その他健康

東洋の知恵−気に親しむ

気や気功に親しんでもらうために、難しい言葉を使わず、身近な言葉や例を挙げながら「気」について紹介していきます。発行者が気功修行中に体験した中国などでのおもしろいエピソードなども盛り込んでいきます。

全て表示する >

東洋の知恵−気に親しむ

2012/10/24

--12/10/24----☆◎------気の学校 マガジン-----------◎☆----

      東┃洋┃の┃知┃恵┃ー┃気┃に┃親┃し┃む┃
      ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

---------------------------------------------------No.594---
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇◆index◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○気の学校からのお知らせ
○エッセイ
○ことわざピックアップ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○気の学校からのお知らせ====================================
  日吉教室、その他の教室の詳しいことは気の学校宛てにメールで
お問い合わせください。
 稽古にはどなたでも体験参加できますので遠慮なくどうぞ。

○エッセイ==================================================

■世の乱れ■

 最近、残酷な事件がいろいろ報道されています。世の中が乱れる
原因は政治にあるというのは昔から言われてきたことです。あの3
月11日からわたしたちはいろいろな面で変わってきました。それ
は被災した方々への思いやりであったりエコを真剣に考えることで
あったりと人それぞれです。国民はそれなりに努力してきたのに対
し、政府はどうなんでしょう。復旧・復興は遅遅として進んでいな
いのに早々と消費税増税を決めてしまいました。火事場泥棒のよう
に復興予算を流用するなどということも平然と行なわれているよう
です。
 震災以降の数年は被災した地域の復旧・復興にすべての力を注ぎ
込むのが本当だったのではないでしょうか。被災地が元のように元
気を取り戻さないと日本という国の力も上がってきません。いまだ
仮設住宅に住んでいたりよその町で暮らしている人が多いような状
態は許されないと思います。政府中枢は宮城、岩手に移し原発を推
進してきた政府機関、企業の本拠は福島に移すくらいの覚悟が必要
ではないでしょうか。原発事故で多くの人が家を追われ、辛い思い
をしているというのにいまだにだれも責任を取らず、罪にも問われ
ていません。明らかに人災といえる事故なのに責任追求をしない国
会議員たちはやはり同じ船に乗っているのでしょうね。
 こんな状態なのですから選挙があっても何も変わらないですね。
やはり大手マスコミのOBは役人の天下りのように電力関係の団体
に拾われているようです。そんな利益共同体を壊さなければ国民は
税金を搾り取られるだけです。もっと目を光らせておかないといけ
ませんね。国が安定しないと人心も治まらず社会は乱れたままだと
思いますが。

------------------------------------------------------------
○ことわざピックアップ======================================

■皿に桃を盛る■
 
 桃はお皿にのっけても安定しない形をしている。何事も不安定
な様子を表現した言葉。

----------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
 『Melma!』を利用して配信 しています。
  ★まぐまぐ  http://www.mag2.com/  
                 マガジンID:0001243150
  ★melma !   http://www.melma.com/
                 マガジンID:m00030321
  

■編集発行人 気の学校 事務局(牛丸天真)
           E-mail:info@ki-ten.sakura.ne.jp
           URL:http://www.ki-ten.sakura.ne.jp/ki/
   ご意見、ご質問は、上記メールアドレスまでお願   
   いいたします。

■配信日 毎週水曜日
■Copyright(C)2005 Ushimaru Tenshin All rights reserved
 【注】当メールマガジンは個人的なメモを公開しているサービス    
        です。各人の責任においてご利用ください。当メールによ
    り生じる損害等について責任は負いません

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-14  
最終発行日:  
発行周期:週一回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。