金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2006/11/27

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ
「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!
中高年サラリーマンよ。
国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を
社会保険労務士&行政書士の國井 正が伝授します。」
_____________________________________

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。
社会保険庁が2004年から始めた58歳時点での年金記録の通知制度で、
再調査を請求した人が、9月末までに36万6000人にのぼることが明ら
かになりました。またすでに年金を受け取っている人の年金額や加入期間を
訂正したものが3万3925件あることが判明しました。

いずれも社会保険庁の記録と実際の職歴や納付履歴などが一致していない
ことや年金加入記録に漏れが見つかったためであり、年金裁定請求時に本人
と加入記録を確認しますが、それでも今回のことは加入期間などの確認が不
十分であり、確認は社会保険庁まかせにはできないということです。

原因は、いろいろありますが、1997年に年金基礎番号ができるまでは、
複数の番号で記録を管理していたことがあり、転職がある方は複数の番号が
あり、本人との確認ができにくいことがあったことと、中には社会保険庁が
名前の入力ミスをして、別人と判明しているものもあります。

また今回、患者が病院で払いすぎた医療費を払い戻してもらうための事務を
一部の社会保険事務局が怠っていたミスも判明しており、医療費も年金も自
分でミスがないか、確認しなくてはいけない状況ですが、自分で確認できる
人は少ないので、この訂正などは氷山の一角と言ってもいいでしょう。

今回も、創業についての公的機関からの支援内容として「中小基盤整備機構」
についてお話いたします。

◇◇◇◇第147回 いっそのこと独立してやる!その方法は?◇◇◇◇
その1 雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
<その1 創業セミナーの活用方法 その5 中小企業基盤整備機構
ベンチャー支援 その4 MIC NO.3>

今回も公的機関の代表である「中小基盤整備機構」の活動を紹介しますが、
ベンチャー支援のコーナーから今回も、「インキュベーション支援」のMI
C(MINATOインキュベーションセンター)について紹介します。

中小企業基盤整備機構 http://www.smrj.go.jp/index.htm

<1>MINATOインキュベーションセンター(MIC)

MINATOインキュベーションセンター
http://www.micim.jp/

前回も紹介したように、MICでは、起業家の成長を積極的に支援する本格
的なビジネス・インキュベーションを目指すとともに、これにより得た支援
のソフトモデル開発とその普及等の全国に向けての情報発信、提供をその使
命としています。今回はその施設などを紹介します。

1.MIC創業支援施設

MICは、新事業創出促進法に基づき整備したインキュベーション施設であ
り、創業活動や事業活動の事業プラン等を立案する場として、支援サービス
スペースにおいて、各種支援サービスを利用することができます。

<1>プレインキュベーション

一部屋を簡易間仕切りで仕切ってブース形式で利用するシェアード・オフィ
スタイプです。

タイプと料金は下記のとおりですが、利用できるのは、原則として中小企業
基盤整備機構が認めた創業企業であり、原則6か月の利用ですが、最大で2
年間(6か月単位で更新3回まで)認められる可能性があります。

・ハイパーテション タイプ大 3スペース 月利用代金45000円
・ハイパーテション タイプ小 4スペース 月利用代金40000円
・ローパーテション タイプ大 6スペース 月利用代金35000円
・ローパーテション タイプ小 9スペース 月利用代金20000円

上記料金には、スペース内で使用する電気代、通信費も含まれますので、格
安の値段です。また有料ですが、ロッカーも用意されています。

<2>メインインキュベーション

通常の個室タイプのオフィスであり、約33平米)で10スペースあり、月の利
用代金は80000円です。利用期間は、原則1年間ですが、1年更新する
こともできます。また事業計画をまだ達成できないどの事情によっては、月
90000円で延長が認められることもあるようです。

ただし現在、募集は行っていませんので、次の募集を待つことになります。

現在入居している企業は、こちらですが、業種は多彩です。
http://www.micim.jp/incubatii.html

実は、11月25日の日本テレビの「ぶらり途中下車の旅」に現在MICに
入居している「有限会社フェアベリッシュ」の靴の履きにくい方のためのシ
ューズが「笑顔で履ける靴」ということで紹介されました。
http://www.ntv.co.jp/burari/

また卒業した企業も見ることができます。
http://www.micim.jp/graduate.html

<3>MIC研修室

MICでは、インキュベーション事業の推進を図ることを目的に、大(10
2平米))小(68平米))の2タイプの研修室を準備しており、MIC支援サービ
ス利用者を始め、インキュベーション事業に資する活動を行う一般の方々の
利用も広く募集しております。

セミナー・プレゼン・会議・展示会などとして利用することができます。

研修室の広さ、収容可能人数(机を配置した場合)
1.研修室(大:オレンジルーム) 102平米)  36名程度
2.研修室( 小:ホワイトルーム)  68平米)  24名程度


利用料金は、研修室(大)で夜間・土日で2時間10500円、研修室(小)
で8400円です。平日の昼間はもう少し安くなります。

研修室は、現在19年3月までの利用を受け付けていますので、利用するこ
とができます。

施設のイメージや下記を見てください。
http://www.micim.jp/facility2.html

またMICの紹介記事や会報などのダウンロードもできますので、活用して
みてください。
http://www.micim.jp/download.html

2.全国インキュベーションフォーラム2006

最後に、MICなどの全国のインキュベーション施設入居企業が集結するイ
ベント「全国インキュベーションフォーラム2006」が11月29日から
12月1日まで、東京ビックサイトの東3ホールにて開催されます。

MICからも4企業が出展します。またその他の東京都のインキュベーショ
ンセンターや北海道から九州の企業が出展していますので、ぜひ足を運んで
見て下さい。
http://incu-forum.smrj.go.jp/

次回からは、商工会議所の創業支援をご紹介します。

■著作のご案内■

7月27日に共著ですが、本を出版いたしました。一度書店でご覧になって
ください。また下記のアドレスで購入も可能です。

最新『定年前後の生活設計』−年金・医療・資産運用から税金まで−(7/27発行) 

関本 和幸(税理士)南波 卓* 國井 正* 小林 範男*(*社会保険労務士)共著 
新日本法規出版刊 B5判 540P 定価(税込):4,095円 ISBN:4-7882-0938-1 

定年後のくらしや資金に関する知識を満載!これから定年を迎える方、迎えた 
方が抱く様々な疑問にお答えします。イラストや図表を取り入れながら、Q& 
A方式により専門家がやさしく解説。知って得する情報や、理解を助ける用語 
説明などをアドバイスやコラムとして随所に掲載。総務担当者必携の書籍です。
 
http://www.sn-hoki.co.jp/kobetsu.cgi?product=50583

◆現在読者の方に有益な情報を掲載しているメールマガジンの相互紹介を
実施しています。相互紹介をご希望の方は、ぜひ下記メールアドレスにご
応募下さい。


◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!
メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容
により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正
HP:http://kuni-con.com/ 
Mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。問い合わせ下さい。 © Copyright –2005
◇構成◇

<年金財政逼迫!自分の年金は大丈夫か?>
1.年金制度改革とは?
2.年金の種類は?
3.老齢給付
4.障害給付
5.遺族給付
6.年金と税金
7.年金改正のすべて(号外)

<いよいよリストラ!準備はできているか?>
1.助成金を活用して資格を取ろう!
2.雇用保険の仕組みを知ろう!
3.健康保険(含む介護保険)の仕組みを知ろう!
4.労災保険の仕組を知ろう!
5.個人事業主のメリット・デメリットを学ぼう!

<どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?>
1.パワハラに負けるな!労働者の権利を主張しよう!
2.ウィークエンド企業家を目指そう!
3.妻を社長にして会社を立ち上げよう!
 

4.定年後の再雇用制度を活用しよう!

<いっそのこと独立してやる!その方法は?>
●1.雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
2.助成金・新会社法・NPOを活用して会社を設立しよう!
3.国や国民生活金融公庫などの融資を活用しよう!

以上の順番で発行総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com/
E-mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。