金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2006/12/25

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!
中高年サラリーマンよ。
国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を
社会保険労務士&行政書士の國井 正が伝授します。」
_____________________________________

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。
政府が2005年度から始めた市場化テストのモデル事業の対象として8
事業の中で、そのうちの比較できる5事業すべてで、2年間の通算でコスト
が減ったことが明らかになりました。

5つの事業の中で、国民年金保険料の徴収で2年連続テスト対象となったの
は、弘前(青森)社会保険事務所など5箇所の社会保険事務所ですが、社会
保険料が担当していた2004年度の経費に基づいて決めた競争入札の予
定価格が約2億5000万円だったのに対し、落札額は1年目が約1億50
00万円で41.3%減、2年間は約1億円で、さらに30.5%減少した
ので、2年間では約59%の減少となりました。

保険料を何カ月分集めたかで比較しても、1年目は民間が社会保険庁の実績
を約2%上回り、2年目も同様の結果が出る予定です。

国民年金の保険料を徴収するコストは、社会保険庁の試算によると、現在の
国民年金保険料以上であり、来年の4月からは、国民年金保険料は240円
アップ(本来は280円ですが、物価変動率を反映して40円縮小)して、
1万4100円になることが決まっていますので、少しでもコストを抑える
ことは当然の努力です。

他の4事業でも民間の方が上回っていることは、できることはすべて民間に
任すことが、効果があることを証明しています。ぜひこのことを考えていた
だきたいと思います。

今回も、創業についての民間機関からの支援内容として「東京商工会議所」
についてお話いたします。

◇◇◇◇第151回 いっそのこと独立してやる!その方法は?◇◇◇◇
その1 雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
<その1 創業セミナーの活用方法 その6 商工会議所 その1 
東京商工会議所 NO.4>

今回も、全国の商工会議所や商工会の創業にたいする活動を紹介しますが、
商工会議所などの組織は地域ごとに異なりますので、東京商工会議所の活動
を代表して紹介いたします。

東京商工会議所 http://www.tokyo-cci.or.jp/

<1>東京会議所中小企業相談センター

東京会議所中小企業相談センター
http://www.tokyo-cci.or.jp/sogyo/index3.html

1.セミナー情報

(1)創業フォーラム&交流会

基調講演やパネルディスカッション、グループトークなどを通じて、創業へ
向けたエネルギーを高めあう企画であり、交流会では創業予定者や創業後間
もない経営者が気軽に悩みや経験などを語り合える場を提供します。

創業という共通のステージで日々チャレンジを続ける者同士が集い、互いに
啓発・奮起し合い、成功へのエネルギーとしていただくことを目的に、創業
者交流会を開催しています。

それぞれが持つ情熱、悩み、さまざまな経験を共に語り合いながら、成功の
ヒントの発見や新たなネットワークづくりを行っていただく機会として、利
用して下さい。

(2)新事業展開ゼミナール

中小企業の経営者または若手後継者、経営幹部の方などを対象に、
新商品・新サービス・新技術の開発による新規事業展開や新市場開
拓などをめざすための知識やノウハウを習得するゼミナールです。
実現可能な第二創業アクションプランを完成させるための経営革
新セミナーであり、創業予定者向けセミナーではありません。

年1回の開催であり、下記は11月に実施された内容です。

第1回<自社の現状分析と課題把握>
新事業展開とは何か?今、なぜ必要とされているのか?
・本講座の基本コンセプト、進め方、受講に際してのスタンスを確認する。
・自社の経営資源・経営環境を整理することで、今後の課題・方向性を把握
する。

第2回<経営理念と組織・人材の強化>
“経営理念”の見直しと“イキイキ人材”創出への着眼点
・新事業展開を進めるにあたり、その企業理念を再確認し、それをどのよう
に社内に浸透させるかの方策を探る。
・スタッフをいかに「動機づけ」するかの着眼点を整理する。

第3回<マーケティング>
これだけは押さえたい!マーケティングの勘どころ
・新事業の対象市場をどのように捉えるべきかを考察する。
・新事業の対象市場にアプローチするために必要なマーケティングの知識を
習得する。

第4回<財務会計>
会社を強くするための数字の見方・活かし方
・収益の確保と資金手当ての方針を確認する。
・会計の苦手な経営者でも知っておきたい「最低限の財務の見方」をマスタ
ーする。

第5回<事例紹介>
事例に学ぶ!新事業展開の発想と着眼点
・実際に新事業展開にチャレンジして成功している企業経営者からの講話を
交えて、成功と失敗の豊富かつ具体的事例を紹介し、“新事業展開の着眼ポ
イント” を考察する。

第6回<事業計画>
ビジネスプラン策定のための基礎知識
・これまでに学んだ知識とノウハウをベースにビジネスプランを具体化する。
・プラン策定にあたっての必要最低限の知識を確認する。

第7回<演習>
ビジネスプラン策定演習
・前回講座で学んだ知識とノウハウをベースに各自でビジネスプランの策定
を行う。
・事業コンセプトとしての「エグゼクティブ・サマリー」の記入を行う。

第8回<演習>
ビジネスプラン策定とまとめ
・新事業展開に向け明確化された基本コンセプトを、経営戦略としてさらに
具体化していく。
・経営戦略を実行可能なアクションプランに落とし込む。

<講師>
中小企業診断士/浜松大学大学院客員助教授
ビジネス・コア・コンサルティング 代表   坂 本 篤 彦 氏

次回からは、東京商工会連合会の創業セミナーなどをご紹介します。


■著作のご案内■

7月27日に共著ですが、本を出版いたしました。一度書店でご覧になって
ください。また下記のアドレスで購入も可能です。

最新『定年前後の生活設計』−年金・医療・資産運用から税金まで−(7/27発行) 

関本 和幸(税理士)南波 卓* 國井 正* 小林 範男*(*社会保険労務士)共著 
新日本法規出版刊 B5判 540P 定価(税込):4,095円 ISBN:4-7882-0938-1 

定年後のくらしや資金に関する知識を満載!これから定年を迎える方、迎えた 
方が抱く様々な疑問にお答えします。イラストや図表を取り入れながら、Q& 
A方式により専門家がやさしく解説。知って得する情報や、理解を助ける用語 
説明などをアドバイスやコラムとして随所に掲載。総務担当者必携の書籍です。
 
http://www.sn-hoki.co.jp/kobetsu.cgi?product=50583

◆現在読者の方に有益な情報を掲載しているメールマガジンの相互紹介を
実施しています。相互紹介をご希望の方は、ぜひ下記メールアドレスにご
応募下さい。


◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!
メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容
により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正
HP:http://kuni-con.com/ 
Mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。問い合わせ下さい。 © Copyright –2005
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<年金財政逼迫!自分の年金は大丈夫か?>
1.年金制度改革とは?
2.年金の種類は?
3.老齢給付
4.障害給付
5.遺族給付
6.年金と税金
7.年金改正のすべて(号外)

<いよいよリストラ!準備はできているか?>
1.助成金を活用して資格を取ろう!
2.雇用保険の仕組みを知ろう!
3.健康保険(含む介護保険)の仕組みを知ろう!
4.労災保険の仕組を知ろう!
5.個人事業主のメリット・デメリットを学ぼう!

<どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?>
1.パワハラに負けるな!労働者の権利を主張しよう!
2.ウィークエンド企業家を目指そう!
3.妻を社長にして会社を立ち上げよう!
 

4.定年後の再雇用制度を活用しよう!

<いっそのこと独立してやる!その方法は?>
●1.雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
2.助成金・新会社法・NPOを活用して会社を設立しよう!
3.国や国民生活金融公庫などの融資を活用しよう!

以上の順番で発行していきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com/
E-mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。