文学

メール de あ〜す★

主にEARTH☆の創作物語を配信していきます。ファンタジーや童話が多そうです。
また、主催する投稿型サイト「文豪@Cafe」の新着情報も配信します。

全て表示する >

メルあす★ 31号♪

2006/03/17

★☆メール de あ〜す☆★
♪第31号♪


こんにちは。EARTH☆です。
暖かかったり、寒かったり、晴れたり、雨が降ったり・・・。季節の変わり目と言う感じです。
「三寒四温」私、この言葉好きです。

☆★本日のメニュー★☆*********

☆お話.com関連☆

♪連載物語「Hime」の先行発表


********************



■□「Hime」□■
********************
果てがないとも言われる湖の湖畔。そこには湖の恵みで栄えている、街がありました。
そんな平和な街での、名家の娘と漁師の息子の物語…
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
お話.comの連載物語Himeの続きを一足お先に…。

ティーダの剣術の稽古は、幼少の頃から父が見ていた。最低限の護身術は身につけなければならないだろうという理由からだ。スティシュリーはもともとクルルの生まれではなく、外から来た人間であるので、その剣術はクルルの人間にとって少々風変わりだったらしい。美しく洗練されたクルルの型とは、あらゆるところで異なっていたので、「型の美しさ」という点でティーダはかなり劣ったし、また普段慣れない型を使おうとするため、どうしても動きも鈍くなるのだった。
「レーティは明日はパーティの準備で忙しいのかな?」
スティスリーがレーティに聞いた。レーティはうなずいた。
「ええ、朝から家に缶詰だと思うわ。だから余計に心配なの、試合を見守ることができないんだもの。遠くから勝利を祈ることにするわ。」
レーティはそれからしばらくランデルロ家にいて、ティーダに大会についていろいろと聞いていたが、夕飯時になるとティーダに送られて屋敷に帰っていった。


続く…

********************





■□注意!!□■
 このメルマガはもちろん携帯メールでも受信できますが、文字数が多くなると本文すべてを受信できない可能性もあります。ご注意下さい。

 著作権はEARTH☆にあります。
無断転載等は一切禁止です。
 文豪@Cafe内の作品の著作権は、各著者にあります。
無断転載等は一切禁止です。


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

お話.com
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=douwacom

文豪@Cafe
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=bungoucafe

お問い合わせ
 tea_room512@mail.goo.ne.jp
(件名にメルマガについての内容であることを明記して下さい。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。