金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/03/30

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.322―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 3/30――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第322回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.53>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、大分県竹田市が舞台です。山々に囲まれた竹田市で2009年

8月に自家製野菜を練りこんだかりんとうを作る「工房あゆか」をオー

プンした濱中克美さん(62歳)と妻のあつ子さん(60歳)が主人公

です。


実家の畑を継ぐために早期退職を決意した克美さんは、自分が作る野菜で

町を元気にしたいと、お菓子作りが趣味だったあつ子さんと野菜のかりん

とう作りを始めました。試行錯誤の末に完成した「工房あゆか」のかりん

とうは、克美さんが育てた旬の野菜を使い、サクサクの食感を楽しめる珍

しい形が特徴です。無償で協力してくれる地元の仲間たちとともに、新た

な挑戦を続ける濱中さんご夫婦を紹介します。


自家製野菜を練りこんだ、濱中さん夫婦自慢のかりんとうは、とうもろ

こし味やトマト味など、旬の野菜を使うかりんとうは地元の人にも好評

です。高齢の方からお子さんまで食べられるようにサクサクとした食感

を追求した結果、平たい形にたどり着きました。


かりんとうに使う野菜は全て、「工房あゆか」の近くにある畑で育てて

収穫しています。畑作業を手伝ってくれる友人と克美さんが手間暇をか

けて育てているので、野菜の味には自信があります。また、かりんとう

の材料にしない野菜は、観光客や地元の人に人気の「道の駅」や「御宿

割烹一竹」などにも卸しています。


「工房あゆか」のかりんとう作りは、あつ子さんと克美さんの共同作業

です。あつ子さんが生地を作り、克美さんが最後の揚げ作業を担当する

など、夫婦の息はぴったりと合っています。夫婦2人、手間暇かけて作

るかりんとうは、濱中さんご夫婦が自信を持ってお勧めする逸品です。


竹田市名産のカボスを使ったかりんとうを試作する濱中さんご夫婦。カ

ボスの特徴は何といっても甘酸っぱさ。カボスならではの、甘酸っぱさ

を出したかりんとうに出来ないかと模索中です。絞り汁と大きめに刻ん

だ皮を練りこんだ結果、満足のいく試作品が完成しました。


実家の農業を継ぐために退職した方でも、野菜だけつくる人は多いと思

いますが、それを夫婦でかりんとうにするというアイディアは、いいと

思います。奥さんも協力できるように、お菓子作りをしたことが、成功

したと思います。


人生の楽園ホームページ(H24年9月8放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記


先週は、春日部の創業支援ルームに3社の新しい入居者を紹介する情

報交換会と交流会に参加しました。


今回の入居者の方は、いろいろな業種であり、1社は乳がんの早期発

見のためのグッズを開発した会社、1社は、住宅のリフォーム会社、

もう1社は、ビルの管理会社です。


今までは、コンサルタントの会社や個人が多いのですが、このように

バラエティに富む業種の方の入居者久しぶりです。


私も定款の作成や社会保険等の設置などの支援を行いましたので、少

し入居者の方にかかわった気がします。交流会では、創業支援ルーム

から出て行かれた方や支援をしている税理士や商工会議所の方も参加

されていましたので、いろいろと支援できる体制にあると実感しまし

た。


いろいろな業種の方がいて、専門分野の方に相談できることは、創業

支援ルームの素晴らしいところだと改めて感じました。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!

メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容

により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。