリーダ

ー的な存在。農作業や害獣駆除など地域の困りごとをボランティアで引

き受け、国男さんや仲間たちは、いつもそのお手伝いをしています。国

男さんはこの楽しい仲間たちと、海釣りや山菜採り、飲み会など、たく

さんの楽しみも共有しています。


ある日、東京へ出かけた不拘子さんが、かわいいお客さんを連れて帰っ

てきました。東京に住む息子さん夫婦の間に生まれた、孫の蓮大(れ

お)君、4歳です。都心から高速バスを使っておよそ1時間半という

便利さ。そのため蓮大くんは気軽に南房総へやって来ます。海も山も

楽しめるこの南房総での田舎暮らしの楽しさを、これからも蓮大君に

伝えて行きたい、と考えているご夫婦です。


東京から高速バスで1時間半という距離は魅力ですね。この距離であ

れば、孫も遊びに来てくれるかも知れません。千葉は、私の知り合い

も「いすみ市」に移住した人もいますので、海があるのがいいですね。


人生の楽園ホームページ(H27年4月18日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

先月も1回お知らせしましたが、通産省認定の創業支援の組織のドリ

ームゲートのアドバーザーに、5月1日から正式にデビューしました。


今回アドバーザーとして登録した動機は、自分のように病気をしても

、仕事を続けた経験を、他の人にも活かして欲しいと思ったからです。


もちろん社会保険労務士&行政書士として支援するという側面もあり

ますが、それより自分の経験をもとに相談にのったり、面談したりと

いうことができればいいと考えています。


プロフィールでは、会社員兼自営業者として実践したことや、病気に

なり、何回も入退院を繰り返しても、復活したことを正直に書いてい

ますので、ぜひご覧になってください。


俳優の今井雅之さんが、自分が大腸がんでステージ4であることを、

告白しているニュースを見ましたが、本当に20キロ痩せた顔は、以

前の顔とはまったく違った顔でしたが、本心で告白している顔は、と

てもいい表情に見えました。本当にくじけないでもらいたいと思いま

す。


ドリームゲート
http://www.dreamgate.gr.jp/

ドリームゲートの上記ページから、「専門家を探す」をクリックして、

キーワードから専門家を探すところに、名前に「國井 正」と入力して

アドバイザーにチェックを入れていただければ、自分の専用ページに入

ることができます。

國井 正
http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/kuni-con?advisor_field_id=

そのページから質問などをしていただくと、実績になるので、よろしく

お願いいたします。ただし質問等は、会員登録(無料)が必要となるの

で、よろしくお願いいたします。



総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。