文学

幸せを呼ぶ『話の小箱』

幸せは、向うから転げ込んで来るものではありません。幸せは自分の手で掴み取るものです。
さあ!両手をポケットに突っ込んでいては、幸せのはしごは登れません。
毎週木曜日に、楽しい話をお届けいたします。ご期待ください。

全て表示する >

幸せを呼ぶ『話の小箱』第637号

2014/03/27

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★              
★★★      
★★   幸せを呼ぶ『 話の小箱 』2014年 3月27日 第637号
★                    
★★                    "毎週 木曜日発行"
★★★             
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 木曜日です。又お会いしましたね。                 

  
 ▼雑学---(1)
 
 <相手を「ワラ」にたとえては失礼です>

 話の相手次第では、失礼な言い方になってしまう言い回し
は、いろいろあります。

 「溺れる者はワラをもつかむ」と、よく言いますが、もとも
とこの仕事はボク一人じゃ無理だから○○さん、手伝ってく
れないかなあ」

 なんていてしまったら、相手に対してたいへん失礼な言い方
にしまいます。

 なぜでしょうか?

 「溺れるものはワラをもつかむ」とは「溺れそうになったと
きは、ワラをもつかむ」という意味ですから「ワラ」とは「頼
りにならぬ、つまらないもの」のたとえです。

 相手をワラにたとえたら失礼になるのはあたりまえのことで
しょう。

 
 
 ▼雑学---(2)


 <大急ぎで、声を出して、読んでください。>

 ○  アリメカ

 ○  イリギス

 ○  イリタデ

 ○  フンラス

 ○  ドツイ

 
  
 ▼雑学---(3)


 <日本人>

 日本社会においてアメリカ式な経済学が流行し、マスコミに
多く書かれたことがあった。

 モーレツ社員とか言う言葉でそうしたアメリカ経営がひとこ
ろ、経営コンサルタントと称する実務経験の全くない人たちに
よってビジネス社会に導入されようとして、ほぼ完全に失敗を
みたという実例がある。

 つまり、アメルカ経営学は日本にマッチしなかったのである。

 日本の社会において、または企業内においていわゆる義理人
情とかいう言葉で表現されるような考え方、生き方をとらない
人間は、ほぼ、間違いなく失敗に終わることが多い。

 義理人情ということば、日本人の一般的にもっている思考パ
ターンのタイプに非常に上手くマッチする頭の考え方であると
私は思う。

 コンピュータつきブルドーザーと称される田中角栄氏が、ま
だ大物になりたての頃、「天保水滸伝」という浪花節を語って
一挙に日本の庶民の間に非常な親しみを湧き起こしたというの
も、何かうなずけるフシがあるのも当然である。

 
 義理人情の現在のような形で日本社会にしっかり根を張り、
定着したのはいつ頃であるのか専門歴史家でない私にはわから
ない。

 しかし、義理人情の生れるまでには非常に長い歴史的時間が
経過していたことは事実であり、だからこそ新流行のアメリカ
経営学がもろくも敗退してしまったのである。



 ▼雑学---(4)


 <5秒で眠れる>

 不眠の人がくわずか5秒で眠りに入れる!

 そんな話を聞いたら、不眠でない人だって驚くに違いない。

 「本当に可能なのか」

 いくつもの疑問がまず湧いてくるだろう。

 5秒で眠り始めることは決して不可能ではない。少なくとも私
は、そう信じている。

 世の中には随分入眠の早い人も少なくない。枕に頭を乗せたら
もういびき。

 床に入ったとたんに寝息が聞こえだす。

 このような「人間スプリンター」がいるかぎり、5秒間入眠は
決して夢ではないのである。

 しかし、5秒間入眠も手放しでというわけにはいかない。

 それなりの工夫。条件が必要だ。

 工夫をこらし条件さえ満足させれば、誰にだって可能になる。

 こう書くと、工夫やその条件がさぞかし難しいものだと思う人
もいるだろう。

 だが、難しいどころかきわめて日常的なものばかり。あなたに
もたやすくできるのである。

 もともと眠りは特殊な生理現象などではない。

 一日の数多い行動のうちの一つに過ぎないのである。

 眠るからといっても身構えたり、覚悟を決めたりする人はいな
いだろう。眠りはきわめて平気な生理現象である。

 したがって5秒間入眠の条件も難しいものではないのである。


 
 ▼雑学---(5)

 <あなたの潜在意識の驚くべき力>

 あなたが潜在意識にひそむ力に触れ、その力を解き放すことを
学べばあなたの人生にはもっと力がはいり、もっと富が増し、よ
り健康に、より幸福になり、更によろこびを増大させることがで
きます。

 あなたは、この力を獲得する必要はないのです。

 あなたはすでにそれを持っているのです。

 しかし、あなたはその力の使用法を学ばなければなりません。

 あなたの人生のあらゆる分野にその力を適用できるように、そ
の力を理解しなければなりません。

 あなたは、新しい光によって霊感を受け、新しい光によって霊
感を受け新しい力を起こし、自分の願望を実現させ、すべての夢
を現実化することができます。

 自分の人生をいままでよりもより雄大により偉大に、より豊か
により高貴なるものにしようという決心を、いま、この場でやっ
てください。

 あなたの潜在意識の深いところには、無限の力、すべての必要
物に対する無限の力、すべての必要物に対する無限の供給源がひ
そんでいて、これは開発されることと表現されることを待ち受け
ているのです。

 あなたの精神の深所にあるこれらの可能性を今すぐ認めてくだ
さい。そうすると、その可能性は外に形をとって表われてきます。


 
 ▼では今日はこの辺で---!   

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★
★★       発行者:  バロン 
★         
★★    配給元    メルマ  www.melma.com/       
★★★         
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-11-08  
最終発行日:  
発行周期:週1回発行  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。