経営

藤原雄一郎の「経営のプロ養成講座」

日本企業の問題点は「経営のプロ」がいないことです。欧米の企業では若いうちから「経営のプロ」に重要な役割を担わせています。世界的な弱肉強食の競争社会を生き延びるには是非「経営のプロ」を養成しなければなりません。プロ養成の全てのノウハウを公開します。

全て表示する >

藤原雄一郎の「経営のプロ養成講座」 076

2005/08/08

PR----------------
  藤原雄一郎のクルーズワールド
    http://inox-tabi.com/cruise/cruisetop.htm
                                  --------------------PR
------------------------------------------------------------------
PR----------------
  好評発売中「権限のない社員が会社を変える」インターワーク出版
     http://inox-m2.com/fujiwara/fuji/kengen01.htm
                                  --------------------PR
------------------------------------------------------------------
タイトル 「目指せ経営トップ」 藤原雄一郎の経営最前線
発行者   藤原雄一郎  fuji@inox-tabi.com
-----------------------------------------------------------------------
◆◇◆◇◆◇◆◇
メールマガジン076号 2005/08/08日発行 次回発行 2005/08/12
◆◇◆◇◆◇◆◇

本になっています。お買い求め下さい。
http://inox-m2.com/fujiwara/portal.htm

藤原雄一郎の時事通信 
http://park5.wakwak.com/~inox/fuji.htm


□  「刺し違えて」でも断固阻止  □

皆さんが肩書きのつかない社員、あるいは下級管理職の場合、それだけ責任が
小さい訳ですから、「灰色の部分に踏み込む」ことによって業績をあげる必要
性は少ないと思います。

時々、極めて上昇志向の強い人間が自分の存在感を訴えるために、「灰色の部
分」に手を染めてでも立派な業績を示そうとすることがあります。職場にこの
ような仲間を発見したら、断固告発し、そのようなことを許さない風土を確立
しなければなりません。

問題は外務省のプール金のように、長い間の慣行として「灰色の部分」に職場
が汚染されている場合です。この場合は「悪貨が良貨を駆逐する」の例え通り
「灰色になじむ」のではなくて、悪しき慣行から少なくとも自分だけは抜け出
る努力を重ね、職場の中で、一人でも二人でも同士を増やし続ける努力をしな
ければなりません。

一番の問題は「上司からの命令が下る」場合です。サラリーマンとして極めて
悩ましい局面です。結論から言いますと「上司と刺し違えても断固阻止」が正
解です。これからの世の中は「必ず不正は明るみに出て大きな罰を受けること
になる」からです。「刺し違える」も地獄 「刺し違えないで世間の指弾を受
けるのはもっと地獄」と考えなければなりません。

多くの不祥事は組織の中に正常な倫理観が無くなり「悪いことを悪い」と思わ
ない状態になって発生することが多いのです。
ある不正経理事件を発見し関係者を処罰した時「このようにしないと私達は自
分達の愛する職場を失ってしまうのです」と涙ながらに訴えられて言葉を失っ
たことがあります。

しかしこのような究極の場面に遭遇しなくとも済む方法があります。日ごろか
ら「困難に直面し、逃げるよりは正面突破の方が楽である」との気持ちで困難
に挑戦する姿勢を持てば良いのです。「真の実力が無ければ世界規模の激烈な
競争には勝てない」 この事実を皆さん良く心の中に叩き込んで下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
□□□
□□□  ビジネスマン必読!!!
□□□ 藤原雄一郎経営最前線シリーズを本にして絶賛発売中
□□□
□□□ 「権限のない社員が会社を変える」」
□□□   http://inox-m2.com/fujiwara/fuji/kengen01.htm
□□□ 「重役は裸の王様」
□□□   http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0003JK.htm
□□□ 「目指せ経営トップ」
□□□   http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0002JR.htm
□□□ 「経済危機」と「構造改革」のツボ
□□□   http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0005JW.htm
□□□ 「この一冊で企業がよみがえる」
□□□  http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0006JI.htm
□□□     
□□□  本を購入するには下のURLをクリック下さい。           
□□□  http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0004HP.htm
□□□
------------------------------------------------------------
【ホームページ】 http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0002JR.htm
【ご意見】    fuji@inox-tabi.com
【本購入】    http://park5.wakwak.com/~inox/smelma/melma0004HP.htm
------------------------------------------------------------

購読解除ならびにバックナンバは

http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=topjr

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-01-30  
最終発行日:  
発行周期:三日に一度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。