経営

週刊コピライト

朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・東京新聞・日本経済新聞・日経産業新聞・日経流通新聞MJ・電波新聞・日刊工業新聞・フジサンケイビジネスアイ より著作権・知的財産権に関連する記事の見出しをクリッピングし配信するメルマガです。

全て表示する >

週刊コピライト

2006/02/06

2006年2月6日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【週刊コピライト】                             第55号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  週刊コピライトは・・・
  朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・東京新聞
  日本経済新聞・日経産業新聞・日経流通新聞MJ
  電波新聞・日刊工業新聞・フジサンケイビジネスアイ よりClipping中!!
  (※いずれも東京本社発行の最終版)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
目次:
1 今週のコピライト
2 編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1 今週のコピライト Clipping期間 【2006年1月29日〜2月4日発行分】

●家庭六法 ネットのトラブル(4) アドレスから住所氏名漏れない
  日本経済新聞 2006年1月29日 朝刊 12面
●カートリッジリサイクルと特許 訴訟相次ぎ業界注目 知財高裁あす判決
  朝日新聞 2006年1月30日 夕刊 14面
●知財本部、法改正提言 インターネット経由番組提供 著作権処理簡素に
  朝日新聞 2006年1月30日 朝刊 1面
●著作権法改正 権利者側の反発必至 地方局は経営基盤直撃
  朝日新聞 2006年1月30日 朝刊 3面
●社説 信託業法改正 使い勝手も規律あってこそ
  毎日新聞 2006年1月30日 朝刊 5面
●私のスタイル 富士通・知的財産部担当課長 櫻本直子さん
  毎日新聞 2006年1月30日 朝刊 9面
●傍聴席 政策研究大学院大学教授 岡本薫氏 法を補う契約システムを
  日本経済新聞 2006年1月30日 朝刊 19面
●講談社 「死してなお君を」回収
  産経新聞 2006年1月30日 朝刊 23面
●知財高裁インクカートリッジ特許訴訟 「リサイクル品」どう判断
  産経新聞 2006年1月30日 朝刊 30面
●直球曲球 小売業界 日本小売業協会会長 中村胤夫氏 特徴のある店作りが急務
  日刊工業新聞 2006年1月30日 朝刊 1面
●政府、育成協を創設 知財人材倍増、12万人へ
  日刊工業新聞 2006年1月30日 朝刊 1面
●中小企業金融公庫 知財活用融資100社を突破
  日刊工業新聞 2006年1月30日 朝刊 27面
●日本レコード協会 著作権啓発キャンペーンに一青窈起用
  電波新聞 2006年1月30日 朝刊 7面
●知財権で緊張高まる 米国要求に中国ゼロ回答
  フジサンケイビジネスアイ 2006年1月30日 朝刊 8面
●経営相談 谷川国際特許事務所弁理士 谷川英次郎氏 外国で特許出願するには
  日経産業新聞 2006年1月30日 朝刊 34面
●知財本部 来月末めど方針 音楽CD再販見直し 対象除外求める
  日刊工業新聞 2006年1月31日 朝刊 1面
●音楽CD再販見直し 新時代の秩序作りへ 著作物全般に波及も
  日刊工業新聞 2006年1月31日 朝刊 31面
●日本レコード商業組合四国支部 新年会 組合員など20人参加「飛躍の年」に意欲
  電波新聞 2006年1月31日 朝刊 11面
●米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長 「著作権侵害取り締まりに10年」
  フジサンケイビジネスアイ 2006年1月31日 朝刊 14面
●キヤノン次期社長に内田恒二専務 5月1日にも就任
  日経産業新聞 2006年1月31日 朝刊 31面
●知財高裁 インクカートリッジ再生品 特許侵害認め販売禁止 キヤノンが逆転勝訴
  朝日新聞 2006年2月1日 朝刊 1面
●キヤノン逆転勝訴 「消耗品戦略」の危機回避 本体は安く後から利益
  朝日新聞 2006年2月1日 朝刊 8面
●キヤノン逆転勝訴 カートリッジにインク再注入 リサイクル販売、特許侵害
  読売新聞 2006年2月1日 朝刊 38面
●知財高裁 リサイクル特許侵害 インクカートリッジ訴訟 キヤノン逆転勝訴
  毎日新聞 2006年2月1日 朝刊 26面
●知財高裁判決 キヤノン、逆転勝訴 インク詰め替え品「特許を侵害」
  日本経済新聞 2006年2月1日 朝刊 1面
●社説 知財優先したキヤノン判決
  日本経済新聞 2006年2月1日 朝刊 2面
●キヤノン逆転勝訴 再生品にも知財の枠 「特許の本質加工」
  日本経済新聞 2006年2月1日 朝刊 3面
●知財高裁 インクカートリッジ特許訴訟 キヤノン逆転勝訴
  産経新聞 2006年2月1日 朝刊 30面
●知財高裁判決 カートリッジ特許権侵害 キヤノン逆転勝訴 リサイクル品差し止め
  東京新聞 2006年2月1日 朝刊 1面
●キヤノン勝訴 消費者「インク高いのに」 高収益商品、判決に賛否
  東京新聞 2006年2月1日 朝刊 9面
●社説 日本の食文化 国内外に素晴らしさ広げよう
  日刊工業新聞 2006年2月1日 朝刊 3面
●産業技術総合研究所と東北大学が連携 環境・情報通信など共同研究
  日刊工業新聞 2006年2月1日 朝刊 25面
●キヤノン逆転勝訴 知財高裁、容器再利用品販売差し止め
  日刊工業新聞 2006年2月1日 朝刊 27面
●カネボウ化粧品 花王の子会社に 知識賢治社長続投 会長に高山外志夫氏
  フジサンケイビジネスアイ 2006年2月1日 朝刊 3面
●知的財産サロン あなたもトライ!おもしろ知財ビジネス
  フジサンケイビジネスアイ 2006年2月1日 朝刊 23面
●知財高裁 特許権侵害 キヤノン逆転勝訴 インクタンク再利用不可
  フジサンケイビジネスアイ 2006年2月1日 朝刊 27面
●知財本部が法改正提言 インターネット番組配信 著作権許諾を簡素化
  日本経済新聞 2006年2月2日 夕刊 1面
●知財本部提言 「放送」番組、インターネットで使いやすく 実態に制度を合わせる
  日本経済新聞 2006年2月2日 夕刊 3面
●吉本興業 「全国お笑い化」再挑戦 ただし・・・カネかけず
  朝日新聞 2006年2月2日 朝刊 3面
●トヨタ自動車 中国専用車 第一汽車集団と開発 合弁を設立、技術移転
  日本経済新聞 2006年2月2日 朝刊 1面
●都、商機拡大後押し 中小製造業の東南アジア進出支援 駐在経験者が講演・補佐
  日本経済新聞 2006年2月2日 朝刊 35面
●工学院大学 知財連続講座
  日本経済新聞 2006年2月2日 朝刊 35面
●片山虎之助・参院幹事長に聞く NHK改革不十分/民営化は放送文化退廃
  産経新聞 2006年2月2日 朝刊 3面
●社説 キヤノン勝訴 環境活動の強化も求めている
  日刊工業新聞 2006年2月2日 朝刊 3面
●ニフティが作品発掘プロ 映画や音楽など 著作物を保護・流通
  日刊工業新聞 2006年2月2日 朝刊 8面
●東北経済連合会 4月に専門組織 新産業・新事業を創出
  日刊工業新聞 2006年2月2日 朝刊 26面
●明日への布石(384) 関西電力(4) 研究開発で新事業 未来開く最先端技術
 フジサンケイビジネスアイ 2006年2月2日 朝刊 16面
●ニフティ 著作物の再利用促す クリエイティブ・コモンズを採用
  日経産業新聞 2006年2月2日 朝刊 2面
●海外ハイテクフラッシュ 高温超電導変圧器が稼働
  日経産業新聞 2006年2月2日 朝刊 11面
●日本医大教授らがVB 生活習慣病など新薬開発
  日経産業新聞 2006年2月2日 朝刊 13面
●著作権法 改正、今夏に結論 文科相、来年提出めざす
  朝日新聞 2006年2月3日 夕刊 3面
●米国、韓国とFTA交渉開始 東アジアに影響力
  日本経済新聞 2006年2月3日 夕刊 1面
●TV番組ネット配信で文科相 「著作権法改正、来年に」
  日本経済新聞 2006年2月3日 夕刊 18面
●時時刻刻 放送・通信融合めぐり火花 奪うか守るか許諾権の攻防
  朝日新聞 2006年2月3日 朝刊 2面
●新潟大学で不正コピー 著作権団体と和解協議
  朝日新聞 2006年2月3日 朝刊 37面
●文化庁 ネット番組 著作権許諾を簡素化 法改正へ 通信と放送融合促す
  読売新聞 2006年2月3日 朝刊 2面
●政府の知的財産戦略本部 CDの再販除外 公取委に提言へ
  読売新聞 2006年2月3日 朝刊 10面
●政府の知的財産戦略本部 通信と放送融合へ最終報告案を作成
  読売新聞 2006年2月3日 朝刊 10面
●知的財産戦略本部 著作権法改正提言 番組ネット配信普及へ
  毎日新聞 2006年2月3日 朝刊 2面
●ネットと文明 第3部 清濁の激流(1) 「見せ玉」に警告
  日本経済新聞 2006年2月3日 朝刊 1面
●知的財産戦略本部 著作権法改正を提言 番組インターネット配信普及促す
  日本経済新聞 2006年2月3日 朝刊 5面
●ブッシュ米大統領 一般教書演説 米国、中印台頭に警戒感
  産経新聞 2006年2月3日 朝刊 6面
●知的財産戦略本部 インターネット番組配信容易に 「著作権」事後承諾を提言
  東京新聞 2006年2月3日 朝刊 1面
●「インターネット番組配信容易に」 地方民放局に危機感 全国一律配信可能
  東京新聞 2006年2月3日 朝刊 9面
●江戸川区 地方大の拠点「コラボ産学官」と連携 「コマツナ」ブランド化へ
  東京新聞 2006年2月3日 朝刊 23面
●世界知的所有権機関 日本事務所開設 年内 途上国の知財研究拠点に
 日刊工業新聞 2006年2月3日 朝刊 1面
●知財本部が振興戦略案 “デジタルコンテンツ大国”へ 利用者・作者の視点重視
  日刊工業新聞 2006年2月3日 朝刊 2面
●福井銀行と日本政策投資銀行 春うららかな書房に4000万円融資
  日刊工業新聞 2006年2月3日 朝刊 29面
●改革本番 大学トップに聞く 群馬大学学長 鈴木守氏 世界に発信できる成果を
  日刊工業新聞 2006年2月3日 朝刊 32面
●三井住友銀行、SMBCコンサルティング 名工大と連携協定
  日刊工業新聞 2006年2月3日 朝刊 32面
●松下電器 米子会社エムイーアイホールディングを清算へ
  電波新聞 2006年2月3日 朝刊 2面
●タイ スリヤ・ジュンルンルウンキット副首相兼工業相に聞く
  電波新聞 2006年2月3日 朝刊 3面
●60年代欧州名作映画の数々 「主題曲」は日本製 国内宣伝用に「作曲」
  毎日新聞 2006年2月4日 夕刊 8面
●特許の国際出願 日中韓、昨年2ケタの伸び
  日本経済新聞 2006年2月4日 夕刊 2面
●膨張中国 第5部 米国との攻防(5) 急伸する工業技術 国産大型機への胎動
  読売新聞 2006年2月4日 朝刊 1面
●著作権法改正 IP放送扱い焦点 権利者団体強く反発
  読売新聞 2006年2月4日 朝刊 8面
●国際特許出願、日本2位
  毎日新聞 2006年2月4日 朝刊 11面
●外相会合 市場経済国 中国、EUに認定要請 知財対策求められる
  日本経済新聞 2006年2月4日 朝刊 9面
●文化審議会 iPod課金見送り了承
  日本経済新聞 2006年2月4日 朝刊 38面
●エンタ!Q&A クラシックが売れている理由は? Jポップファン取り込む
  日本経済新聞 2006年2月4日 別刷り 7面
●国際特許出願、日本は2位
  産経新聞 2006年2月4日 朝刊 10面
●波乗る民主党 法案次々再提出 証券取引委設置 官製談合防止改正 天下り規制
  東京新聞 2006年2月4日 朝刊 2面
●国際特許出願 日本、2位を維持 昨年件数中韓が躍進
  東京新聞 2006年2月4日 朝刊 3面
●ニュースQ&A 著作権許諾の簡素化 チャンネル増加、倫理など課題
  東京新聞 2006年2月4日 朝刊 8面
●文科相 著作権法見直し着手の方針表明
  東京新聞 2006年2月4日 朝刊 8面

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2 編集後記
皆様、こんばんは。週刊コピライト編集・発行人の加藤清澄です。
先週はキヤノンが主張していたリサイクルトナーの特許侵害が認められましたことが大
きく扱われました。現実問題、本体ではなく消耗品で稼ぐ図式が成り立っている以上、
キヤノンとしても譲れない部分だったことでしょう。私の会社でも安いこともあり、リ
サイクルトナーで代用していますが、質が極端に劣るわけでもないので経費削減には貢
献しています。消費者の視点、販売側からの視点、実に様々な見方があると思います。

次号の発行は2月14日を予定しております、どうぞよろしくお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行・編集】 加藤清澄
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【内容に関する質問はこちら】 weekly_copyright@hotmail.co.jp       
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2005 Weekly Copyright. All Rights Reserved. 
許可無く転載することを禁じます。 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-01-31  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。