文学

複業で成功する50の方法

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての「副業」ではない。たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる「複業」なのだ。

全て表示する >

複業で成功する50の方法

2005/09/09

============================================================
                           第7号

       □■□ 複業で成功する50の方法 □■□        

      〜副業は人生を辛くするが複業は人生を楽しくする〜  

============================================================
--------------------------------------------------------------------
 スタイルに自信がなくて、人前に出たくない!(泣)
      二の腕が気になってノースリーブも着れませんでした。
 見つけたんです!無料のダイエット情報をヘ(^.^)/
         今年の夏は、思いっきり楽しめそうで〜す! (~o~)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/d/index.htm
--------------------------------------------------------------------

 《 ま え お き 》

時代は「副業」から「複業」に変わったのだ。もはや、本業に対する添え物としての

「副業」ではない。

たった一つのコンセプトで生きる「単業」ではない、複数のコンセプトで生きる

「複業」なのだ。

「副業」は、単に税務署に申告する時「雑収入」の欄に書き込む、

金銭的な狭い考え方にすぎない。

古いおじさんたちが軽蔑の意味を込めて「内職」と呼ぶあれだ。

それに対し、「複業」とはライフスタイルの間題なのだ。

--------------------------------------------------
    小さな子供のいる専業主婦の私
自宅で出来る副業見つけちゃいました!(笑)
何気なくクリックしたこのHPから、私の生活一転!
    子供と一緒に楽しく仕事してます。)^o^(
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/itt/new.htm
--------------------------------------------------

「複業」とは、人生観の問題であり、「副業」というけちくさい言葉とは、

次元の違う話なのだ。同じレベルで議論してはいけない。

まず、ここのところをしっかり理解しておかないと、問題をはき違えてしまう。

こんなにくどいくらい言っているのにもかかわらず、

「複業」を「サイドビジネス」とか、「ダブルインカム」とか「副収入」といった、

ものほしげな視点からでしかとらえられない心貧しき人たちが、

あいかわらず大勢いるのだ。

ここからの話は、古い考え方の「副業」と新しい考え方の「複業」を

使い分けながら論じていくので、注意して読み進めてほしい。

「副業」が「サイドビジネス」だとしたら、「複業」は「デュアルライフ」であり、

すべてが「メインビジネス」なのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ★☆ 複業で初めて、肩書きのない裸の実カがわかる。★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サラリーマンは、往々にして、自分の実カと、会社の看板の力を混同してしまっている。

本当は、会社の看板の力なのに、それが自分の力だと思い込んでいることが多いのだ。、

一流企業に勤めていればいるほど、その傾向がある。

実際、自分の実力なのか、会社の看板の実力なのかを見分けることは、

会社の中にいるだけでは判断が難しい。

「○○さんは才能があるから、そのうち独立されるんでしょう。

独立して有名になっても、うちの仕事をしてくださいね」

などと、取引先の担当者に言われた言葉を真に受けてしまい、

また自分の実力と会社の看板の力を区別できない人にかぎって、

「会社は自分のことを評価してくれない」

なんて不満を持っているものだから、つい会社を辞めてしまう。

仕事の依頼の電話などがかかってくるわけがないのだ。

「うちと仕事をぜひしてください」と言った取引先は、

もちろん新しい担当者と仕事を継続している。これが転職の失敗の構図だ。

誤解しないでもらいたいが、私は転職を否定しているわけではない。

転職を成功させるには、感情的に辞めるのではなく、まず複業で、

自分の実力を知るシミュレーションをすべきだと言っているのだ。

--------------------------------------------------
今の生活を変えたい!
       心に余裕を持ちたい!
          少しで良いから人生を変えたい!
 でもどうやったらいいのか?(泣)!! 
        でも!私見つけました(*^_^*)
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/kog/index.htm
--------------------------------------------------

取引先の人は、あなた自身に頭を下げているのではなく、

あなたの会社に頭を下げているのだということを忘れてはならない。

複業では、会社の看板は、何の役にも立たない。

どんなにいい会社に勤めていて、偉そうな肩書きがついていても、

あなたのした仕事がまずければ、次の仕事は永遠に来ないのだ。

たとえば、複業で、あなたが雑誌に記事を書いたとする。

「いやあ、さすがに面白いですね。ぜひまたお願いします」と編集者は言うだろう。

銀行口座に、ギャラも支払われるだろう。

その金額は、サラリーマンとして働いてもらっていた給料とは比較にならないくらい、いいに違いない。

でも、あなたの書いた原稿が読者からお金をいただく商品として魅力がなければ、

次の仕事なんて来ないのだ。

読者にとっては、書いた人の肩書きなんて関係がないのだ。

内容そのものが面白いかどうかだけなのだ。

次の仕事の依頼が来るか来ないかが、あなた自身の実力の評価なのだ。

複業をすれば、肩書きのない自分の実カを知ることができる。

複業は、自分を客観視できる場所なのだ。

サラリーマンが、勉強会に出席して異業種の人とつきあうのは、

自分を客観視するのが第一の目的なのだ。

会社の看板をはずして、1週間でも暮らしてみることだ。

試しに、肩書きを言わずに、どこか知っているところに電話をかけてみればいい。

-------------------------------------------------------------------------
あ〜こんな生活いやだ!・・・お金が欲しい!少しでもいいから副収入が欲しい!
  いつもそう思ってました。でもどうしたら?。。。。
 私が何気なしにクリックしてであったこのHP・・・・
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/tml/index.htm
  そこには私のライフスタイルを変えてくれるものがあった!
 欲張りな私はもっと!もっと!。。。夢が膨らんで行きます(~o~)
-------------------------------------------------------------------------

「○○ですが」

「どちらの○○さんですか?」

「どちらのとおっしゃいますとっ・・」

「どちらの会社の○○さんですか?」

「ただの○○ですが」

「・・・?少々お待ちください」

受話器の向こうで、電話に出た社員は「変な電話ですよ」とつないでいるに違いない。

肩書きのないサラリーマンは、実に空しいものだ。

だから、サラリーマンは肩書きにこだわるのだ。

自分から、社会の肩書きをとったら何が残るか。

残ったものが自分自身の実力なのだ。

自分のアイデンティティなのだ。

オールマイティの威力を持つ肩書きでも、通用するのは、サラリーマンの世界だけだ。

そして、サラリーマンの世界は、世の中から見ればほんの一部にすぎない。

会社の中でついている偉そうな肩書きは、世の中のほとんどの人にとっては

何の意味もないのだということを認識しよう。

「こちら、部長さん」「えーっ、すっごーい」と言われるのは、銀座のクラブだけだ。

銀座のクラブの名字のないお姉さんたちだって、

本当に「すっごーい」とは思っていないのだ。

「すっごーい」というのは、「だからなんなの」という意味なのだ。

****************************************************************
幸運の女神  ぎゅっ!したい…?!
  http://winsome.sakura.ne.jp/fkc/go1/index.htm
****************************************************************
===============================
   〜複業で成功する50の方法〜
お問い合わせ:fantastic@hot.dog.cx
===============================
---------------------------------------------
発行サイト:RanSta     http://ransta.jp
購読解除:http://my.ransta.jp/m/form/
---------------------------------------------
発行サイト:E-Magazine http://www.emaga.com/
購読解除:下記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:melma! http://www.melma.com/
購読解除:http://www.melma.com/taikai/
---------------------------------------------
発行サイト:めろんぱん http://www.melonpan.net/
購読解除:http://www.melonpan.net/mag.php?008261
---------------------------------------------
発行サイト:Melcup   http://www.melcup.com/
購読解除:上記「解除ページ」より行ってください。
---------------------------------------------
発行サイト:カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/
購読解除:http://cgi.kapu.biglobe.ne.jp/m/10699.html
---------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-06-10  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。