文学

複業で成功する50の方法

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての「副業」ではない。たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる「複業」なのだ。

全て表示する >

複業で成功する50の方法

2006/05/04

****************************************************************
★☆★ すご〜い! 毎月!通帳にっ凄い振込みがぁぁ〜 ★☆★
      ■  こ〜んな私でも【空いた時間で】で出来ちゃう〜! ■
      ★   お金に不安がないって、最高に、幸せ(*^_^*)♪  ★
★☆秘密の鍵→ http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/LW/index.htm
****************************************************************
============================================================
                           第17号

       □■□ 複業で成功する50の方法 □■□        

      〜副業は人生を辛くするが複業は人生を楽しくする〜  

============================================================

 《 ま え お き 》

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての

「副業」ではない。

たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる

「複業」なのだ。

「副業」は、単に税務署に申告する時「雑収入」の欄に書き込む、

金銭的な狭い考え方にすぎない。

古いおじさんたちが軽蔑の意味を込めて「内職」と呼ぶあれだ。

それに対し、「複業」とはライフスタイルの間題なのだ。

------------------------------------------------------------------------------

■    ★┃1┃日┃2┃時┃間┃の┃パ┃ソ┃コ┃ン┃で┃★┃    ■
■■   ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛   ■■
□■■    ≪副収入!≫ ボーナスより多い副収入!!      ■■□
■□■■      ↓★ 高収入が望めます ★↓        ■■□■
■■□■■   http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm     ■■□■■
------------------------------------------------------------------------------
「複業」とは、人生観の問題であり、「副業」というけちくさい言葉とは、

次元の違う話なのだ。同じレベルで議論してはいけない。

まず、ここのところをしっかり理解しておかないと、問題をはき違えてしまう。

こんなにくどいくらい言っているのにもかかわらず、

「複業」を「サイドビジネス」とか、「ダブルインカム」とか「副収入」といった、

ものほしげな視点からでしかとらえられない心貧しき人たちが、

あいかわらず大勢いるのだ。

ここからの話は、古い考え方の「副業」と新しい考え方の「複業」を

使い分けながら論じていくので、注意して読み進めてほしい。

「副業」が「サイドビジネス」だとしたら、「複業」は「デュアルライフ」であり、

すべてが「メインビジネス」なのだ。

--------------------------------------------------
 空いた時間に自宅ベースで20代OLが起業!
   本業の収入超えちゃった〜♪
 こんなにもらっていいの〜??
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/tml/index.htm
--------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆ 複業をすれば、ストレスがたまらない。★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「そんなにいろいろなことをやっていて、よく疲れませんね」とよく言われる。

「ぼうーっとしたりしたいと思いませんか」とも言われる。

「いったいいつ休むんですか」という言い方をする人もいる。

夏が近づけば、「夏休みなんか何をするんですか」と聞かれる。

中には親切な人がいて、あんまり親しくない人なんだけど、夜中に電話してきて、

「そんなことをしていると身体を壊すから、休んだほうがいい」と

忠告してくれる人もいる。

結論から言うと、充電とは、休むことではなくて、違うことをすることなのだ。

ストレスがたまるのは、同じことばかり続けているからなのだ。

人間、そう同じことばかりを続けてはいられない。

脳の前頭葉の部分を取り去れば、平気で同じことを繰り返すという。

つまり、同じことを繰り返せば飽きるということは、脳がそれだけ進化したと

いうことなのだ。

***************************************************************************
★☆★資格・経験全くナシ!毎月の副収入「5万円あれば」と思ってました★☆★
     サラリーマン、OL、シングルママ  定年退職後、子育て中、専業主婦
 パソコン初心者の私でも短い時間で出来るお仕事見つけたよォ〜♪v(^_^)
            ★資格★経験★学歴★人脈★信用★資金★全て不要!!
その入口はココです⇒http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm
***************************************************************************

一つのことを考えていて、考えに行き詰まったり、疲れたりしたら、

考えるのをやめるより、別のことで頭を使って、気分転換したほうがいい。

車をガレージに入れっぱなしにすると、バッテリーがあがってしまう。

車が好きな人は、ときどき愛車を遠出させてやる。そうしないと、バッテリーは

あがってしまうし、エンジンが回らなくなるからだ。

人間のエネルギーも同じで、出せば出すほど減ってしまうのではなくて、

逆に増えていくのだ。

それを出し惜しみしてしまうと、かえって能力は落ちていく。

キャパシティがしぼんでいくのだ。

やりたいことが一つしかないという人は、もともとエネルギーの総量が少ない人なのだ。

走っていれば、やりたいことにどんどん出会うし、やりたいことはどんどん増えていくのだ。

自分自身の排気量もますますバージョンアップしていく。

次の仕事のエネルギーは、動き回ることによって生まれてくる。

「複業する力が残ってるのなら、本業にもっとつぎこめ」という議論は間違っている。

それは、本業のために、ガレージに車を入れておけということと同じなのだ。

本業をする時に一気にダッシュできるよう、エンジンを常に温めておくために、

複業で時速200キロを出しておくのだ。

本業では時速200キロを出すチャンスはそうざらにはない。

組織という大渋滞の中で、せいぜい、時速40キロののろのろ運転を強いられるだけだ。

ガレージの中で、どうしようかと考えていても、酸欠になるのがオチだ。

****************************************************************
旦那には内緒ね!これで助かってます(*^_^*)
幸運の女神 http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
****************************************************************
===============================
   〜複業で成功する50の方法〜
お問い合わせ:fantastic@hot.dog.cx
===============================
---------------------------------------------
発行サイト:E-Magazine http://www.emaga.com/
購読解除:下記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:melma! http://www.melma.com/
購読解除:http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------
発行サイト:Melcup   http://www.melcup.com/
購読解除:上記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/
購読解除:http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/10699.html
---------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-06-10  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。