金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/02/16

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.316―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 2/16――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第316回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.47>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、風情ある城下町、島根県松江市です。かつて両親が営んで

いたおそば屋さんを再開させた古曽志勢津子(こそし・せつこ)さん(6

6歳)と、その娘・田中真央子さん(33歳)が主人公です。


1968年に勢津子さんのご両親が始めた「古曽志(こそし)そば」は、母

・一子(かずこ)さんがそばを打ち、父・恵洪(よしひろ)さんがつゆを作る

出雲地方ならではの「わりごそば」が評判のお店でした。勢津子さんたち、家

族みんなで切り盛りしていましたが、一子さんが病気になったことをきっかけ

に、惜しまれながら閉店。30年の歴史に幕を閉じました。 


蕎麦殻も一緒に挽いた蕎麦粉を使うため、特有の香りと口当たりが楽しめる出

雲そば。「わりごそば」は、割子(わりご)という丸い漆塗りの器を使います。

そして「釜あげそば」は、そばつゆをそば湯でのばして味付けをする温かい出

雲そば。どちらも「古曽志そば」の看板メニューです。


しかし恵洪さんの死後、「両親が築いたあの店を、もう一度始めたい」と考える

ようになった勢津子さん。2年前、娘の真央子さんの協力を得て、「古曽志そば」

を16年ぶりに再開させました


勢津子さんの夫・敏郎さんは、空調設備の仕事をしながら、妻と娘を陰でしっかり

と支えています。仕事が早く終われば、台所で夕食の料理作り。庭では野菜を育て、

割子そばの薬味に使う大根も育ててくれています。「古曽志そば」の縁の下の力持

ちの優しくて頼りになるお父さんです。


閉店後の「古曽志そば」にやってきたのは、親戚の皆さん。この日は、おかずを

持ち寄っての食事会です。みなさん「古曽志そば」には思い入れがあり、お店の

再開をとても喜んでいます。食事会のメインはやはり、古曽志家伝統の「わりご

そば」。懐かしい味が、思い出とともに皆さんの口の中に蘇りました。


今回は、お母さんが主人公ですが、両親がやっていたお蕎麦屋さんを復活させる

のは、大したものです。両親の仕事を子供の時に見ていたとはいえ、そばを実際

に打った経験もないのに、そば職人を目指すのは、頭が下がります。また同時に

娘も巻き込んで、親子で蕎麦屋をやるというのも、これからも蕎麦屋が続く気が

します。また蕎麦屋ができることで、家族全員が集まって食事ができるのも、良

いと思いました。


人生の楽園ホームページ(H27年2月14日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記


先週の金曜日は、久しぶりに勤務している創業支援ルームの月例であ

る情報交換会と交流会に出席しました。


仲間のインキュベーション・マネージャーとの情報交換や新しく入居

したメンバーと懇親するのも目的でした。


今回情報交換会に出席しようと思ったのは、新しい入居者の方が「格

安スマホで経費節約!」というテーマで、講演をしてくれるという話

を聞いて、ぜひ聞きたいと思ったからです。


その方は、会社の社長であり、日経BPなどのIT関係の出筆も行っ

いるテクニカルライターの方で、携帯電話などもたくさんの種類を使

いこなしているので、非常に面白い話を聞けました。


私などのように、キャリアのスマホしか使っていないので、料金が高

いという問題を抱えています。また電話代は、いろいろなアプリやメ

ールの活用で安くすることはできますが、パケット代は、使い放題の

プランにしても、追加でデータ使用料を取られていますので、何とか

対策を講じたい思っている矢先でした。


格安スマホやSIMフリーカードなどの存在は知っていましたが、そ

の使い方などは、さっぱり分かりませんでした。いつもキャリヤの方

やアップルのサポートを受けているので、自分から進んでその対策を

考えることは格安スマホに関しては、考えていませんでした。


しかし、格安スマホの端末代や毎月のパケット代の安さや、用途の広

さを考えたら、1台格安スマホを買って、特にパケット代の節約をし

た方が、いい対策ができると確信しました。これからは、家の光プラ

ンもいろいろ出てきますし、格安スパホも視野に入れて、自宅やスマ

ートフォンのトータルの料金プランを考えていきたいと考えています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!

メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容

により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。