文学

木の葉の小説『リーフノベル』

30年以上詩作してきた作者がたどり着いた世界リーフ・ノベルの誕生である。
木の葉に書き置くような1600字の超短編小説は
深層心理・欲望・幽鬼そしてアイロニーの世界へと君を誘う。千葉日報新聞に連載されているリーフ・ノベルがネット上に新たに登場。   

全て表示する >

木の葉の小説『リーフノベル』VOL83

2006/09/29

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
                                 
       リーフノベル 〜超短編読み切り小説〜 高安義郎   
                      
                                     VOL83
   
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
================================================================
                お待たせ致しました。
                今月号のリーフノベルです。  

     リーフノベルとは、全て1600字の中に収まるように作られた
     短編読み切り小説です。
     幽鬼、深層心理、アイロニーの世界にあなたを誘います。
     それでは、どうぞ今月のリーフノベルをお楽しみください。

     ○●トップページ●○
     http://www1.odn.ne.jp/~aap60600/yoshirou/leafnove.html
     には、他の作品も掲載しております。

     ●○投稿募集●○
   またサイトでは、作品の投稿もお待ちしております。
   まずは御気軽にお問い合わせ下さい。 
   みなさんも1600字で作品をお書きになってみてください。
   今までにない手法の作品です。
   優秀作品はサイトにて、ご紹介致します。
   aap60600@hkg.odn.ne.jp

     ○●作者紹介●○
    名前:高安義郎(たかやす よしろう)
    日本文芸家協会会員
    日本ペンクラブ会員
    日本現代詩人会会員
    日本詩人クラブ会員
    千葉県詩人クラブ顧問
    詩誌「玄」、詩誌「White  Letter」主宰
    リーフノベルを「千葉日報新聞」(隔週の日曜版)に10年間連載

====================================
                                          
    ■☆■☆■☆■☆   リーフ・ノベル   高安義郎 ☆■☆■☆■☆
             
          ■■■■■■■    深夜の電話 ■■■■■■■ 
        
 
   
   私は教員になって十年ほどたつが、嘘を言ったことがないのが自慢だった。嘘

  をつかねばならない理由がどこにもなかったのだ。それにもかかわらず「八百」

  と言うあだ名で呼ばれていた。親が八百屋だからだろうが、嘘八百に通じて気持

  ちは良くなかった。

  私の勤務する学校は女子校で、放課後になると女子生徒が無駄話をしによく押

  しかけて来た。レポートの採点や急ぎの校務のない時は生徒の話相手になってや

  るのだが、たいていは生徒たちが勝手に来て勝手に雑談し、時折私に同意を求め

  るように声をかけて帰って行った。私は化学の教員で、実験の準備や後片づけに

  はこの生徒たちを手伝わせたが彼女たちは喜んでビーカーなどを洗ってくれた。

   ある時だった。試験管を洗いながら千景と言う名の生徒が言った。

  「先生、国語の上田先生は幽霊と話をしたことがあるんだって」

  何の話か聞いてみると、上田教諭が教員になる前のフリーカメラマンだった頃、

  身重になった奥さんを残し中東に取材旅行に出かけたことがあった。その頃中東

  は戦争のさなかで、半年の取材予定が一年になり二年になり、帰るに帰れない状

  況に陥った。三年目にやっと飛行機の予約が取れ、アパートに立ち返ってみると

  建て替えの為とかでアパートは半分ほど壊されていた。そんな予定など聞いてい

  なかった彼が途方に暮れていると、どこからともなく奥さんが現れ

  「白分たちの部屋はまだ壊されていないから今日はここに泊まりましょう」

  と言ったという。三年間にも及ぶ中東戦争の撮影がどんなに危険だったか話しな

  がら、妻と一夜を明かしてみると奥さんはどこにもいなかった。部屋の隅には小

  さな仮の仏壇があり、そこに奥さんの写真が飾られていた。奥さんの実家に電話

  をすると、奥さんは三年前流産がもとで亡くなったというのだ。危篤の時に連絡

  しようにも手立がないまま、とうとう今日に至ったと聞かされた。だがこれまで

  何度も国際電話で現地の様子を話したり、生まれた子供の様子を聞いたりし話し

  あったはずだった。ではあの時の電話の相手は誰だったのだ。彼は幽霊と電話を

  していたことになる。というものだった。

  「上田先生に騙されているのさ。それは雨月物語の『浅茅が宿』だ。奥さんの名

  前"宮"の字がつかないか」

  私は笑いながら言った。

  「そう。奥さん宮子って名前だったんだって」

  千景は試験管を洗う手を止めた。

  「浅茅が宿に出てくる女性で宮木という女性が同じように夫を待って死んだオカル

  トじみた話がある。上田先生に担がれたのか、それとも千景の作り話かな?」

  すると「嘘じゃないってば。上田先生は嘘つかないもん。先生信じないんだね。先

  生こそ雨月物語の話本当なの?」私は心外だった。嘘を言わない自分が信じてもら

  えなかったからだ。

  「それじゃ図書室に行ってごらん」年がいもなくむきになった。

   その夜、床に着こうとしていた十二時頃のことだった。上田教諭から電話があ

  った。

  「上田です。千景に、あの話は本当だと言ってくれと頼まれましたので、約束で

  すから」

  そう前置きしながら実験室で千景が話した電話の話は実話だと証言した。私は笑

  いながら

  「そういうことにしておきますよ」と電話を切った。

  翌日出勤すると驚くことを耳にした。昨夜十時頃上田教諭が交通事故にあい、

  病院で亡くなったと聞かされたのだ。十二時以降ではなかったかと念を押したが、

  十時に間違いないらしかった。私は背筋が凍りついた。そこへ息を切らせながら

  千景が駆け込んで来ると

  「私、嘘なんかついてないんだから。でも上田先生が死んじゃったんだって。本

  当ですか」

  それだけ言うと泣き出した。昨夜十二時頃電話があったことは言えなかった。思

  えぱ上田教諭の力ない電話の声が耳の奥によみがえり、私は声をなくして立ちつ

  くした。

  これまで稚拙なオカルト集だと思っていた雨月物語が、奇妙な重さを持って私

  にのしかかってくるのを感じた。

    
=======================================

  
  ●○○●○○● Yoshiro's Room ●○○●○○●

   今年はひょんなことから竹籤(たけひご)を使った風車の作り方を知った。
私の奉職する高校の文化委員にこれを教えたところ大変喜び、二百個ほど作って
文化祭で売った。収益はどこか被災地に寄付するとのことだった。私としても良
い思い出になった。
ところがこの風車は、作り出すといろいろアイディアが浮かび、文化祭が終わっ
た今でも残った竹籤を使ってとうとう私流風車を作ってしまった。竹籤の風車と、
八枚羽根の紙の風車を重ねたものだ。これが意外に心を和ませるかわいらしさが
あるのだ。(やや手前味噌かも知れない)
やがて我が家の居間の鴨居には四十個が並んだ。ところが我が家を尋ねた客がこ
れを見て「きれい」と言うと、妻は惜しげもなく二つずつ進呈している。
(一つでよいだろうに)したがって今では二十個弱になったが、まだ材料が沢山
残っている。時間を見つけてこつこつ作ることにしたい。おそらく十月の中旬ま
でにはまた四十個ほど増えるだろう。
先日次男が帰ってきて風車を見るなり、「まるで『ヤシチ』(TV水戸黄門)の
部屋だなあ」と呆れていた。
笑われても呆れられても、ものを作ることは楽しいことだ。来年定年後の手慰み
の一つになるのかも知れない。
興味のある人にはいつでも教えてあげたいと思うが、実は庇護の編み方を覚える
前に揃えなければならない材料が多いので、それを聞くと投げ出してしまう人が
多い。小刀を使い慣れた人ならたやすいのだが。ところであなたはいかが?
                          (2006.9.29)

=======================================
                    
                        ☆  お知らせ ☆

  ★★ 30数年詩を書き続けた作者渾身の作、
    詩集「母の庭」〜アルツハイマーは嵐のように母を襲い〜 が
      2003年3月30日付け読売新聞朝刊に大きく紹介されました。
     
   ★ 高安義郎著「母の庭」〜アルツハイマーは嵐のように母を襲い〜
     (ごま書房刊) 定価1,200円(税込み)
         2002年11月27日全国の書店から発売されました。
     表紙絵 日本画家 若木山(作品 酣春) 帯文 新川和江 
      
     ★ 下記の書店からインターネットでも購入が出来ます。御覧下さい。
                   
 (紀伊国屋書店)

  http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi? W-NIPS=9976400284 
       
 (YAHOO BOOKS)                 
 http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31059989                     
         
  
======================================
http://www1.odn.ne.jp/~aap60600/yoshirou/leafnove.html
には、他の作品も掲載しております。
またサイトでは、作品の投稿もお待ちしております。
まずは御気軽にお問い合わせ下さい。
みなさんも1600字で作品をお書きになってみてください。
優秀作品はサイトにて、ご紹介致します。
aap60600@hkg.odn.ne.jp

======================================
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-07-21  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。