その他

たま漢方堂の『健康豆知識〜春夏秋冬〜』

和漢薬専門・たま漢方堂がお贈りするメールマガジン。
毎日を健やかに過ごすためにチョット役立つ話をお届けします。

全て表示する >

たま漢方堂の『健康豆知識〜春夏秋冬〜』 Vol.247

2009/07/06

*******************************************************************
            たま漢方堂の『 健康豆知識 〜春夏秋冬〜 』
                    [Vol.247] (2009/07/6発行)
                      http://tama-kanpou.com/
*******************************************************************

                    ご購読ありがとうございます。


…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
                          ◆ 熱中症対策 ◆
…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

そろそろ本州も梅雨明けが近付いてきています。
今年の梅雨は高温多湿で、従来の梅雨寒という気温ではありませんでした。
梅雨が明けると気にかかるのが、熱中症です。

湿度が高いと、30度以下の室内でもなりやすいといわれる熱中症は、高齢者
と若者に多く見られます。高齢者は汗をかく機能の低下により体内に熱がこ
もるために、屋内でも発生しやすく、一方、若者は運動中に水分や塩分が不
足して発声する場合が多いといわれます。

熱中症の対策が、6月26日の日経新聞に記載されていました。記事は、日本救
急医学会が行った2006年の熱中症患者に関する調査で、628症例中、年代別で
は20歳代が最も多く、次いで60歳代があげられました。

症状の程度は、若年層は75%が軽度であり、高齢者は30%が重度でした。
また、労働現場で熱中症にかかり死亡し、労災認定された人については、3割
は気温がセ氏30度以下、湿度60〜80%だったとのことです。

人間の健康な身体は常に中心の音頭を36〜37度に保つようになっているので、
外気の暑さや労働、運動などで体内に熱が発生すると、発汗により水分を蒸
発させてこもった熱を体外に逃がさなくてはなりません。また、こもった熱
を逃がすために皮膚表面の血管を拡張させて、外気で血液の温度を下げよう
とします。そのため、たとえ汗をかいても、湿度が高く汗が蒸発しなければ、
熱中症になってしまうわけです。

熱中症の危険温度の目安は、セ氏32度。ちなみに、天気予報の気温は、日陰
で風のある状態であり、真夏の晴れ日は予報より2度高い状態となるので、予
報が30度で湿度が60%を超えたら熱中症要注意といえます。

これからの季節は、体内に熱をこもらせない工夫が大切です。
体温を下げる対策としては、室温を下げる、うちわであおいで汗を蒸発させ
る、首やわきの下、足の付け根の太い血管を冷やし、血液の温度を下げるこ
となどです。
もちろんこまめな水分補給と塩分の補給も忘れずに、熱中症を予防したいも
のです。


        【 ご購読ありがとうごさいます 】
…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
   毎日を健やかに過ごすためにチョット役立つ話をお届けします。
…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

        ご愛読よろしくお願いいたします。
    (バックナンバーはホームページに掲載してあります。)


===================================================================
たま漢方堂の『健康豆知識〜春夏秋冬〜』は、
  『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/
  『melma!』   http://www.melma.com/
  『E-Magazine』 http://www.emaga.com/
  『カプライト』 http://kapu.biglobe.ne.jp/
を利用して無料で発行しています。
購読解除はこちらから  http://tama-kanpou.com/mame/mag-in.html
===================================================================
■ たま漢方堂の『 健康豆知識 〜春夏秋冬〜 』■

発行者:和漢薬専門店・たま漢方堂
  URL : http://tama-kanpou.com/
  mail: master@tama-kanpou.com
===================================================================
            Copyright(C) 1998-2009 TamaKanpoudo All Rights Reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-04-21  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。