文学

メール de あ〜す★

主にEARTH☆の創作物語を配信していきます。ファンタジーや童話が多そうです。
また、主催する投稿型サイト「文豪@Cafe」の新着情報も配信します。

全て表示する >

メルあす★ 33号♪

2006/05/15

★☆メール de あ〜す☆★
♪第33号♪

こんにちは。EARTH☆です。
「ひとり言」に書いていたように、Himeのデータを失くしてしまっていました。
が、無事見つかりましたので更新です。よかった…。

☆★本日のメニュー★☆*********

☆お話.com関連☆

♪連載物語「Hime」の先行発表


********************



■□「Hime」□■
********************
果てがないとも言われる湖の湖畔。そこには湖の恵みで栄えている、街がありました。
そんな平和な街での、名家の娘と漁師の息子の物語…
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
お話.comの連載物語Himeの続きを一足お先に…。

「うわ、最悪だ。スパンと一緒になった。」
サリスタが頭を抱えて言った。それにルカスがにやりと笑って口を挟んだ。
「対戦するかどうかはわからないけどね。君が予選の決勝まで行って、スパンにたどり着けば別だけど。」
サリスタはそれにむっとして、ルカスを小突いた。
結果としては、第一組がサリスタとスパンとイーバ、第二組にリュサック、第三組にガルとラスティン、飛んで第五組にヘルン、第八組にティーダとなっていた。イーバ、リュサック、ヘルンは今回の賭けに参加するラスティンの友人である。
「俺なんてラスティンと一緒だ。」
ガルはこの偶然にため息をついた。今朝の夢は正夢だったのかもしれない。 
まもなく、選手は待機するようにとの案内があり、友人同士お互いの健闘を祈った後、それぞれのブロックに散って行った。残ったルカスとサミィは、それぞれのブロックを回って、できるだけ仲間の試合を見るつもりでいた。人混みの中、すべてのブロックのクジの結果を見て回るのはなかなか骨が折れたが、この人の多さも例年通りなら始まる前までだ。予選が始まってしまえば、皆それぞれどこかに落ち着くので、動きやすくなるはずだった。

「何の人だかりかと思ったら、どうやら剣術を競い合う大会があるようですよ。」
旅装束で腰に刀を下げた若者が、隣の年配の男に話しかけた。
「それにしてもすごい盛り上がりですね。」
年配の男は言った。
「これだけ平和な国だ。日常にこれといって刺激がないのかもしれない。それほどの幸せはないのだが…。だから、こういった試合はとても興奮するのではないかな。」
「どうです、カンダス隊長。見ていきませんか?ほら、もしかしたら姫君が見つかるかもしれませんし…。」
カンダスと呼ばれた年配の男は、難しい顔で若者を睨んだ。若者の名前はクロエと言った。
「そんなものを見ていたところで判断はできないと思うが。近くにいらっしゃるとは限らないのだから。」
異国の言葉を話しながら歩く二人を、道行く人々はものめずらしげに振り返って見た。そして、刀を下げているのを見て、ああなるほど、という顔をして去って行く。旅人にとっては、振り返られるたびになんとなく極まりが悪かった。かといって、噂の種の一つである刀を宿に置いていこうにも、危険なものであり、貴重なものでもあるので、そういうわけにもいかなかった。この国に着いて、その到着の瞬間から、刀を持っているというだけで目立つこと甚だしい。身を守る道具を持ち歩かなくて良いというのは、この二人の旅人にとって予想外のことだった。もともとコソコソする気はなかったが、この地域の人たちの注目の的になるのは、あまりいい気持ちはしなかった。


続く…

********************





■□注意!!□■
 このメルマガはもちろん携帯メールでも受信できますが、文字数が多くなると本文すべてを受信できない可能性もあります。ご注意下さい。

 著作権はEARTH☆にあります。
無断転載等は一切禁止です。
 文豪@Cafe内の作品の著作権は、各著者にあります。
無断転載等は一切禁止です。


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

お話.com
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=douwacom

文豪@Cafe
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=bungoucafe

お問い合わせ
 tea_room512@mail.goo.ne.jp
(件名にメルマガについての内容であることを明記して下さい。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。