金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/01/19

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.312―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/ 1/19――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第312回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.43>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、高知県の山間にある梼原町(ゆすはらちょう)です。早期退

職後、故郷で炭焼きをしながら暮らす前田栄一さん(65歳)が主人公で

す。南国市の自宅に暮らす妻のみち子さん(63歳)のもとには、週末に

帰っています。


梼原町で生まれ育った栄一さんは、南国市の郵便局に就職。49歳で郵便

局長に就任しますが、慣れないデスクワークにストレスが重なり、54歳

で退職しました。久しぶりに訪れた故郷で目にした炭焼きの煙に、懐かし

さがこみ上げてきました。親戚の窯で炭焼きを手伝ううちに、その奥深さ

にのめり込み、梼原町で週に5日、炭焼きを楽しむ生活を始めました。


炭焼き職人として第二の人生を謳歌する前田栄一さんを紹介します。


ハスの花托(かたく)を焼くことから始まった栄一さんの炭オブジェ作り

ですが、今ではトウモロコシやパイナップル、ミカン、イガグリ、紅葉、

ラーメンなど、様々なものを炭にしています。形を保ったまま黒く光る炭

のオブジェは、見ているだけで癒されます。


窯出し作業に取り掛かる栄一さん。窯の中には燃料用の木炭や竹炭、炭オ

ブジェがびっしり。栄一さんは防塵マスクをして窯に入り、袋に入れた炭

を外にいる幼なじみのタカちゃんに渡します。炭焼きは一人では出来ない

ので、たくさんの仲間に助けられながら、炭焼きを楽しんでいます。


栄一さんは毎週、高知市で開催されている日曜市に出店しています。高知

県の特産品が多く並ぶ中、ひときわ目を引くのは栄一さんの炭のオブジェ。

初めてそれを見て驚くお客さんに、「待ってました!」と言わんばかりの

笑顔で応対。お客さんが楽しむ様子が何よりもうれしい栄一さんです。


人間は、勤め先の仕事が変わると、その変化についていかれなくなり、故

郷に帰ってからの生活の中で、人間性を回復することもある気がします。

今回は、そのいい例であると思います。心のどこかに、炭焼きに対する思

いがあったのかも知れません。


人生の楽園ホームページ(H27年1月10日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

先週から長女夫婦に11月に生まれた孫を連れて、里帰りしています。

予定日は、まさに1月18日だったのですが、早産になり、約2か月は

病院に入院していましたが、やっと退院できることになり、予定通り産

後の1か月は実家で過ごすこととなりました。


まさに我が家に孫がやって来た!という、初めての体験で、毎日不慣れな

おじいちゃんを演じております。


少し赤ちゃんの世話にも慣れて、ミルクを飲ませるところまで、できるよ

うになって来ました。しかしまだまだ怖くて良く触ることができません。

もう少しすれば、もって慣れてくるでしょうが、まだまだです。


先月から、娘に言われて、ベビーベッドからおむつ捨ての機械やベビーバス

や、身の回り品などの細かい注文は、ネットでこなしてきましたが、いよい

よ現実に赤ちゃんが来るとなると不安が増してきました。


なんせ自分の子供は、すべて妻に任せており、自分では赤ちゃんの世話をした

記憶がほとんどない状態の人間でしたので、今回は、妻より私の方は家にいる

ので、かかわらざるを得ません。


ましてや、娘のことには何とか協力してあげようと思っていましたので、仕方

がありません。でも抱いていると可愛いので、これもいいかなという気になっ

てきます。


1か月は、家に張り付く生活になりそうです。少しは、役に立たないといけませ

んね。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!

メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容

により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。