金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2007/12/17

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!
中高年サラリーマンよ。
国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を
社会保険労務士&行政書士の國井 正が伝授します。」
_____________________________________

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。
社会保険庁は、基礎年金番号に未統合のまま「宙に浮いた年金記録」約50
00万件のうち約4割にあたる1975万件は記録に不備があり、持ち主を
特定する作業が難航し、このうち945万件は、社会保険庁の氏名や生年月
日の入力ミスや届け出が偽名などで、現状では名寄せが不可能であることが
わかりました。

最後の一人まで記録をチェックして、3月末まで問題を解決することを約束
した安部首相の公約違反を批判されても仕方ない状況ですが、これから始ま
る「ねんきん特別便」で少しでの多くの方に自分の記録を確認して、間違い
の記録を社会保険庁の名寄せ不能の記録と突き合わせる努力をするべきです。

またその他にも年金保険料を今後納めても、加入期間が受給資格を得られる
25年に満たないため、無年金となる人が118万人になるとの発表もあり
ました。つまり保険料を納付できる70歳まで納めても年金は受け取れず、
保険料は払い損になります。

このようなことが起きるのは、社会保険庁の問題もあるが、公的年金の制度
上の問題もあり、複雑な年金制度を運営してきた全体の問題もあります。今
できることは、最後の一人まで年金記録を確認することは勿論のこと、早く
公的年金の制度改正を行うことが必要です。

今回も、実際のBI(ビジネス・インキュベーション)についてお話いたし
ます。

◇◇◇◇第202回 いっそのこと独立してやる!その方法は?◇◇◇◇
その2 関東のビジネス・インキュベーション
<その6 東大柏ベンチャープラザ>
http://www.tkv.go.jp/index.html

関東に存在する実際のビジネス・インキュベーションを紹介しますが、施設
の概要・IM体制・育成プラグラム・広報誌などについてお話いたします。

東大柏ベンチャープラザは、大学等の研究シーズを活用した新事業の創出促
進または企業の事業化に向けたあらゆる課題解決のためのサポートを目的
として、中小機構が整備し運営する事業化支援施設(インキュベータ)です。

1.施設の概要

(1)所在地と建物概要

東大柏ベンチャープラザは、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅より、
バスで約5分の場所にあり、JP柏駅、東武野田線江戸川台駅からもバスで
行くことができます。車では、常磐自動車道柏ICより約5分であり、電車
でも車でも比較的便利な場所にあります。

近接する東京大学(柏キャンパス)をはじめとする地域の大学や東葛テクノ
プラザ(千葉県産業振興センター)との連携により皆様の研究開発・事業化
をともに推進することができます。

東大柏ベンチャープラザが立地する柏市柏の葉地区には、東京大学柏キャン
パスや千葉大学環境健康フィールド科学センターなどの学術研究機関をは
じめ、国立がんセンターや科学警察研究所など国立の研究機関が集積してお
り、産学官連携に適した環境が整っています。

(2)経営母体と入居施設

東大柏ベンチャープラザは、独立行政法人中小企業基盤整備機構のインキュ
ベーション施設であり、隣接する東大柏キャンパスを始めとする大学での研
究成果を基に、自らベンチャー企業を設立しようとする研究者や新たな技術
開発に取り組む企業を支援する大学連携型の施設です。

鉄骨造地上3階建ての施設であり、ウェット対応(給排水設備あり)の「実
験室タイプ」と「試作工場タイプ」の2種類の居室を完備。バイオケミカル
な研究開発や試作開発に適した仕様でP2レベルのバイオ実験も可能です。

入居対象者は、施設の事業目的に則し、次に掲げる全ての条件を備えた方(個
人又は法人)です。施設賃借申込書及び事業計画書に基づき、事業計画の妥当
性や本施設事業目的への適合性を審査のうえ決定します。

1.新製品の開発又は新分野への進出を図ろうとする方 
2.大学研究者等の起業又は大学との連携(大学シーズの活用等)による起業や
    新規事業展開を図ろうとする方 
3.経営に必要な資力及び信用を有し、かつ、賃料の支払い能力がある方 

入居期間は、5年以内であり、定期賃貸借契約を結び、敷金(賃料の3か月相当
分)を支払う必要があります。

賃料はタイプに応じて異なります。

試作工場タイプ(118〜143平米):
328335円/月〜397897円/月
実験室タイプ(32〜63平米):90720円/月〜178605円/月
試作・実験室タイプ(32〜63平米):
90720円/月〜178605円/月

また条件がありますが、自治体(千葉県・柏市)からの賃料補助があります
ので、最大で賃料の半額程度の補助があります。

【千葉県からの補助単価】
 大学内発ベンチャー: 600円/平方メートル/月
  設立前、設立後5年以内: 500円/平方メートル/月
  設立後5年以上: 250円/平方メートル/月

【柏市からの補助単価】
  大学内発ベンチャー: 600円/平方メートル/月
  設立前、設立後5年以内: 500円/平方メートル/月
  設立後5年以上: 250円/平方メートル/月

2.IM体制

インキュベーション施設には、常駐する清水チーフ・インキュベーションマ
ネージャーの他スタッフが入居者の経営課題に関する相談に応じ、ともに課
題解決の糸口を探り事業推進をサポートしています。
また、中小機構が有する多彩なサービスと全国規模のネットワークの活用に
より皆様の事業を強力にバックアップしています。

3.支援プログラム

入居企業は、以下の受けることができます。

(1)経営・技術・財務・法律などの専門家を派遣
経営課題に応じて経営・技術・財務・法律等の専門家を一定期間派遣します。タ
イムリーかつ適切なアドバイスを通じて皆様の課題を解決し成長をサポートします

(2)優れた技術シーズ、アイデアをバックアップ。事業化を支援
優れた技術シーズやアイデアをもとに新事業に取り組む中小企業の皆様を対象
に最大500万円までの資金を助成するとともにビジネスプランの実現化に向けた
コンサルティングを通じて事業化をサポートします。

(3)ビジネスマッチングの場や機会を提供
各種イベントの開催により皆様に販路開拓や業務提携の場をご提供します。
・中小企業総合展 日本最大級のマッチングイベント 〜市場創出と販路開拓を
支援〜
・ベンチャーフェアJAPAN  〜販路開拓・業務提携のマッチングを支援〜
・ベンチャープラザ・ファンドイン東京  〜投資家との出会いの場を提供〜

(4)ファンド出資
民間投資会社等が設立する投資事業有限責任組合(ファンド)への出資を通じて
新事業展開を目指す皆様への資金提供・経営支援を行います。ファンド運営(個
別企業への投資等)は各投資会社が行います。

(5)販路開拓支援
優れた新商品を持ちながら、単独での販路開拓が困難な中小企業を対象とし
て、首都圏・近畿圏市場へのアプローチを支援します。各種業界に豊富なネット
ワークを持つコーディネータがサポートすることでテストマーケティングの効果を
一層高めます。

(6) 企業交流イベント「べんぷら亭」の開催
施設内外の企業が集い、交流する場がべんぷら亭です。経営者・研究者・大
学・行政など多くの方に交流の場を提供し、マッチングの機会を創出します。
また、12月にはべんぷら亭参加企業が中心となり地域企業や住民も巻き込
んだクリスマスパーティを開催しています。

次回は、同じ千葉県のあずさアカデミーパークにあるインキュベーション施
設をご紹介します。


◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!
メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容
により決めさせていただきます。)


◆NPO「アクティブ・シニア・クラブ」設立のお知らせ
このメールマガジンのテーマでもある中高年の支援する特定非営利法人
(NPO)アクティブ・シニア・クラブが4月に設立されました。私は理事
としてこのNPOの設立に係っていますので、これを機会に、本格的な中高
年支援をスタートしたいと思っていいます。
また文字通り、アクティブなシニアを応援いたします。
詳しくはホームページをご覧下さい。

シルバー会員は、無料で登録することが可能であり、メールによる相談も受
け付けます。またNPOとしてもメールマガジンを発行していますので、ぜ
ひご登録下さい。

NPO「アクティブ・シニア・クラブ」
http://www.asc.vc


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正
HP:http://kuni-con.com/ 
Mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright –2005
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<年金財政逼迫!自分の年金は大丈夫か?>
1.年金制度改革とは?
2.年金の種類は?
3.老齢給付
4.障害給付
5.遺族給付
6.年金と税金
7.年金改正のすべて(号外)

<いよいよリストラ!準備はできているか?>
1.助成金を活用して資格を取ろう!
2.雇用保険の仕組みを知ろう!
3.健康保険(含む介護保険)の仕組みを知ろう!
4.労災保険の仕組を知ろう!
5.個人事業主のメリット・デメリットを学ぼう!

<どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?>
1.パワハラに負けるな!労働者の権利を主張しよう!
2.ウィークエンド企業家を目指そう!
3.妻を社長にして会社を立ち上げよう!
4.定年後の再雇用制度を活用しよう!

<いっそのこと独立してやる!その方法は?>
1.雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
2.助成金・新会社法・NPOを活用して会社を設立しよう!
3.国や国民生活金融公庫などの融資を活用しよう!
●4.ビジネス・インキュベーションの活用

以上の順番で発行していきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com/
E-mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。