金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/04/13

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.324―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 4/13――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第324回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.55>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、春を迎えた瀬戸内海の小さな島で暮らす、2組の住人をご紹介

しますが、1組ずつ紹介していきます。


1組目は、東京から愛媛県今治市の岡村島に移住した成田晶彦さん(46

歳)と妻の紫乃さん(42歳)です。2012年4月、「地域おこし協力

隊」として、それぞれ岡村島にやってきたお二人。特産品を使ったケーキ

作りをはじめ、様々な地域おこしを手掛け、2014年3月には島の憩い

の場を目指して「まるせきカフェ」をオープンしました。共に活動を続け

てきたお二人は、去年11月に結婚。島の人々は「瀬戸の花嫁」を歌って

祝福してくれました。そしてこの春、協力隊の任期を終える二人は定住を

決意。島で新たなチャレンジを始めます。春の瀬戸内で、島の人々に見守

られながら、新たな一歩を踏み出した成田さんご夫婦をご紹介します。


成田さんご夫婦は、定期的に地元・今治市のFMラジオ局「FMラヂオバ

リバリ」の番組に電話中継で出演しています。これは「地域おこし協力隊」

の仕事の一環で、岡村島の絶景ポイントや穴場の観光スポットなどをリポ

ートします。自分たちが大好きになった岡村島の良さをワールドワイドに

広めたいと、インターネットを利用した情報発信にも力を入れています。


「地域おこし協力隊」の任期を終え、岡村島に定住を決意したお二人。地

域おこしの拠点だった「まるせきカフェ」を、リニューアルオープンしま

した。改装作業はほとんど自分たちで行ない、島のPRにと、特産品であ

るヒジキやレモンを使ったパウンドケーキを作りました。これらのケーキ

は、観光客や島の人たちに大好評。岡村島での新たな暮らしを始めた成田

さんご夫婦、これからも大好きな島のために頑張って欲しいと思います。


人生の楽園で、こんなに若い夫婦が、瀬戸内海の島へ移住するというのは、

珍しいと思います。成田さんは、以前は会社を経営していて、理由はわか

りませんが、地域おこし協力隊に参加したと聞きました。二人の島暮らし

に満足している様子がとても微笑ましかったと思います。


人生の楽園ホームページ(H27年4月11日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記


先週は、今年の初めに応募した起業を支援するドリームゲートの認定

アドバイザーの選考に合格し、1日の研修を受講しました。


ドリームゲートは、経済産業省が支援しているサイトで、株式会社プ

ロジェクトジャパンという会社が運営しています。


コンサルタントは全国に約400名いますが、今回は80名の応募者

がありましたが、その内39名が認定されたそうです。もちろん認定

されるには、コストがかかりますので、どうしようかなと思いました

が、あるテーマを持って臨むことにしました。


それは、「病気と仕事を両立させる総合コンサルタント」というもの

です。社会保険労務士や行政書士というだけでは、他の方との差別化

ができないので、思い切って病気で苦しんでいる方を支援するように

しました。


それも実体験に基づく支援を行いたいと思っています。今は2人に1

人が癌になる世の中ですので、支援したいと思っている方は、少なく

ないと思っていますが、あくまでも創業の支援ですので、どのように

なるかはわかりません。


5月1日から下記のサイトにアドバイザーとして出ますので、宜しかっ

たら、そのサイトから質問などをいただければ、幸いです。


ドリームゲート
http://www.dreamgate.gr.jp/


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。