アウトドア

パソコンGPSニュース

既に、発行300号を越えた
GPS/GNSSに関するメルマガです。
GPS/GNSSの最新技術や関連商品の話題が満載です。
パソコンGPSショップが発行しています。

全て表示する >

[PC-GPS News-HTML Vol.428aml] QGIS対応GPS/GNSSレシーバ

2018/06/28

Vol.428a 
[2018/06/30]
パソコンGPSショップ
BackNo.
みなさん、こんにちは。
本誌は、HTML形式で配信しております。
ご覧になれない方は、以下のニュースWEBをご覧ください。
https://www.rakuten.ne.jp/gold/gps/rNews/BackNo/PcGpsNews_428a.html

Vol.428a 【目次】   1. QGISでGPS接続【対応GPS/GNSSレシーバ編】

X. QGIS対応GNSSレシーバ一覧
Y. QGIS対応GPSレシーバ【USB接続】一覧



1. QGISでGPS接続【対応GPS/GNSS機種編】




QGISでGPSレシーバを使うには? の、4回目です。

今回は、幾つかのGPS/GNSSレシーバと接続してみます。



■エクストリーム818xt
最大10Hz出力でUSB/BlueToothいずれでも接続可能な、
・エクストリーム818xt
です。




エクストリーム818xt の通信速度は、USB接続で、
・115200bps
です。

まず、1Hzで接続してみます。

結果→COMの自動認識で接続OKでした。



次に、10Hzを試してみます。
多少の不具合が出るのではないかと予想していましたが、特に問題無く現在位置を取得しました。
但し、地図更新は1秒毎です。
ログは、10Hzできれいに取れています。
 



■DL-エクストリームSports
最大5Hz出力でUSB/BlueToothいずれでも接続可能な、
・DL-エクストリームSports
です。




DL-エクストリームSportsは、GPSデータロガーとしても使えますが、 ここでは、リアルタイム測位用として利用します。

通信速度は、115200BPSです。
Windowsパソコンでは、USB/Bluetoothドライバーで アプリケーションの通信速度に合わせられます。

結果→COMの自動認識で接続OKでした。



QGISとGPSレシーバの接続は、問題なさそうですね。(^^/

では、GNSSレシーバはどうでしょうか?




■テセオGNSS/USB
GPS衛星(米国)と、GLONASS衛星(ロシア)に対応し、最も廉価なGNSSレシーバと言われている
・テセオGNSS/USB
です。




通信速度は、最大38400BPSですが、Windowsパソコンでは、USBドライバーで アプリケーションの通信速度に合わせられます。




接続は特に問題ありませんでした。
しかしながら、 NMEA出力をみたところ、フォーマットが強制的にGPSに合わせてありました。

GNSSレシーバでは、通常、NMEAのセンテンスの先頭にあるトーカが、GNSSの場合GNとなります。
しかし、テセオGNSS/USBは、トーカがすべてGPで出力されます。
例えば、現在位置情報のRMCセンテンスは、GNSS測位の場合、正式には$GNRMCですが、テセオGNSS/USBは、$GPRMCで出力されます。

つまり、QGISはテセオGNSS/USBを、GPSレシーバとして認識しているので、 QGISのGNSS対応に関するテストとしては不適当です。
※もちろん、テセオGNSS/USBは、実際はGNSS測位をしています。
 また、フォーマットがGPS仕様なので、アプリケーションを選ばないというメリットもあります。



■ルーナGNSS/USB
お求めやすく、かつ本格的なGNSSレシーバとして人気がある、
・ルーナGNSS/USB(1Hz)
を使ってみます。




ルーナGNSS/USB(1Hz) の通信速度は、USB接続の場合で、
・9600bps
です。
 
結果→COMの自動認識で接続OKでした。
みちびき衛星の193番もしっかりと受信しています。



ルーナGNSS/USBのNMEA出力にも、 注意すべき点がありました。

ルーナGNSS/USBは、GPSとGLONASSに対応した本格的なGNSSレシーバなので、 できるだけ詳しい情報を出力しようとしています。

GNSS測位結果は、トーカ:GNのRMCで出力します($GNRMC)。
更に、GPS衛星の測位結果をトーカ:GPのGGAで出力します($GPGGA)。




従って、QGISの測位結果は、GNSS($GNRMC)から取得しているのか、 あるいはGPS($GPGGA)から取得しているのかはっきりしません。

そこで、この点をもう少し調べてみましょう。


■EasyUbx88
・EasyUbx88
は、NMEAの出力トーカを自由に設定出来るので、 こうした調査には便利です。




デフォルトで、接続OKを確認した上で、 トーカを変えて試してみます。

◆GNSS(トーカ:GN)

結果→COMの自動認識で接続OKでした。



◆GLONASS(トーカ:GL)

結果→接続NGでした。



◆Galileo(トーカ:GA)

結果→接続NGでした。



◆BeiDou(トーカ:GB)

結果→接続NGでした。



まとめると、QGISのGPS/GNSS対応は、以下のとおりとなります。
マルチHz出力に対応。
 但し、表示は1秒更新
・GPSおよびGNSS測位に対応。
 但し、トーカは、GPおよびGNにのみ対応。



QGISは、GPS以外にGNSSにも対応しており、ログ記録もしっかりしているので、 色々な用途に使用できそうですね。




X. QGIS対応GNSSレシーバ一覧


EasyUbx88
最大18Hz出力
[GPS/GLONASS/BeiDou/みちびき対応]
【u-bloxM8搭載】




メテオGNSS/RS
[GPS/GLONASS/みちびき対応]
【MT3333搭載】

テセオGNSS/USB
[GPS/GLONASS対応]
【STmicroチップセット搭載】

サターン19x
最大10Hz出力
[GPS/GLONASS/みちびき対応]
【Garmin社製】

Y. QGIS対応USB接続GPSレシーバ一覧


エクストリーム818xt
最大10Hz出力
Bluetooth/USB接続
【電波法認証済】



DL-エクストリームSports
最大10Hz出力
Bluetooth/USB接続
【電波法認証済】

アンタレス6/USB
最大2Hz出力




コメットUSB/4*GS
【SiRF StarIV搭載】


パソコンGPSショップ
パソコンGPSニュース編集部

〒328-0024 栃木県栃木市樋ノ口町396-1
株式会社SPA GPS/ITセンター
TEL:0282-20-0620, FAX:0282-20-0621
https://www.spa-japan.co.jp/
https://www.rakuten.co.jp/gps/
https://www.facebook.com/pages/Gps-Concierge/
E-mail:gps@spa-japan.co.jp

Copyright(c) 2018 SystemProducerAssoicateCorpretion All Right Reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-10-27  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。