金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2006/11/20

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!
中高年サラリーマンよ。
国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を
社会保険労務士&行政書士の國井 正が伝授します。」
_____________________________________

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。
社会保険庁が、来年度からスタートする離婚時に厚生年金の分割制度により、
相手からいくら分けてもらえるかを通知するサービスを10月から始めた
ところ、1カ月で来訪や電話などで6000件を超える相談があり、窓口を
訪れた人のうち約8割は女性でした。

受付を始めた10月2日から31日までの相談件数は6283件で、全国の
社会保険事務所などを訪れた人が3285人、電話が2982件、文書が1
6件でした。

実際に通知サービスを申し込んだのは、1355人であり、このうち89%
が女性であり、これまで年金分割ができなくて不利な立場にあった専業主婦
の関心の高さをうかがわせる結果となりました。

この年金分割制度は、2007年4月以降の離婚から適用され、婚姻期間中
の厚生年金保険料を夫婦共同で納めたとみなし、夫婦が別れた後に厚生年金
を分け合う仕組みであり、秘かにこの年金分割をねらっている奥様がいる様
子であり、安心していられないかもしれません。

この通知サービスは、夫婦からでもどちらか一方からでも請求することが可
能ですので、奥様から申込みがあった場合には、すでに離婚していない限り
奥様にしか情報が行きませんので、夫は請求されても、その事実を知らない
で、いきなり4月に離婚を求められることもありそうです。

今回も、創業についての公的機関からの支援内容として「中小基盤整備機構」
についてお話いたします。

◇◇◇◇第146回 いっそのこと独立してやる!その方法は?◇◇◇◇
その1 雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
<その1 創業セミナーの活用方法 その5 中小企業基盤整備機構
ベンチャー支援 その4 MIC NO.2>

今回も公的機関の代表である「中小基盤整備機構」の活動を紹介しますが、
ベンチャー支援のコーナーから今回は、「インキュベーション支援」のMI
C(MINATOインキュベーションセンター)について紹介します。

中小企業基盤整備機構 http://www.smrj.go.jp/index.htm

<1>MINATOインキュベーションセンター(MIC)

MINATOインキュベーションセンター
http://www.micim.jp/

前回も紹介したように、MICでは、起業家の成長を積極的に支援する本格
的なビジネス・インキュベーションを目指すとともに、これにより得た支援
のソフトモデル開発とその普及等の全国に向けての情報発信、提供をその使
命としています。今回もその活動内容の中心となる各種セミナーを紹介しま
す。

1.アントレクラブ会員限定のセミナー

<1>MICアントレトレーニングセミナー

MICアントレトレーニングセミナーではグループ形式により、下記の過程
により、経営知識を学ぶ一般的なセミナーでは達成できない「起業の実現に
向けた一歩」を実感・検証・体得しつつ着実に踏み出していくことを目的と
しています。

・事前準備したプレゼンテーションを実施
・参加者全員がプレゼンを受ける立場にたって心を動かされたかを判定
・講師からビジネスモデル作りをレクチャー
・再度、プレゼンテーション実施、判定
・講師、参加者による意見交換、コメント

このセミナーは、本年度は8月に実施されましたので、開催スケジュール等
を参考にして下さい。

1.開催日時:平成18年8月3日(木)16:00〜19:00

2.講師名:星野 敏
財団法人日本立地センター インキュベーション研究所長
JANBO エグゼクティブインストラクター

3.参加料:無 料

4.定 員:6名(定員を超えるお申込があった場合は、当方にて抽選させ
ていただきます。)

5.相談場所:MINATOインキュベーションセンター 1階研修室(小)
ホワイトルーム旧南海小学校聖坂側通用門からお入り下さい。
東京都港区三田3-4-1
(JR線田町駅、都営地下鉄三田線・浅草線三田駅から徒歩7分)

<2>MIC経営実務セミナー

 MICでは、MIC利用者、MICアントレクラブ会員及びMIC卒業者
向けに「創業時における資金調達」をテーマに、金融機関等の担当者をお招
きして、融資制度や金融機関側の融資判断にあたってのポイントなどについ
てお話していただくとともに、希望者には個別相談会を実施しています。

下記は、11月に実施した「国民金融公庫」の融資担当者を講師にしたセミ
ナー内容です。

1.セミナー・交流会日時   平成18年11月9日(木)
講 義   16:30〜17:30
質疑応答  17:30〜18:00

2.個別相談会(希望者のみ) 平成18年11月10日(金)
40分程度/者  10:00〜17:00
個別相談会の時間については、申込後調整させていただきます。

3.セミナー場所:MIC1階研修室(小)ホワイトルーム

4.セミナー定員:20名「先着順」

5.セミナー講義内容
(ア)創業の実態
(イ)公庫の融資制度
(ウ)融資判断にあたってのポイント  など
 
6.セミナー講師:国民生活金融公庫 東京支店 創業支援課 
主任  金子孝幸

7.セミナー参加料:無料

次回は、MICの施設や利用企業などをご紹介します。

■著作のご案内■

7月27日に共著ですが、本を出版いたしました。一度書店でご覧になって
ください。また下記のアドレスで購入も可能です。

最新『定年前後の生活設計』−年金・医療・資産運用から税金まで−(7/27発行) 

関本 和幸(税理士)南波 卓* 國井 正* 小林 範男*(*社会保険労務士)共著 
新日本法規出版刊 B5判 540P 定価(税込):4,095円 ISBN:4-7882-0938-1 

定年後のくらしや資金に関する知識を満載!これから定年を迎える方、迎えた 
方が抱く様々な疑問にお答えします。イラストや図表を取り入れながら、Q& 
A方式により専門家がやさしく解説。知って得する情報や、理解を助ける用語 
説明などをアドバイスやコラムとして随所に掲載。総務担当者必携の書籍です。
 
http://www.sn-hoki.co.jp/kobetsu.cgi?product=50583

◆現在読者の方に有益な情報を掲載しているメールマガジンの相互紹介を
実施しています。相互紹介をご希望の方は、ぜひ下記メールアドレスにご
応募下さい。


◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!
メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容
により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正
HP:http://kuni-con.com/ 
Mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。問い合わせ下さい。 © Copyright –2005
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<年金財政逼迫!自分の年金は大丈夫か?>
1.年金制度改革とは?
2.年金の種類は?
3.老齢給付
4.障害給付
5.遺族給付
6.年金と税金
7.年金改正のすべて(号外)

<いよいよリストラ!準備はできているか?>
1.助成金を活用して資格を取ろう!
2.雇用保険の仕組みを知ろう!
3.健康保険(含む介護保険)の仕組みを知ろう!
4.労災保険の仕組を知ろう!
5.個人事業主のメリット・デメリットを学ぼう!

<どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?>
1.パワハラに負けるな!労働者の権利を主張しよう!
2.ウィークエンド企業家を目指そう!
3.妻を社長にして会社を立ち上げよう!
 

4.定年後の再雇用制度を活用しよう!

<いっそのこと独立してやる!その方法は?>
●1.雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
2.助成金・新会社法・NPOを活用して会社を設立しよう!
3.国や国民生活金融公庫などの融資を活用しよう!

以上の順番で発行していきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com/
E-mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。