日記・blog

Qの日記セレクト

30代後半サラリーマン汐菱Qの日記の中から、外に出しても恥ずかしくないもの(^^;を厳選してお届けします。雑学・薀蓄、人生の教訓などが得られる!かも?

全て表示する >

Qの日記セレクト 第634号 2006年01月24日(火)

2006/01/27

-


===== Q's diary select =================================================

              Qの日記セレクト

           第634号 2006年01月24日(火)
========================================================================


■目次++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 ●2006年1月16日(月)の日記
 ●読書感想文コーナー『イデアの洞窟』
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


========================================================================
★2006年1月16日(月)の日記
------------------------------------------------------------------------

  昨今の、子どもを狙った卑劣な犯罪が頻発している状況を鑑み、我が町の
 小学校でも、集団登校を実施するとともに、保護者による通学路の監視を
 行っている。

  保護者が順番に通学路の要所要所に立つのであるが、今朝は我が家の番で、
 私が行って来た。

  腕章を着け、担当する場所に立つ。ん。今朝はそれほど寒くない。

  7時55分頃から立つのだが、集団登校なので、なかなか誰も登校して来な
 い。

  ほどなく、保育園へ向かう妻と次男の自転車が通りかかった。次男は私に
 気付くと、にこっと笑って手を振って行った。

  犬の散歩をしている近所のお婆さんから挨拶された。たぶん知らないお婆
 さんだが、私も『おはようございます』と挨拶した。吐く息が白い。おそら
 く毎朝違う人が腕章をしてここに立っているので、毎朝挨拶しているのだろ
 う。

  若い女性が2人続けて私に挨拶して学校の裏門の方に向かって行った。先
 生だろうか?

  長男の担任は、1、2年生のときがおばさん先生で、3年生の今は男の先
 生。若い女性の先生もいるんだなあ。なんで長男の担任にならないのかなあ。

  そうだ、4月から次男も1年生だから、若い女性の先生に当たる確率は2
 倍になるじゃん。期待期待。なんてくだらないことを考えつつ……。

  8時を5分も過ぎた頃になると、集団登校の子どもの行列が来るように
 なった。『おはよう』と声をかけた。向こうから先に『おはようございます』
 と言って来る子どももいれば、こちらが言えば返事をする子もいるし、無反
 応な子もいる。

  挨拶をして気付いたのは、かなり大きな声を出さないと、聞こえないとい
 うこと。最近はこういうシチュエーションがないので、なかなか大きな声が
 出ない。子ども達の声も聞こえ難い。

  3つか4つの集団が通り過ぎ、その中の1つに長男も混ざっていたが、最
 後尾にみどりのおじさん(?)がいて、『こっち方面はこれで終わりです』
 とのこと。お疲れさまでした。

  こういう地域の交流って、いいよね。みんなが挨拶するようなフレンドリー
 な地域であれば、変な犯罪も起こらないだろうし。

  ときどき自主的にみどりのおじさんみたいなことをしている人がニュース
 になったりするけど、私も明日からも毎日立ちたいなあ、と思ったりして。


  今日はお友達と新年会。もう16日で、遅いけど、僕としては今年初めての
 お酒(家での晩酌を除く)なので、新年会。楽しかったよ。

  生ビール大ジョッキ、青りんごサワー、ジントニック、水、生グレープフ
 ルーツサワー。まあ、飲む酒なんて、なんだっていいんだよ。


  昨年の今日の日記⇒ http://cobc.jp/n200501b.html#16


  ----------------------------------------------------------------

  すみません。m(_ _)m 3日遅れの配信となりました。

  ♪3日〜、遅れ〜の〜、便り〜を〜の〜せ〜えて〜



---[ PR ]---------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━★ デジカメからコンポ、金券まで・・・
 ☆フルーツメール☆  ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━★   人気の賞品がズラリ勢ぞろい!
毎日懸賞好評実施中! ★  毎週日曜日締切!詳しくは下記まで!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UFSHM+3C9KZ6+2U8+5YRHF
------------------------------------------------------------------------
≫≫ 急な出費でも安心!“モビット”10秒で審査結果を表示します ≪≪
 ┏────┓ ┌◆ 限度額最高300万円
 │★特長★│ ├◆ 年利15.0〜18.0%(実質年率)+入会金・年会費無料
 ┗────┛ └◆ ネットから簡単なお手続きでお客様の口座へお振込も可能
詳しくは→ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UFSHT+1XNQK2+1I6+15WHK3
---------------------------------------------------------------[ PR ]---


========================================================================
★読書感想文コーナー
------------------------------------------------------------------------

 『イデアの洞窟』ホセ・カルロス・ソモザ/風間賢二(文藝春秋)

  汐菱Qのオススメ度:☆☆☆☆★(星5つのうち4つ)

  『週刊文春』2004ミステリーベスト10海外部門第9位。イギリス推理作家
 協会最優秀長篇賞受賞作。


  この本は、古代ギリシアの匿名作家がパピルスに記した推理小説『イデア
 の洞窟』を、モンターロという人物が編纂したものを、『わたし』がスペイ
 ン語に翻訳したものを、ホセ・カルロス・ソモサが書いた推理小説『イデア
 の洞窟』を、ソニア・ソトが英訳したものを、風間賢二が日本語訳したもの
 です。

  何段もの階層構造をしているというか、変換が行われている訳ですが、さ
 て、どこまでがフィクションで、どこからが現実でしょうか?

  もちろん、そんなことは、ちょっと考えれば、すぐにわかることです。で
 も、読んでいると、きっと、間違えてしまうでしょう。

  おもしろい本でした。


  この本を、Amazon.co.jpで買う
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?path=ASIN/4163231900&link_code=as2&camp=247&tag=kk2001yji-22&creative=1211

  楽天ブックスで買う
http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/01385fc8.99bd11e1/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1692919/


========================================================================
●『Qの日記セレクト』 第634号 2006年01月24日(火)(週2回(火・金)発行)
前号の発行数:630部(全発行システム合計)
発行責任者 :汐菱 蚯 mailto:cobcq@hotmail.com
Copyright(c) 2006 汐菱 蚯, All rights reserved. 禁無断転載
発行システム:まぐまぐ http://www.mag2.com/    マガジンID:0000022457
        melma! http://melma.com/      マガジンID:00014055
        RanSta http://ransta.jp/      マガジンID:00000687
     メルマガ天国 http://melten.com/     マガジンID:3815
      めろんぱん http://www.melonpan.net/  マガジンID:000565
      E-Magazine http://www.emaga.com/    マガジンID:select
      カプライト http://kapu.biglobe.ne.jp/ マガジンID:7688
------------------------------------------------------------------------
汐菱Qのホームページは http://cobc.jp/
ご意見・ご感想は汐菱Qの掲示板 http://356.teacup.com/COBCQ/bbs へ
blogもやってます⇒ http://blog.livedoor.jp/c_o.b_c/
blogもやってます⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/cobcq/
========================================================================

◆購読の解除は、ご自分でお願いします。解除は、↑の発行システムのサイト
 か、↓のマガジン毎のページで行えます。また、発行システムによっては、
 このメールの最後に解除用のURLがありますのでご利用ください。

========================================================================
★汐菱蚯&螢が発行しているメールマガジンです★登録/解除は↓★ヨロシク★
『汐菱Q通信』→→→→→→→→→→→→→ http://cobc.jp/tuusin.html
『気まぐれ刊 今日の数字』→→→→→→→ http://cobc.jp/suuji.html
メール同人誌『月刊 そらこそ』→→→→→ http://cobc.jp/sorakoso.html
『Qの日記セレクト』→→→→→→→→→→ http://cobc.jp/nselect.html
『バボちゃんの日記』→→→→→→→→→→ http://cobc.jp/fnikki.html
『汐菱QのHP更新情報』→→→→→→→→ http://cobc.jp/qhpkojo.html
『メルマガ版 似ているものシリーズ』→→ http://cobc.jp/nitemag.html
『映画随録』→→→→→→→→→→→→→→ http://cobc.jp/ez/mmaga.html
『マンション管理士が行く!』→→→→→→ http://cobc.jp/mk/knrsgiku.html
『マイド!カコモン!!
 マンション管理士試験過去問題研究』→→ http://cobc.jp/mk/maikako.html
========================================================================

-

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-30  
最終発行日:  
発行周期:週2回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。