生活情報

地球再生

「地球再生」という言葉をキーワードとして、「自己開発」「地球環境」「経済システム」「出会い」等々についての探究によって見えてくる、様々な想いと気づきと情報を、型破りに分かち合っていきます。

全て表示する >

地球新生47 井上祐宏の初の著作!出版決定!

2005/09/04

------■---------------------------------------------------------------
------■--------◎不定期発行◎『地球再生 』改め『地球新生』------------ 
------■------------経済、愛、そしてライフワークの実現。---------------
------■◆■■----それらの彼方に見えてくる「地球新生」のビジョン。-----
■----■----「地球新生」という公案を通して繰り広げられる「意識の冒険」-
------■-----------それは、まだ見ぬあなたへのラブレター----------------
------■---------------------------------------------------------------
-------------------2005/9/04 Vol.47----------------------
-----------◇http://www.sun-inet.or.jp/~yuto◇--------------
-----------------------------------------------------------------------
目次
●購読者の皆様へ  

●井上祐宏著「オレが幸せになった七つの方法ー七日間で絶対に開運できるプログラム」
出版物語 その一

●波動医学連続講義2 Vol.4「建築医学による住宅革命最前線」9月8日(木)開催!  

●後書き
------------------------------------------------------------------------------
●購読者の皆様へ 
大変ご無沙汰です。井上です。8月7日より23日まで、インドに行ってきました。
なんと14年ぶりのインド。
私が20代の前半に師事したインド人瞑想家からの誘いに、三年かかって応えること
ができたのです。 

ブログにてインド旅行記と風水住宅の内装造作工事の様子をアップしています。
ご高覧下さい!
http://ameblo.jp/fusuihome/

今週の木曜日は、建築医学についての松永師の講演です。
貧困こそ最大の病気であり、その病に果敢に、真正面から対決する建築医学。
その全貌がいよいよ明らかになるのです。
現状にあぐらを掻いている住宅業界、不動産業界、そして医学界に松永師が投げかける
挑戦状!
それが建築医学なのです。
これも歴史的な講義となること間違いなし!必見です!

そ・し・て
いよいよ私の初めての著書が10月20日頃出版されます。

この本が出版されるまでのイキサツなど、ご紹介しましょう!

●井上祐宏著「オレが幸せになった七つの方法ー七日間で絶対に開運できるプログラム」
出版物語 その一

 まずこのタイトル、見てどう思われますか?
 「オレが幸せになった七つの方法」・・・。

 私がこんな名前の本を書店で見かけたら、

 ふざけんな!
 お前がどうなろうと知ったことか!

 という感慨を持つと思います。
 つまり、私がこのタイトルを考えたのではないのです。

 今年の三月六日の波動医学協会設立イベントが終了し、その疲れを癒すのと家族サービス
も兼ねて、私は二泊三日の旅行に妻と二人で出ました。
 そして最終日に、山梨県にある風水温泉に行ったのです。
 富士を眺めながら、湯に漬かり、冷温浴を繰り返していたら、私の中にふつふつと湧き出て
きた思いがありました。それは
 「自分の本を出そう!」という思いでした。

 仕事は多忙を極めていますが、やはり自分自身の本を出したい、そうしみじみ思ったのです。
 これをしないと自分自身に対して納得がいかない!とも思いました。

 そして五月の一日に初めて、出版が成就している未来の自分に手紙を書いたのです。
 すると、物事がとんとん拍子に進んでいきました。

 出版社は私が十数年来の付き合いのあるBABジャパンという出版社の社長が快諾してくれて
決定です。

 そして、ある友人から「こういう本はイラストで決まる」と言われました。
 そこで知人の編集者に相談してみたところ、「僕の知り合いのイラストレーターに聞いて
みようか?」と言ってくれたのです。
 私は「まず原稿を良かったら読んでみて、それで気に入ってくれたらぜひお会いしたい」
と言いました。
 原稿をメールで送ると、そのイラストレーターの女性が「やってみてもいい」との返事。
 そこで私はその編集者の知人と一緒に、イラストレーターの務める会社のオフィスを訪ねた
のです。
 その会社の社長の浅野さんとは私も面識があり、私と知人とイラストレーターの女性(ルネ
さんと言います)と浅野さんの四人でああだこうだのミーティングとなりました。

 私が色々と面白い話をしていると、ルネさんはなぜか非常に嬉しそうでした。
 どうも私のエネルギーを感じてくれたようでした。そして気に入ってくれたようなのです。

 そしてタイトルについての話題となりました。
 その頃の仮のタイトルは「素晴らしい未来があなたを待っているー七日間絶対開運プログラム」
でした。
 三人とも「タイトルが弱いねー」とのご意見。
 「極端な話、内容とあんまり関係なくてもインパクトのあるものにしないと・・・」
と言われました。
 「じゃー、どんなタイトルだったらいいですかねー」と私。
しばらく、ああでもない、こーでもない、といった会話が続いた後に、ルネさんの口からぽろりと
零れ落ちたのが、この言葉でした。

「オレが幸せになった七つの方法」

この言葉を聞いたとき、私は言葉を失いました。

オレがそんなタイトルの本を出すわけ???

正直、恐怖のどん底に叩き落されました!
そんな名前の本を出したいとはまったく思いませんでした。
しかし、ルネさんは、私のエネルギーを感じて、この言葉が出てきたのです。
そこで私は改めて思いました。

もしかしたら、オレ、幸せそうに見えるのかなー。

後でいろんな人に確認すると、みんな、「井上君は幸せそうだよ」と言うのです。

そして、人に対していつも過激な挑戦状を叩きつけるようにして生きている私に、逆に叩きつけ
られた挑戦状がこのタイトルなんだ!という気になってきたのです。

出版社の社長にも、監修者である松永師にも、誰に相談しても「うん、いいタイトルだ」と
言われてしまい、結局このタイトルになってしまったのです。

(続く)

 
●波動医学連続講義2 Vol.4「建築医学による住宅革命最前線」9月8日(木)開催!   

■講義内容:
風水術とは東洋医学から派生した住まいの東洋医学です。それは住まうことの智恵と
哲学でもあります。この風水術と波動医学を融合させ、さらには環境生理学・環境心
理学・精神神経免疫学の最新の知見を統合することによって生まれたのが「建築医学」
です。
現在、当協会は建築医学の実践・普及・啓蒙による不動産業界・住宅業界の革命に取
り組んでいます。なぜなら建築医学によって、未病医学はまさに現実のものになるか
らです。
建築医学が教える「絶対にしてはいけない住宅の建て方・住まい方」そして「健康と
幸福と開運をもたらす住宅の創り方」について最新の医学的知見をまじえてお話した
いと思います。

■講師:松永修岳(国際風水科学協会会長)
■日時:9月8日(木)午後七時〜八時半
■定員:80名
(定員になり次第閉め切らせて頂きます。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい)

■会場:通常使用しているIHMセミナールームと違います。お気をつけ下さい。
ベルモンテホテルB1F「桜の間」〒111-0052 東京都台東区柳橋1-2-8 
TEL:03-3864-7733 FAX:03-3864-7732
(総武線: 浅草橋駅東口より徒歩2分。都営地下鉄浅草線: 浅草橋駅A1出口より
徒歩2分)
http://www.belmonte-hotel.co.jp/map/index.html

■申し込み方法
下記HPよりお申し込み下さい。
http://www.broadfilm.net/hadou2/

●後書き
 久しぶりのメルマガ発行です。
 弾けた仲間が集う、出版記念パーティーも計画中です!
 請う、ご期待!

---------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは下記の発行所より不定期発行しています。

まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
melma!(http://www.melma.com/)
RanSta[ランスタ](http://my.ransta.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-06-16  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。