文学

複業で成功する50の方法

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての「副業」ではない。たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる「複業」なのだ。

全て表示する >

複業で成功する50の方法

2005/09/29

============================================================
                           第10号

       □■□ 複業で成功する50の方法 □■□        

      〜副業は人生を辛くするが複業は人生を楽しくする〜  

============================================================
--------------------------------------------------------------------
 スタイルに自信がなくて、人前に出たくない!(泣)
      二の腕が気になってノースリーブも着れませんでした。
 見つけたんです!無料のダイエット情報をヘ(^.^)/
         今年の夏は、思いっきり楽しめそうで〜す! (~o~)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/d/index.htm
--------------------------------------------------------------------

 《 ま え お き 》

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての

「副業」ではない。

たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる

「複業」なのだ。

「副業」は、単に税務署に申告する時「雑収入」の欄に書き込む、

金銭的な狭い考え方にすぎない。

古いおじさんたちが軽蔑の意味を込めて「内職」と呼ぶあれだ。

それに対し、「複業」とはライフスタイルの間題なのだ。

--------------------------------------------------
    小さな子供のいる専業主婦の私
自宅で出来る副業見つけちゃいました!(笑)
何気なくクリックしたこのHPから、私の生活一転!
    子供と一緒に楽しく仕事してます。)^o^(
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm
--------------------------------------------------

「複業」とは、人生観の問題であり、「副業」というけちくさい言葉とは、

次元の違う話なのだ。同じレベルで議論してはいけない。

まず、ここのところをしっかり理解しておかないと、問題をはき違えてしまう。

こんなにくどいくらい言っているのにもかかわらず、

「複業」を「サイドビジネス」とか、「ダブルインカム」とか「副収入」といった、

ものほしげな視点からでしかとらえられない心貧しき人たちが、

あいかわらず大勢いるのだ。

ここからの話は、古い考え方の「副業」と新しい考え方の「複業」を

使い分けながら論じていくので、注意して読み進めてほしい。

「副業」が「サイドビジネス」だとしたら、「複業」は「デュアルライフ」であり、

すべてが「メインビジネス」なのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ★☆ 複業でのいい評判は、必ず社内に伝わる。★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もしあなたに、あなたにしかない才能があれば、たとえ、

才能は人並みであったとしても、継続して頑張っていれば、必ず評価される。

あなたの才能は、必ず、社外で評価される。

そして、社外で評価されたあなたの評判は、必ず社内に伝わる。

「オタクの会社の○○さんはすごいですね」

「○○がどうかしましたか」

「御存じないんですか」

ということになって、初めて、

「私もかねてより、○○の才能には一目置いておりました」となるのだ。

会社の人というのは、社内の人間の話はかいもく聞かないのに対して、

社外の人間の言葉は盲目的に信じてしまう。

--------------------------------------------------
今の生活を変えたい!
       心に余裕を持ちたい!
          少しで良いから人生を変えたい!
 でもどうやったらいいのか?(泣)!! 
        でも!私見つけました(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
--------------------------------------------------

ところが、会社というところは、もっと複雑というか、もっと単純というか、

社外で評価されればされるほど、社内での評価が下がるということも往々にしてある。

これが世に言う「ねたみ、そねみ」だ。

「ねたみ、そねみ」は、評価の形が、マイナスの表現で出てきたものにすぎない。

もしあなたがそんな会社にいて「ねたみ、そねみ」を受けるようになれば、

それは評価されているのだと受け取ればいい。

「ねたみ、そねみ」をどんどん受け入れることだ。

そうすれば、「ねたみ、そねみ」族は、

「あいつは、こんなに会社の人間から嫌われたので、出世コースからそれたな。

派手なことはするもんじゃないんだよな」

-------------------------------------------------------------------------
あ〜こんな生活いやだ!・・・お金が欲しい!少しでもいいから副収入が欲しい!
  いつもそう思ってました。でもどうしたら?。。。。
 私が何気なしにクリックしてであったこのHP・・・・
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/tml/index.htm
  そこには私のライフスタイルを変えてくれるものがあった!
 欲張りな私はもっと!もっと!。。。夢が膨らんで行きます(~o~)
-------------------------------------------------------------------------

とほっと胸をなでおろすのだ。

「ねたみ、そねみ」族の願望は、会社の中でのささやかな出世しかないので、

あえて出世コースに不利になるような複業をするサラリーマンは、

もともと彼らと競合しないのだ。

でも、これだけは言える。

見てる人は見てる、ということだ。

社内で評価を得ようと思ったら、社外で評価を得るのが早道だ。

****************************************************************
幸運の女神  ぎゅっ!したい…?!
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm
****************************************************************
===============================
   〜複業で成功する50の方法〜
お問い合わせ:fantastic@hot.dog.cx
===============================
---------------------------------------------
発行サイト:RanSta http://ransta.jp
購読解除:http://my.ransta.jp/m/form/
---------------------------------------------
発行サイト:E-Magazine http://www.emaga.com/
購読解除:上記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:melma! http://www.melma.com/
購読解除:http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------
発行サイト:めろんぱん http://www.melonpan.net/
購読解除:http://www.melonpan.net/mag.php?008261
---------------------------------------------
発行サイト:Melcup   http://www.melcup.com/
購読解除:上記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/
購読解除:http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/10699.html
---------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-06-10  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。