文学

メール de あ〜す★

主にEARTH☆の創作物語を配信していきます。ファンタジーや童話が多そうです。
また、主催する投稿型サイト「文豪@Cafe」の新着情報も配信します。

全て表示する >

メルあす★ 28号♪

2005/12/23

★☆メール de あ〜す☆★
♪第28号♪

こんにちは。EARTH☆です。
もうすぐクリスマス★
ほのぼの童話「売れないぬいぐるみ」が、一年に一度旬になる時期です。

もし読んだことがない方がいらっしゃいましたら、クリスマスな童話、一度読んでみて下さい♪

☆★本日のメニュー★☆*********

☆お話.com関連☆

♪連載物語「Hime」の先行発表


********************



■□「Hime」□■
********************
果てがないとも言われる湖の湖畔。そこには湖の恵みで栄えている、街がありました。
そんな平和な街での、名家の娘と漁師の息子の物語…
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
お話.comの連載物語Himeの続きを一足お先に…。

ティーダはそれにため息でこたえると、想定外にも出場することになってしまった大会の準備の為に、家に帰ることにした。
祭りの日のまだ明るい時間に家に帰るのは不本意ではあったが、刀と防具を用意しなければならない。刀のありかはわかっているけれども、防具は去年使ったまましまいこんでいたので、どこにあったかもよく覚えていないし、油をさす必要もありそうだった。
ルカスは相手をしてくれる友人がいなくなったので、楽団仲間のところに遊びに行くと言って、ティーダと別れた。

ところで、湖岸にできていた長蛇の列も、神官たちの大変効率の良い手腕により、滞ることなく進んでいた。残念ながら、次々と最後尾につく人々かいるので、列の長さ自体はさして変化がないのだが。レーテイたちはようやく最前列まで到達すると、軽食程度の料理を受け取った。それは、様々な野菜をパンにはさみ、野菜や肉などを煮込んで作る特製のソースをそのパンにたっぷりとかけた、リッキィというクルルの家庭料理だった。パン全体にソースをかけるために、手掴みで食べることはできず、フォークやナイフを用いて、しっとりとソースをしみ込ませたパンを具とともに食べる。立って食べることを想定して、すでにパンが切ってあった。


続く…

********************





■□注意!!□■
 このメルマガはもちろん携帯メールでも受信できますが、文字数が多くなると本文すべてを受信できない可能性もあります。ご注意下さい。

 著作権はEARTH☆にあります。
無断転載等は一切禁止です。
 文豪@Cafe内の作品の著作権は、各著者にあります。
無断転載等は一切禁止です。


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★

お話.com
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=douwacom

文豪@Cafe
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=bungoucafe

お問い合わせ
 tea_room512@mail.goo.ne.jp
(件名にメルマガについての内容であることを明記して下さい。)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。