金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2006/07/24

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!
中高年サラリーマンよ。
国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を
社会保険労務士&行政書士の國井 正が伝授します。」
_____________________________________

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。
政府は、外国で働く日本人や、日本で働く外国人が母国に納めた社会保険料
を、税法上、就労地の所得から控除できる制度を導入する予定です。

企業活動がグローバル化する中で、海外赴任に伴う個人の納税負担を軽くす
る狙いであり、まず日仏間で相互に所得控除する合意を取り付けました。

日仏両国には、支払った社会保険料を所得から控除する制度がありますが、
外国で働く人が母国に支払う保険料は控除の対象外でした。租税条約を改正
することにより、フランスで働く日本人約1000人、日本で働くフランス
人約数100人が、それぞれ社会保険料の所得控除を受けられることになる
見込みです。

また日仏間では、海外赴任に伴う社会保険料の二重支払いを防ぐ「社会保障
協定」も今年度中に発効する予定です。協定が発効されると、滞在期間が5
年以内の人は、母国に社会保険料を支払えば済むようになり、現地での保険
料の支払いを肩代わりすることが多い企業の負担が減ります。

現在、社会保険料の二重払いを防ぐ「社会保障協定」は、米、英、独、仏、
韓国、ベルギー、カナダの7カ国と発行が決定していますが、まだまだ協定
を結ぶ国が少ないので、社会保険料の所得控除も含めて、さらに多くの国と
協定ができるように、政府には頑張ってもらいたいものです。

今回も、女性の創業支援機関について詳しくご説明します。

◇◇◇◇第129回 どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?◇◇◇◇
その3 妻を社長にして会社を立ち上げよう!
<その2 女性の起業支援機関の紹介 その5>

女性の起業支援機関の紹介の最後に、日本各地で実施されている女性向けの
起業支援についてご紹介します。

<1>クレオ大阪(大阪市立男女共同参画センター)

大阪市では、平成18年10月から、起業をめざす女性を対象にしたチャレ
ンジオフィスをクレオ大阪北に開設し、女性のための起業支援に取り組む予
定です。

そこで大阪市内に住んでいて大阪市内で、起業して1年以内かこれから起業
する女性や女性中心のグループで、クレオ大阪に事務所を構える方を対象に、
何と月9000円で専用ブースと机、椅子、サイドキャビネット、ロッカー
がつき、インターネット回線やOA機器までそろっています。また専任のマ
ネージャーの指導や助言、専門家の起業支援まである、すばらしい企画です。

<2>埼玉県男女共同参画センター(With You さいたま)

埼玉県男女共同参画推進センターでは、5月1日より、女性のチャレンジを
応援するため、県内の各支援機関を紹介する「チャレンジ情報サイト」を開
設しました。

「何かを始めたい、でもどこに相談したらいいの?」「そろそろ仕事に就く
準備を始めたいけど、どうしたらいいかしら?」このサイトは、そんな方を
応援するためのサイトです。 働きたい、キャリアアップしたい、など7つ
のカテゴリーに分けて、あなたのチャレンジを支援する県内の各機関を紹介
しています。

<3>広島市中小企業支援センター

広島市では「女性・シニア創業パッケージ型支援事業」により、広島市内で
創業を考えている女性 (及び50歳以上のシニア)を全国から募集しまし
た。

また、広島市内でこれから起業しようとする女性及び広島市内で起業後5年
未満の女性起業家に対して、1人1年度1回限度(約2時間)無料で、起業
経験を持つ女性経営者(女性起業家サポーター)から女性起業家に対して、専
門的な経営スキルとは異なる、女性起業家が抱える独自の問題(社会的な障
壁への対応、家族や子育ての両立など)に係る助言を行う相談制度がありま
す。

<4>滋賀県男女共同参画センター

滋賀県では3月20日より、チャレンジしたい女性を応援するため、県内の
関係機関等が行っている支援情報や、 女性が次の一歩を踏み出すためのヒ
ントとなる身近な事例を紹介する「チャレンジサイトしが」を開設しました。

このように全国で、女性の起業を支援する機関が沢山ありますので、お住ま
いの都道府県の情報を探してみてください。

次回からは、定年後の再雇用制度についてお話いたします。


◆現在読者の方に有益な情報を掲載しているメールマガジンの相互紹介を
実施しています。相互紹介をご希望の方は、ぜひ下記メールアドレスにご
応募下さい。


◆メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!
メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容
により決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正
HP:http://kuni-con.com/ 
Mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。問い合わせ下さい。 © Copyright –2005
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<年金財政逼迫!自分の年金は大丈夫か?>
1.年金制度改革とは?
2.年金の種類は?
3.老齢給付
4.障害給付
5.遺族給付
6.年金と税金
7.年金改正のすべて(号外)

<いよいよリストラ!準備はできているか?>
1.助成金を活用して資格を取ろう!
2.雇用保険の仕組みを知ろう!
3.健康保険(含む介護保険)の仕組みを知ろう!
4.労災保険の仕組を知ろう!
5.個人事業主のメリット・デメリットを学ぼう!

<どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?>
1.パワハラに負けるな!労働者の権利を主張しよう!
2.ウィークエンド企業家を目指そう!
●3.妻を社長にして会社を立ち上げよう!
4.定年後の再雇用制度を活用しよう!

<いっそのこと独立してやる!その方法は?>
1.雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
2.助成金・新会社法・NPOを活用して会社を設立しよう!
3.国や国民生活金融公庫などの融資を活用しよう!

以上の順番で発行していきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com/
E-mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。