語学

「カフェで韓国語 『おしゃべり』がペラペラへの近道!」

「おしゃべり韓国語」メール講座、CAFE COREAの人気講師ランキング、
おすすめ講師の最新情報をはじめ、
CAFE COREA主催のイベント情報、韓国エンタテイメント情報など
バラエティにとんだ情報を提供致します。

全て表示する >

「カフェで韓国語 『おしゃべり』がペラペラへの近道!」

2005/08/01

◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆
◆◆
◆      カフェで韓国語『おしゃべり』がペラペラへの道! 
◆             2005年8月1日 第42号 
◆◆
◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆

       「韓流」+「語学」の耳より情報『カフェ・コレア通信』
             http://www.cafe-corea.com

――――――――――――――――――――――――――――――

─[PR]───────────────────────────

        「韓国ビジネスといえばCCLP」を目指し、
    cclp(CAFE-COREA Learning Program for company)
          サイトオープン、サービス開始!
             http://www.cclp.biz

            詳しくは下をご覧下さい!

───────────────────────────[PR]─

 ★――――――――――――――――――――――――――★

  ◇ごあいさつ

  アンニョンハセヨ!

  さあ、8月になりました。夏真っ只中ですね。
  でも考えてみると、夏の暑いのって1ヶ月ちょっと位なんですよね。

  4ヶ月近くも寒いままの冬に比べたら短いんですけど、
  長く感じるのはなぜなのでしょうか?

  とにもかくにも、8月も頑張って乗り切っていきましょう!

  よろしくお願いしまーす!

 ★――――――――――――――――――――――――――★


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆韓国のお仕事の話。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある会社に行った時、こんなフレーズを見ました。


「公私の峻別」


会社にプライベートは持ち込まず、
仕事が終わったら仕事場の関係をプライベートに持ち込まない。

最近の日本の会社では普通に言われることです。


韓国は違います。

韓国には会食という習慣があります。
普段できないような仕事の話をしに
会社のお金でお酒を飲んだり、食事に行くのです。

これは仕事の延長で行くものなので、
仕事場の関係がそのまま飲み会の席に持ち込まれます。

というわけで、上下関係が非常に厳しい韓国。
お酒も飲むところを隠すように体をひねって飲まなければなりません。
タバコを吸うこともできません。

しかし、この会食というのが非常に重要で、
このような席で、社運を賭けたような大事な商談が成立することも。

ちなみにこの飲み会、時間の制限がありません。
なので、終電を忘れて明け方までということもしばしば。

社員の皆さんは、次の日の朝、ケロッと出社してきます。

韓国人の体力には本当に脱帽です。


「公私の峻別」


これがいいのか悪いのかは、分かりません。
しかし、人とのつながりを大事にする韓国では
これくらいの方がいいのかもしれませんね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆羽田−金浦便、今日から増便です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前、こちらでもお話いたしました、
羽田−金浦便の2倍に増便になる話。


本日から始まりました。


本日から韓国出張のCAFE-COREA代表の星山が
早速羽田空港から夕方7時の飛行機で韓国に飛びます。


今までは、最後の飛行機が3時くらいでしたでしょうか。
これからは夕方少し遅い時間からでも
都心から韓国にいけるようになります。

非常に便利になりました。

南関東に皆様、ぜひぜひご利用下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ブログな日々。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は勝手ながら、私片桐が運営しているブログについての
簡単な紹介をさせていただこうと思います。

Masaの「韓国語のツボ」などと題しまして、
韓国語について、さまざまな内容を扱っております。

URLはこちらになります。
http://masacorea.livedoor.biz

最近は、もっぱら音声付韓国語講座を行っております。
おそらく役に立つであろう、韓国語から、
本当に役に立つの?という韓国語まで、幅広く扱っております。

もちろん、教科書に載っているものも扱っていますが、
教科書になく、面白く、学校では習えないものを多く扱おうと、
連日更新させていただいております。

もしよろしければ、韓国語を耳から学ぶということで、
覗いていただければ幸いです。


Masaの「韓国語のツボ」
http://masacorea.livedoor.biz



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆CAFE-COREA法人向けサービス「cclp」サイトオープン!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「韓国ビジネスと言えばCCLP」を目指し、
2005年7月、法人向け韓国語総合サービスを提供する
「cclp(CAFE-COREA Learning Program for company」が
サイトオープン、サービスを開始いたしました。

http://www.cclp.biz

日韓ビジネスパーソンに有益なサービスと
日韓ビジネス最新情報を提供するcclp。

企業団体向けのビジネス韓国語コースや、
福利厚生としてのビギナー韓国語コース、
学校向けの修学旅行コース、センター試験対策コース等、
韓国語レッスンはもちろんのこと、
通訳・翻訳、キャスティングサービス等も展開。

また、韓国ビジネスのキーパーソンに
cclp代表・星山がインタビューするコーナー
「cclp PEOPLE」なども連載する予定です。

韓国ビジネスの第一歩として、cclpをどうぞご活用下さい。


cclp ホームページ
http://www.cclp.biz



――――――――――――――――――――――――――――――

 ★――――――――――――――――――――――――――★

  ◇編集後記

  皆さん、体には十分気をつけてください。
  暑い時に風邪を引くほどひどいことはありません。

  私も気をつけなければ・・・

  それではまた明日お会いしましょう。

  あんにょーん!

 ★――――――――――――――――――――――――――★


CAFE-COREA ホームページ
http://www.cafe-corea.com


虎といえばこの方! 南原社長コラム「My Korean Days」
http://www.cafe-corea.com/nambara.html


CAFE-COREA スタッフ日記
http://www.cafe-corea.com/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=cafe

CAFE-COREA協力店一覧
http://www.cafe-corea.com/cooperation.html


最近のマスコミ掲載記事
6月17日 TOKYO FM Supreme
http://www.cafe-corea.com/media2005_html/media_detail05_19.html

6月17日 日本経済新聞夕刊
http://www.cafe-corea.com/media2005_html/media_detail06_16.html

6月13日 フジサンケイ・ビジネスアイ
http://www.cafe-corea.com/media2005_html/media_detail05_18.html



makalu inc. 社長 blog
http://plaza.rakuten.co.jp/makalu

Masaの「韓国語のツボ」
http://masacorea.livedoor.biz


CAFE-COREAの今すぐ使える韓国語
http://www.cafe-corea.com/korea.html

CAFE-COREA法人向け韓国語レッスンサービス
http://www.cafe-corea.com/corporation/contact.html

CAFE-COREA 六本木ヒルズ韓国語特別講座ページ
http://www.cafe-corea.com/hiruzu.html



CAFE-COREA運営
有限会社 マカルー
片桐  corea@cafe-corea.com
【営業所】〒105-0021 東京都港区東新橋2−18−3 ルネパルティーレ汐留1104
【連絡先】TEL:03-3435-8788 FAX:03-3435-8283

  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2005-01-17  
最終発行日:  
発行周期:月2-4回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。