文学

複業で成功する50の方法

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての「副業」ではない。たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる「複業」なのだ。

全て表示する >

複業で成功する50の方法

2005/09/22

============================================================
                           第9号

       □■□ 複業で成功する50の方法 □■□        

      〜副業は人生を辛くするが複業は人生を楽しくする〜  

============================================================
--------------------------------------------------------------------
 スタイルに自信がなくて、人前に出たくない!(泣)
      二の腕が気になってノースリーブも着れませんでした。
 見つけたんです!無料のダイエット情報をヘ(^.^)/
         今年の夏は、思いっきり楽しめそうで〜す! (~o~)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/d/index.htm
--------------------------------------------------------------------

 《 ま え お き 》

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての

「副業」ではない。

たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる

「複業」なのだ。

「副業」は、単に税務署に申告する時「雑収入」の欄に書き込む、

金銭的な狭い考え方にすぎない。

古いおじさんたちが軽蔑の意味を込めて「内職」と呼ぶあれだ。

それに対し、「複業」とはライフスタイルの間題なのだ。

--------------------------------------------------
    小さな子供のいる専業主婦の私
自宅で出来る副業見つけちゃいました!(笑)
何気なくクリックしたこのHPから、私の生活一転!
    子供と一緒に楽しく仕事してます。)^o^(
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm
--------------------------------------------------

「複業」とは、人生観の問題であり、「副業」というけちくさい言葉とは、

次元の違う話なのだ。同じレベルで議論してはいけない。

まず、ここのところをしっかり理解しておかないと、問題をはき違えてしまう。

こんなにくどいくらい言っているのにもかかわらず、

「複業」を「サイドビジネス」とか、「ダブルインカム」とか「副収入」といった、

ものほしげな視点からでしかとらえられない心貧しき人たちが、

あいかわらず大勢いるのだ。

ここからの話は、古い考え方の「副業」と新しい考え方の「複業」を

使い分けながら論じていくので、注意して読み進めてほしい。

「副業」が「サイドビジネス」だとしたら、「複業」は「デュアルライフ」であり、

すべてが「メインビジネス」なのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ★☆ 本当の評価は、複業で得られる。★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サラリーマンにかぎらず、誰だって評価はされたい。

サラリーマンの評価は、ボーナス時に査定という形で表される。

大袈裟に評価というほどの差のつくものではなくて、

1年間、身を犠牲にして会社のために働いても、ぶらぶらしている人間と、

実は年収は何倍も違わない。せいぜい数万円か、数十万円の違いだけで、

365日で割ると本当にすずめの涙である。

それでもサラリーマンが、査定にこだわるのは、金額の多い少ないではないのだ。

会社が自分の頑張ったことを評価しているという事実が欲しいのだ。

この点を日本の会社は勘違いしていて、数千万円で外資系の企業に

ヘッドハンティングされる社員を、よく金の亡者のように言ったりする。

--------------------------------------------------
今の生活を変えたい!
       心に余裕を持ちたい!
          少しで良いから人生を変えたい!
 でもどうやったらいいのか?(泣)!! 
        でも!私見つけました(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
--------------------------------------------------

でも本当は、数千万円という契約金に心が動いたのではなく、

自分の実力を何千万円という形で評価してくれたということを意気に感じているのである。

日本の会社は、あなたたちがどんなに苦労しているかなんて決して見ていない。

日本的経営の査定の3大特色は、

!)査定する人が集団で誰が評価しているのかあやふやなこと

!)査定する対象が10年タームの長期によるものであること

!)基準があいまいで情緒的であることである。

その結果として減点法になることも多く、頑張っている人間よりは、

何もしないけど、マイナスが少ない人間が評価されやすいということになるのである。

だからといって、この現実を否定しようと思わない。会社は家族なのだ。

だとしたら、いつまでも、両親にイイコイイコしてもらうのはやめようじゃないか。

-------------------------------------------------------------------------
あ〜こんな生活いやだ!・・・お金が欲しい!少しでもいいから副収入が欲しい!
  いつもそう思ってました。でもどうしたら?。。。。
 私が何気なしにクリックしてであったこのHP・・・・
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/tml/index.htm
  そこには私のライフスタイルを変えてくれるものがあった!
 欲張りな私はもっと!もっと!。。。夢が膨らんで行きます(~o~)
-------------------------------------------------------------------------

もうそろそろ、頭をなでてもらうのを期待することから、乳離れをしてもいいのではないかな。

「会社は、自分がこんなに頑張っているのに、ちっとも見てくれない」

と駄々をこねるのはもう卒業しよう。

とは言いつつ、やっぱり誰かに評価されたい。

評価されることによって、人間はますます実力が伸びていくものだ。

そのためにも、評価される舞台を持ったほうがいい。

それが複業なのだ。

****************************************************************
幸運の女神  ぎゅっ!したい…?!
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm
****************************************************************
===============================
   〜複業で成功する50の方法〜
お問い合わせ:fantastic@hot.dog.cx
===============================
---------------------------------------------
発行サイト:RanSta     http://ransta.jp
購読解除:http://my.ransta.jp/m/form/
---------------------------------------------
発行サイト:E-Magazine http://www.emaga.com/
購読解除:下記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:melma! http://www.melma.com/
購読解除:http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------
発行サイト:めろんぱん http://www.melonpan.net/
購読解除:http://www.melonpan.net/mag.php?008261
---------------------------------------------
発行サイト:Melcup   http://www.melcup.com/
購読解除:上記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/
購読解除:http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/10699.html
---------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-06-10  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。