その他健康

東洋の知恵−気に親しむ

気や気功に親しんでもらうために、難しい言葉を使わず、身近な言葉や例を挙げながら「気」について紹介していきます。発行者が気功修行中に体験した中国などでのおもしろいエピソードなども盛り込んでいきます。

全て表示する >

東洋の知恵−気に親しむ

2007/12/26

--07/12/26----☆◎------気の学校 マガジン-----------◎☆----

      東┃洋┃の┃知┃恵┃ー┃気┃に┃親┃し┃む┃
      ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

---------------------------------------------------No.351---
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◇◆index◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○気の学校からのお知らせ
○エッセイ
○ことわざピックアップ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○気の学校からのお知らせ====================================
  日吉教室、その他の教室の詳しいことは気の学校宛てにメ
ールでお問い合わせください。
 稽古にはどなたでも体験参加できますので遠慮なくどうぞ。尚、
HP、メールアドレスが変わりました。。新しいものは巻末の通り
です。ご注意ください。
   
○エッセイ==================================================

■匿名情報について■

 世に匿名の情報というものがあります。今年は多くの食品などの
偽装が問題になりました。それらのほとんどは関係者からの匿名の
告発が発覚のきっかけになったものです。こうした側面から見ると
匿名情報というものは、たしかにそれなりの価値を持っています。
一方、匿名である特定の個人や団体を誹謗中傷するようなものもあ
り、それが原因で自殺や暴行といった事件が発生することがありま
す。匿名情報にはこうした二面性があるのです。

 サーバーを変えてからトラブル続出。検索ができないという声と
共におかしな書き込みがあると心配するメールが届きました。
 これについては前々から承知していました。あまりにくだらない
ので無視していたのですが、ちょっと目立つようになったのでなん
らかのアクションを起こさないといけないのかと思います。

 事の発端は二年位前のことでしょうか、Fという貸し会場を借り
ることにしました。ある程度の期間予約しなければならないという
ので了承して申し込みました。
 いざ利用しようと思っていくと借用時間の二分前でないと入室で
きないということ。オーナーは中にいるのですが鍵をかけて入れて
くれません。
 やっと中に入ると室内の四分の一は折りたたみの机や椅子が置か
れていて、使える面積は公表されているものより、ぐっと狭いので
す。しかも更衣室がないので女性はトイレで着替えなければならな
のですが、トイレと流しのある空間にはオーナーが調理台にパソコ
ンを置いて、なにやら作業をしているので出入りに邪魔です。
 終了時間もぴったり出て行くようにしてくれとのことで、10分
ほど前に稽古をやめることにしました。
 ちょっとなあと思いましたが、次回はオーナーもいないのではな
いかと期待しました。しかしです。二度目にいった時も、二分前ま
で入れてはもらえず、相変わらずオーナーはトイレの前に陣取って
います。しかも終了二分前には次に予約している連中がなだれ込ん
できました。
 普通どこの貸しスペースでも、什器備品は別の場所に収納してあ
ります。つまりスペースは一杯に使用可能なのです。また事務室も
同様です。さらに時間についても、最低でも前後10分程度の余裕
があります。とにかく利用しにくいということで、理由を説明した
上でキャンセルしたわけです。こちらとしたら使用条件がネットで
公表しているものと食い違っているからキャンセルは当然のことと
考えていました。
 ところがこのオーナーはプライドを傷つけられたのか、まずキャ
ンセル料を要求してきました。こちらとしては貸し出しの要件が満
たされていないのですから当然拒否しました。
 するといきなり匿名でブラックリストという書き込みがされまし
た。このオーナーはある著名な演出家のご子息だそうです。まあチ
ヤホヤされて育った人なのでしょう。しかし自分が正しいと思って
いるなら何で匿名なんですかねえ?自信があるなら訴訟でも起こし
たらいいと思うのですが。
 とりあえず私のほうは放置しているのですが、このまま消さない
のであればまずは実名を出させてもらうつもりです。一応、弁護士
の意見も聞いてあるので、それからジワジワですかな。わたしとし
てはこんな些細なことを大げさにしたくはないのですが背に腹はか
えられませんからね。


■気の学校諸講座について■
 
 気の学校の独修用の通信講座やDVD、CD、書籍などについて
はホームページをご覧の上ご注文ください。現在、練習中の皆さん
焦らず一歩一歩進めてください。時間があったら練習への参加も考
えてください。質問などあればいつでもメールしてください。
 350号記念のサービスは昨日で締め切らせていただきました。
ただ月末が給料日だからということで予約をためらっていた方がお
られるので、土曜日までにご予約いただければ割引は有効というこ
とにいたします。発送は多分、正月明けということになってしまい
ますのでその点だけご了解ください。 
------------------------------------------------------------
○ことわざピックアップ======================================
■句を作るより田を作れ■
 少しばかり文才があるからと思い上がって、額に汗して働くこと
を忘れてはいけないということ。実際の生活体験があってこそ立派
な句が作れるのであって、働くことを忘れたらいい作品はできない。
 
 
------------------------------------------------------------
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
 『まぐまぐ』『Melma!』『メルマガ天国』を利用して配信 してい
 ます。
  ★まぐまぐ  http://www.mag2.com/  
                 マガジンID:0000058734
  ★melma !   http://www.melma.com/
                 マガジンID:m00030321
  ★メルマガ天国 http://melten.com/m/20239.html
         マガジンID20239
  
購読解除及び配信先変更は下記のページから出来ます。
 http://www.fresca.co.jp/ki/japan/magazine/magazine.html

■編集発行人 気の学校 事務局(牛丸天真)
           E-mail:info@ki-ten.sakura.ne.jp
           URL:http://www.ki-ten.sakura.ne.jp/ki/
   ご意見、ご質問は、上記メールアドレスまでお願   
   いいたします。

■配信日 毎週水曜日
■Copyright(C)2005 Ushimaru Tenshin All rights reserved
 【注】当メールマガジンは個人的なメモを公開しているサービス    
        です。各人の責任においてご利用ください。当メールによ
    り生じる損害等について責任は負いません

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-02-14  
最終発行日:  
発行周期:週一回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。