語学

「カフェで韓国語 『おしゃべり』がペラペラへの近道!」

「おしゃべり韓国語」メール講座、CAFE COREAの人気講師ランキング、
おすすめ講師の最新情報をはじめ、
CAFE COREA主催のイベント情報、韓国エンタテイメント情報など
バラエティにとんだ情報を提供致します。

全て表示する >

「カフェで韓国語 『おしゃべり』がペラペラへの近道!」

2005/08/02

◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆
◆◆
◆      カフェで韓国語『おしゃべり』がペラペラへの道! 
◆             2005年8月2日 第43号 
◆◆
◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆

       「韓流」+「語学」の耳より情報『カフェ・コレア通信』
             http://www.cafe-corea.com

――――――――――――――――――――――――――――――

─[PR]───────────────────────────

        「韓国ビジネスといえばCCLP」を目指し、
    cclp(CAFE-COREA Learning Program for company)
          サイトオープン、サービス開始!
             http://www.cclp.biz

            詳しくは下をご覧下さい!

───────────────────────────[PR]─

 ★――――――――――――――――――――――――――★

  ◇ごあいさつ

  東京は1週間続けての真夏日だそうです。
  暑いですねぇ。

  去年の東京よりはマシという方もいらっしゃいますが、
  私、去年の夏はまだ韓国にいましたので・・・

  私はもう、気合だけで乗り切ることにしました。
  1ヶ月もすれば秋ですよ。頑張りましょう。

  それでは今日もよろしくお願いいたします!

 ★――――――――――――――――――――――――――★


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆こんな報道を見つけました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝鮮日報からです。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
韓国でこのような事件が起こり、大騒動になっているとか。


【特集】前代未聞の生放送中の性器露出事件
http://japanese.chosun.com/site/data/category/shock/shock-0.html


要約すると、生放送で出演者が衣服を全部脱いでしまって、
それが地上波に乗っかってしまってお茶の間パニックという話です。

前代未聞ということなので、このようなことが
以前にはなかったということになるのでしょう。

警察も動き、ネットでも非難、批判、抗議が相次いでいるとか。


日本でも笑福亭鶴瓶さんがかつて生放送中に露出し
20年以上テレビ東京から「追放」されていたということもありましたが、
懲りずに24時間テレビなどで放送禁止すれすれの
行為をしていらっしゃいます。

最近はこのようなことが多くなってきたからか、
日本のテレビでは笑って済ませてはい終わりという雰囲気が
なくもありません。


しかし、韓国の場合はまったく別です。
性の部分に関してかなりタブーな面が強いです。

勢いとはいえ、生本番中にこのようなことをしてしまうと
今後の人生に影響するほどの十字架を背負うことになります。

韓国No1の新聞でも、特集を組んでいるほど、
韓国内では現在、この問題が高い関心を集めています。


今後どうなるのか、少し注目してみたいと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ソウル大で行われたKBSのど自慢公開放送
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうずいぶん前の話になります。

2000年の秋ごろだったと記憶していますが、
KBSのど自慢の公開放送が、ソウル大学体育館で行われました。

ソウル大という場所は、もともとゴルフ場だった場所をつぶして作った
広大な敷地を持った学校です。

なので、このような大きなイベントがよく行われています。
2003年には韓国では有名な「大学歌謡祭」という番組の
公開放送も行われ、夜遅くまで私の自宅まで音が聞こえてきていました。


この時、私は留学生というのは明らかに狭い世界だな、と
実感した次第でございます。

日曜午後12時15分(どっかで聞いたことのある放送時間帯ですね笑)に
たまたま何もすることがなく、ボーっとテレビを見ていました。

すると、今日の会場はソウル大。

へぇ、語学研究所の隣のあの体育館かぁ、なんて思いながら
昼食をとりつつ、ボーっと見ておりました。


そこに、アナウンサーが
「ソウル大ではたくさんの留学生が学業に・・・」などと言い始めました。


そうね。留学生多いもんね。留学生に歌わせるのかな。
なんて思っていましたところ、出てきたのは私の知り合い。
ちなみに、日本人です。


その時、私は思いました。

ただでさえ、狭い世界。
全国中継に乗るようなことはやめておこう。



それから、3年後。
私は、KBSの討論番組にゲストで出演したことがあります。

映ったのは1分半くらいでしたが、
放送終了後に電話が鳴り止まなかったことは言うまでもありません。


やっぱり思いました。


行動は控えめに!笑


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆CAFE-COREA法人向けサービス「cclp」サイトオープン!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「韓国ビジネスと言えばCCLP」を目指し、
2005年7月、法人向け韓国語総合サービスを提供する
「cclp(CAFE-COREA Learning Program for company」が
サイトオープン、サービスを開始いたしました。

http://www.cclp.biz

日韓ビジネスパーソンに有益なサービスと
日韓ビジネス最新情報を提供するcclp。

企業団体向けのビジネス韓国語コースや、
福利厚生としてのビギナー韓国語コース、
学校向けの修学旅行コース、センター試験対策コース等、
韓国語レッスンはもちろんのこと、
通訳・翻訳、キャスティングサービス等も展開。

また、韓国ビジネスのキーパーソンに
cclp代表・星山がインタビューするコーナー
「cclp PEOPLE」なども連載する予定です。

韓国ビジネスの第一歩として、cclpをどうぞご活用下さい。


cclp ホームページ
http://www.cclp.biz



――――――――――――――――――――――――――――――

 ★――――――――――――――――――――――――――★

  ◇編集後記

  連日暑い日が続いております。
  エアコンのつけっぱなしはよくないので、
  たまには外に深呼吸しに出ましょう。

  それではまた明日! あんにょーん!

 ★――――――――――――――――――――――――――★


CAFE-COREA ホームページ
http://www.cafe-corea.com


虎といえばこの方! 南原社長コラム「My Korean Days」
http://www.cafe-corea.com/nambara.html


CAFE-COREA スタッフ日記
http://www.cafe-corea.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=cafe

CAFE-COREA協力店一覧
http://www.cafe-corea.com/cooperation.html


最近のマスコミ掲載記事
6月17日 TOKYO FM Supreme
http://www.cafe-corea.com/media2005_html/media_detail05_19.html

6月17日 日本経済新聞夕刊
http://www.cafe-corea.com/media2005_html/media_detail06_16.html

6月13日 フジサンケイ・ビジネスアイ
http://www.cafe-corea.com/media2005_html/media_detail05_18.html



makalu inc. 社長 blog
http://plaza.rakuten.co.jp/makalu

Masaの「韓国語のツボ」
http://masacorea.livedoor.biz


CAFE-COREAの今すぐ使える韓国語
http://www.cafe-corea.com/korea.html

CAFE-COREA法人向け韓国語レッスンサービス
http://www.cafe-corea.com/corporation/contact.html

CAFE-COREA 六本木ヒルズ韓国語特別講座ページ
http://www.cafe-corea.com/hiruzu.html



CAFE-COREA運営
有限会社 マカルー
片桐  corea@cafe-corea.com
【営業所】〒105-0021 東京都港区東新橋2−18−3 ルネパルティーレ汐留1104
【連絡先】TEL:03-3435-8788 FAX:03-3435-8283

  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-01-17  
最終発行日:  
発行周期:月2-4回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。