金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/03/23

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.321―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 3/23――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第321回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.52>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、山梨県北杜市明野町で手打ちそば屋「草至庵」を始めた金子至

さん(68歳)と妻の惠子さん(64歳)が主人公です。食品メーカー

の営業だった至さんは転勤が多く、単身赴任は20年に及びました。1

3回目の赴任先で胃にがんが見つかった至さん。闘病中に頭に浮かんだ

のは「残りの人生を田舎で暮らしたい」という思いでした。会社を退職

後、ひまわり畑で有名な北杜市明野町で、築200年の古民家を見つけ

移住したお2人。東京に住んでいた一人息子の徹也さんも同居を申し出

てくれました。徹也さんは、家族一緒に出来る仕事としてそば屋の開業

を考え、東京で1年半修業。2011年1月「草至庵」を開店しました。

移り住んだひまわりの里で家族三人、同じ夢に向かって歩んでいます。


四方を美しい山々に囲まれた山梨県北杜市。北に八ヶ岳、西に南アルプ

ス、南に富士山を望むことが出来ます。明野町では夏になると辺り一面

に咲き誇るひまわりが有名で、観光地として人気です。四季によって表

情を変える景色を楽しむことが出来ます。


築200年の「草至庵」の店内には至さんが趣味で集めた500点以上

もの骨董品が並べられています。古いものは室町時代にまでさかのぼり

ます。お店で実際に使われている「そばちょこ」もコレクションの1つ

です。


八ヶ岳のふもとに住む友人の山荘へと向かった金子さんご夫婦。惠子

さんは山野草を見るのが大好きで、ここへ来ると時間を忘れてしまう

そうです。同じ時期に田舎暮らしを始めたことがきっかけで、金子さ

んとの交流が生まれました。大自然の中でつもる話は尽きないようです。


一人息子の徹也さんは工芸の専門学校に通っていたこともあり、物作

りが得意です。「草至庵」の定休日を利用して、ろうを溶かした版画

でお店までの道を案内する地図を作りました。手作り感を大切にして

いる徹也さん。出来上がった版画の地図は草至庵らしい温かみが出て

います。


転勤の多いサラリーマンにとって、自分が病気をして、これからの人

生を見つめなおしたときに、地に足がついた人生を選んでいくと思い

ます。まして北杜市は、私の会社時代の後輩も暮らしており、一度遊

びに行きましたが、大変素晴らしいところで、住んでみなくなる土地

です。


人生の楽園ホームページ(H24年9月15日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

先週は、2回セミナーに出席しました。いずれもがん患者就労支援を

テーマしたもので、1回目は社会保険労務士会主催のセミナーであり、

もう一つは、東京都主催の企業で行う従業員向けのがん対策のシンポ

ジウムです。


最初のセミナーは、東京都福祉保健局の実施した「がん患者の就労支

援等に関する実態調査」の説明と東京都が行う「かん患者就労継続支

援事業」の説明がありました。


その後には、我々の仲間である社会保険労務士で、病院のがん相談セ

ンターで相談員を行っている方の話と病院のケースワーカーによる病

院の取り組みの話もありました。


この分野では、社会保険労務士は、就労支援のプロとして、医療関係

者と連携を取って、患者の相談に応じており、とても参考になりまし

た。私もこのような活動を実施していきたいと考えています。


もう一つのシンポジウムは、丁度セミナーで東京都の方から情報をお

聞きして、興味があり参加しました。ここでも東京都のがん患者対策

と、一般社団法人で、がん患者の電話相談を行っている方の話があり、

いろいろな方が支援をしている様子がわかりました。


2日間の講師は、いずれも癌経験者であり、やはり経験のある方が、

相談に乗るケースが、一番いいと感じました。その意味では、私の

頑張る場所ができる可能性もあると思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!

メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容

により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。