金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2014/02/24

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.267―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2014/ 2/24――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回から、サラリーマンと兼業でビジネスを行うには、どのような事業や

事業形態が理想の運営なのか、お話ししていく予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第267回

その4 完全独立後も安定と成長

<その3 理想の運営組織とは NO.4>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、会社員とし

て現役時代はどのようにそのビジネスを行っていくのか、また退職後はど

のようなビジネスを行っていくのか、その内容や方法について、一緒に研

究してみましょう。


今回からは、サラリーマンとして勤務していながら、将来の自分のビジネス

を立ち上げるには、どのような方法が考えられるのか、検討していきましょ

う。

1.ビジネスの種類

個人事業主から団体および会社組織がありますが、主なものを取り上げて行

きましょう。先週は株式会社と合同会社を取り上げましたので、今回は、N

PO法人を取り上げます。


・NPO法人

正式には、特定非営利活動法人といいますが、文字通り営利活動を目的としな

い法人ですが、営利事業をしてもいいのですが、営利事業をすると、その部分

は一般的な法人と同様とみなされ、受けられなくなります。


つまり、営利事業を主な目的としない法人なので、設立時の登録免許税や法人税

等を徴収されないというわけです。では本当に営利事業を行えないとしたらボラ

ンティア団体になっていまいますので、NPOの入会費や会員費、寄付などで収

入を得ていくことはできます。また講習会の開催や出版物の販売などを本来業務

として約款に記載することにより営利事業としてでなく実施することが可能です。


役員は、理事が3名以上、監事1名以上いること、社員と呼ばれるNPOの構成

員が10名以上(理事・監事も兼任可)設立に必要です。活動範囲が都道府県単

位なのか全国範囲なのかで、設立申請する官公署が異なります。


東京都のみで活動する場合は、東京都庁の生活文化局、都民生活部、管理法人課

にまず設立相談に行きます。定款案を相談して、修正されることも多いことと、

予約が1か月先しかとれないこともあり、数か月かかることもあります。


NPOのメリットは、行政の仕事を受けることができることです。もちろん選抜が

ありますが、一般の会社が直接区役所に行っても最初から信用はしてもらえません。


私がNPOアクティブ・シニア・クラブを設立した時も、都内23区の区役所を回

りましたが、門前払いされたことは一度もありませんでした。同じ目的でNPO法

人を設立する仲間が10名以上集まることができれば、トライすることは可能です。


しかし事業計画に従って活動をしていかなければいけませんし、毎年総会を開き事

業活動報告や会計報告を行い、都庁にも提出しなければいけませんので、理事の仕

事は責任感が必要です。


次回は、法人の中で一般社団法人についてお話いたします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

実は、今自分の住んでいる自宅兼事務所を売却して狭いマンションに移り

たいと考えています。


昨年は、自分や父親の病気のことで秋までは、何もできなかったのですが、

二人の娘も結婚し、家を出ていきましたので、今は夫婦と犬のボーダーコ

リーのみでマンションに暮らしています。


今のマンションを購入したのが平成15年ですので、その頃は、父親と子供

を含めて6名で暮らしていましたので、120平米のマンションの広さは丁

度いい広さでしたが、2名プラスワンだけであると、事務所のスペースを入

れても広くて使いにくくなってきています。


またメゾネットタイプなので、将来的に自分たちが高齢になった時に不安があ

りますし、犬は最近階段が登れなくなり、抱っこしなければならず、いろいろ

と検討した結果、近くのマンションを探そうと考えています。


世田谷は住んでみるととてもいいところなので、今の経堂エリアから出たく

ないので、経堂でマンションを探して、いいところがあれば自分のマンション

を売っていきたいなと考える毎日です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!

メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容

により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2014 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
●3.理想的な組織運営とは
4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。