金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2006/05/15

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!
中高年サラリーマンよ。
国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を
社会保険労務士&行政書士の國井 正が伝授します。」
_____________________________________

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。
最近、「メタボリック(内臓脂肪)症候群」という言葉を新聞やテレビに登場
しますが、これは「ビール腹」と言われる内臓脂肪型の肥満(男性はウエス
ト85センチ以上、女性は90センチ以上)に方が、高血圧、高血糖、高脂
血症の中で2つ以上該当する場合を呼んでいます。

厚生労働省の2004年国民健康・栄養調査によると、このメタボリック症
候群の有病者は、成人で1300万人、予備軍が1400万人と推計される
ことが判明しました。

特に40歳以上では、男性の2人に1人、女性の5人に1人が有病者か予備
軍であり、同省は「運動不足と栄養の取り過ぎが原因」としています。

もともと、健康診断で「肥満」「高血圧」「高血糖」「高脂血症」の4つに該当
する場合には、「二次健康診断」を受ける必要があります。この4つの症状は
「死の四重奏」と言われて、大変危険性のある状況なのです。

皆さんは、大丈夫ですか?私自身も心配のために、2月から定期的にスポー
ツクラブに通うようになりました。週2回は行きたいのですが、現在は日曜
日の午前中に通うのがやっとです。日曜日でも社労士の研修などが入ります
ので、なかなか週1回でも大変ですが、別な日の夜に何とか通っています。

今回は、副業が認められた場合に対する場合の副業の探し方についてお話し
いたします。

◇◇◇◇第119回 どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?◇◇◇◇
その2 ウィークエンド企業家を目指そう!
<その3 副業と本業のバランスを考えよう その2 副業の探し方>

現在は、何を探すにもインターネット時代ですが、副業を探すのにも、いろ
いろなサイトがあります。

<1>バイトサイトの検索

バイト情報誌を購入して探すより、現在はインターネットで検索したほうが、
リアルタイムな情報で探すことが可能です。

たとえば、来週に1日休みが取れた場合に、その日は1日フルに働いてお金
を稼ぎたいのであれば、「交通量調査」などは最適で、12時間で日給1万
円、24時間であれば2万円という日給になります。24時間ぶっ通しで調
査をするわけでなく、2、3時間に1時間程度の休憩を取って調査を行うの
で、24時間働くことも可能であり、しかも終了次第か翌日振込で日当をも
らえるので、すぐに収入となります。

この仕事であれば、インターネットのバイトサイトで、キーワード検索で調
べれば、情報があるので、日時を調べて申し込むことができます。またバイ
トサイトによっては、希望の日時を入力して募集している仕事を探すことも
可能です。

<2>派遣会社サイトの検索

アルバイトサイトだけでなく、派遣会社のサイトからも仕事の検索が可能で
す。年齢・性別・地域・仕事の内容などの項目を入力して検索すると、条件
によりヒット件数が表示されて、「月1回だけのデータ入力」、「5月限定の
土日だけのコールセンタースタッフ」などの仕事の内容が表示されます。ほ
とんどの仕事の時給は1000円以上であり、条件もいいと思います。

派遣会社には、副業向けの仕事を専門に扱うサイトもあり、土日だけの人材
派遣の仕事もありますので、副業には最適です。

<3>インターネット・ハローワークの検索

自宅の近くで週に何日か仕事をしたいと思っても、アルバイトサイトなどで
は、なかなか地域限定の仕事を見つけるのは大変です。しかも都会地ならば
まだしも、全国ネットで探すには厳しいです。

意外と思われるのが、インターネット・ハローワークの活用です。このサイ
トから求人情報検索をクリックし、希望の就業形態は「パート」にして希望
の時給額と勤務希望の都道府県を選びます。これだけでも検索可能ですが、
さらに「詳細条件入力」でさらに細かく市町村を選んで、自宅の近くの就業
場所を選択します。

またこの詳細条件入力画面で、「希望の就業時間帯」を入力することが可能
です。アフター5に仕事を探すのであれば、「1900〜2400」という
ように入力します。

またこの仕事を探すには、自宅でも可能ですが、全国にあるハローワークの
端末を利用すれば、いろいろな検索をできるだけでなく、専用の端末であれ
ば、自分の職業適職検査やさまざまな仕事の情報が入手することも可能であ
り、いろいろな利用方法があります。

次回は、副業の職種について、お話します。


■□講師を勤めるセミナーのお知らせ□■

社会保険労務士の仲間で作る団体である「SR退職金・年金ネットワーク」
が主催するセミナーの講師を担当します。

第7回 SR退職金・年金ネットワークセミナー
「平成18年度法改正の内容と就業規則および助成金の変更点について」

平成18年4月から高齢者雇用安定法の改正により、65歳への雇用延長が
本格的に施行されるとともに「労働安全衛生法の一部を改正する法律」とし
て労働安全衛生法および労災保険法等の一部改正があり、過重・メンタルヘ
ルス対策の充実や通勤労災制度の範囲拡大などの改正があります。

公的年金関係では、国民年金保険料の値上げと多段階免除制度の導入や障害
基礎年金と老齢厚生年金との併給などの改正があります。

また公益通報者保護法への企業の対抗策が必要となり、労働審判制度の新設
により、個別労働紛争解決のための迅速かつ簡易な手続がスタートしますの
で、企業の対応も重要になります。

そこで、本セミナーでは、改正の内容と会社の実務的な対応として就業規則
の変更ポイントおよび各種助成金の変更点についてもご説明いたします。

日時:平成18年5月23日(火) 午後13時30〜午後16時30分
場所:渋谷区立勤労福祉会館
講師:岸本谷社会保険労務士、國井社会保険労務士
受講料:2000円
先着30名様

お申し込みは、メールでお願いします。(企業名、役職名、参加者名、電話
番号、FAX番号をお知らせ下さい)
mail : kuni-con@dg7.so-net.ne.jp


◆現在読者の方に有益な情報を掲載しているメールマガジンの相互紹介を
実施しています。相互紹介をご希望の方は、ぜひ下記メールアドレスにご
応募下さい。


メールマガジンに関するご意見、ご相談は、こちらへどうぞ!
メールによるご相談は原則として初回は無料です。(2回目以降は相談内容に
より決めさせていただきます。)

総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正
HP:http://kuni-con.com/ 
Mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。問い合わせ下さい。 © Copyright –2005
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<年金財政逼迫!自分の年金は大丈夫か?>
1.年金制度改革とは?
2.年金の種類は?
3.老齢給付
4.障害給付
5.遺族給付
6.年金と税金
7.年金改正のすべて(号外)

<いよいよリストラ!準備はできているか?>
1.助成金を活用して資格を取ろう!
2.雇用保険の仕組みを知ろう!
3.健康保険(含む介護保険)の仕組みを知ろう!
4.労災保険の仕組を知ろう!
5.個人事業主のメリット・デメリットを学ぼう!

<どっこい会社は辞めないぞ!生き残る方法は?>
1.パワハラに負けるな!労働者の権利を主張しよう!
●2.ウィークエンド企業家を目指そう!
3.妻を社長にして会社を立ち上げよう!
4.定年後の再雇用制度を活用しよう!

<いっそのこと独立してやる!その方法は?>
1.雇用・能力開発機構や商工会議所の創業セミナーを活用しよう!
2.助成金・新会社法・NPOを活用して会社を設立しよう!
3.国や国民生活金融公庫などの融資を活用しよう!

以上の順番で発行していきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com/
E-mail:kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。