金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2014/11/24

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.304―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2014/11/24――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第304回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.36>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、岡山県小田郡矢掛町が舞台です。アメリカから移住し果樹園を

始めた高橋寛行さん(59歳)と妻のジーンさん(54歳)が主人公で

す。


寛行さんは米国やスペインで仕事をしていましたが、8年前に、会社が

廃業し、第2の人生を考えるようになります。そして2008年、矢掛

町で売りに出されていた果樹園を購入し。「ジーンSun農園」と名付け、

梨や桃を中心とした果樹栽培を始めます。開園当初は慣れない田舎暮ら

しでした。それでも明るい性格で地元の人々と交流するジーンさん。そ

んなジーンさんを支える寛行さん。矢掛町での仲間も増え、充実した日

々を過ごす国際結婚夫婦の「日本での第2の人生」を紹介します。


高橋さんご夫婦が愛情を込めて育ててきた梨ですが、この日は「新高」

という種類の梨を収穫します。果樹や野菜の育て方を教えてくれた師匠

の徳永さんが梨の出来栄えを最終チェック。約400個の梨を収穫しま

した。梨は収穫から4日間おいた後、地元の産直スーパーに出荷します。

お客さんが手に取るかどうか、不安そうに店内の様子をうかがうご夫婦

でしたが、売れ行きは上々で、ジューシーな梨にきっと満足してくれる

ことでしょう。


「ジーンSun農園」では草刈りをさせるために19頭の羊を放牧してい

ます。ペットのように羊を可愛がるお二人は、1頭ずつ名前をつけてい

ます。秋は、年に2回の毛刈りのシーズン。息子の智之さんと寛行さん

の姉・明子さんが手伝いに来てくれました。五分刈りになった羊も喜ん

でいることでしょう。


耕作放棄地を開拓するボランティアを引き受けた高橋さんご夫婦ですが、

ここに羊を放ち、草刈りをさせて畑をよみがえらせようと計画していま

す。そのためには、羊の飲み水が必要です。かつて、この辺りに湧き水

があったと聞き、その場所を知る守屋さんと一緒に、湧き水探しを始め

ました。長時間の作業の末、湧き水を発見し、「これで、羊を放すこと

が出来る!」とご夫婦の夢はさらに広がっています。


NHKドラマのマッサンではないですが、外国の奥さんが日本でご主人

を手伝っている姿は、微笑ましい感じがします。慣れない日本で、しか

も果樹園の手伝いで、田舎暮らしなので、大変だと思いますが、夢があ

る暮らしがいいと思います。


人生の楽園ホームページ(H24年11月3日放送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介した

いと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

先週は、春日部の創業支援ルームの勤務がありました。3年前のオープ

ン時に入居した方が、3年の契約を迎えて、卒業するか契約を更新する

か、選択する必要が出てきます。


入居しても、創業支援ルームに馴染めないで辞めていく方もある一方、

東京に移転したり、自宅に戻る方もいます。また3年経過しても、まだ

卒業できない方もいます。


埼玉県の施設なので、公的な機関に入居している安心感などのメリット

もありますが、その代わりに毎月インキュベーションマネージャーと、

面談してもらい、アドバイスを受ける義務もあります。


しかし、毎月の利用料も安く、会議室や面談室も無料で使えるメリット

大きいので、更新を望む方も多いのですが、業績が伸びていない状況で

あったり、開業する予定が、まだその段階まで順調に進んでいない状況

では、更新できないこともあります。


先週は、3年を迎える1名のデザイナーの方が、自宅に戻ることで、面談

を行いました。私の名刺などに掲載しているイラストなど、創業支援ルー

ムでのセミナーチラシの顔のイラストや、ポスターなどを作っている方で

更新して残って欲しい方ですが、自宅でも十分できる仕事なので、経費を

かけて残るのは、難しいようです。


これからも3年を迎える方が、沢山出てくるので、別れも増えてくるかも

しれませんが、卒業生も加入できるKas-Bizというコミュニティビジネス

の団体があるので、そこで留まって活動していただけることを望んでいます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!

メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容

により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。