金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2014/01/06

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.260―――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井 正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2014/ 1/ 6――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、ソーシャルビジネスとコミュニティビジネスについてビジネスの

内容や、実例について紹介していきまいと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第260回

その4 完全独立後も安定と成長

<その2 ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
その3 ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス団体>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、社会的に意

義のあるソーシャルビジネスや地域に貢献するコミュニティビジネスに関

心のある方に、どのようにそのビジネスをやっていくか、その内容や方法

について、一緒に研究してみましょう。


今回も、経済産業労働省が平成21年に実施した「ソーシャルビジネス5

5選」に掲載されて、現在でも活動が続いているソーシャルビジネスの組

織について紹介したいと思います。


現在は、街づくり・観光・農業体験等の分野で地域活性化のための人づく

り、仕組みつくりに取り組んでいる組織をご紹介します。


<NPO法人えふネット福岡>


今回は、インターネット放送局「九州地域力放送局」による映像コンテン

ツの配信。企業による社会貢献活動や、行政の事業、市民活動、ソーシャ

ルビジネス・コミュニティビジネスに関連した情報を扱い、映像コンテン

ツの配信だけでなく、映像コンテンツを媒介にしたビジネスアライアンス

の仲介も着手している福岡県福岡市のNPO法人えふネット福岡ご紹介し

ます。


専務理事の蓼原さんがITベンチャーの社長をやっていた経験から、地域

の企業、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネスに必要なのは、社長

や代表の分身になりうる営業力を持ったメディアであると考え、映像コン

テンツの配信をスタートしました。


植林をしている・清掃活動をしているといったレベルではなく、如何に地

域社会に関係し、どのような意図をもってやっているかという地域に向け

た経営者のメッセージが重要であると考えた結果、そういった方向性での

CSRコンサルティングならびに営業力を持った映像コンテンツを作成す

ことで、コマーシャル的な要素を排した形での情報提供ができるように活

動しています。


最初の案件では、行政が取り組む「朝顔のカーテン」という温暖化防止の

取組がありましたが、それを企業側としても取り組むことで行政と企業が

一体となって地域の温暖化防止に取り組むというストーリーを構築するこ

とでメッセージ性の高い映像コンテンツの作成に成功しました。


メディアとしての信頼度を高めることに成功すると共に、企業と市民、企業

同士の情報交換のプラットフォームとしても機能しはじめています。例えば、

社会的・地域貢献的なユニークな事業を展開しているソーシャルビジネス、

コミュニティビジネスのイベントや、企業のイベントがあった場合は、当法

人のメルマガ上で告知した上に映像コンテンツへのリンクが掲載される仕組

みがあり、これによって見えづらい企業活動の可視化とともに、広報活動の

代替機能を果たしており、活用する側にとっては、こういった支援が受けら

れるのは大変ありがたいといえます。


平成25年度は、福岡県協働力向上セミナーとして「協働の実践を学んで、

地域活動をステップアップ」というセミナーを県内14会場で開催していま

す。


<NPO法人えふネット福岡>
http://fnet-fukuoka.net/


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

読者の皆様、昨年は大変にお世話になりました。今年もいろいろな情報

発信をしていきますので、継続して購読していただければ幸いです。


そして昨年最終号でお知らせしたように、病状は少し落ち着きましたの

で、再発しない限りは、闘病記でなく自分の周りの出来事をお知らせい

たします。


昨年父が亡くなったので、いつものお正月とは、違う感じでしたが、昨

年は、國井家にとって自分の病気から始まり、悪いことが続きましたの

で、今年こそはいい年になるように、近隣の神社にお参りをしました。


しかし、いいことも沢山ありまして、長女の婚約、次女の結婚、長男の

税理士試験合格と、悪いことばかりではなかったと思います。


3日は、自分の子供家族と妻の実家の親や兄弟、その子供たちなど21

名が集まって新年会を行いました。昔は義理の父が、そのような集まり

が好きでしたので、お正月には必ず集まっていましたが、まだ義理の母

がいるので、お正月は相変わらず集まっています。


今年は、長女と次女の相手や妻の妹の子供も結婚したので、ニューフェ

イスが3人も増えることになり、それぞれ家族を紹介するイベントを行

いました。孫も可愛いですが、義理の息子が二人も増えるというのは、

非常に頼もしい感じがします。


しかしこの二人が殆ど飲めないので、自分も今は飲めないので、仕方が

ないですが、将来は、男同士で長男も含めて飲みたいなと思っている次

第です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!

メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容

により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2013 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
●2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。