技術

神秘的なサイエンスと癒しのメッセ−ジ

パワーストーンが持ち主に様々な作用を及ぼした話や風水、気功、ヨガ、原子、素粒子、波動、エネルギ−と人間の意識、ヒ−リング技術まで目に見えないものをわかりやすい言葉に 癒されるメッセ−ジを添えて

全て表示する >

神秘的なサイエンスと癒しのメッセ−ジ

2005/12/10

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
         意識とサイエンス               
風水、気功、ヨガ、占い、原子、素粒子、波動、ヒ−リング技術
エネルギ−と人間の意識、まで解りやすく          
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ホ−ムペ−ジ更新しました (( ^_^)  http://homepage2.nifty.com/stn

   / 川 ヽ   
   W      W   
   C ・、・ D  ☆☆★不確定性原理の話2☆☆★
   人_ニ_人
  入o\//oス′
このように考えてくると、かってすべては一義的に決まっているとした一九世
紀的世界観は、もう一度強い検討を要請されることになります。この不確定性
の原理は、前回述べた位置と運動量の関係のみならず、いろいろな量の間に現
われる(数学的に表現すると、交換関係の成り立たない二つの量の間で成り立
つ。交換関係というのは、二つの量AとBの間に A・B=B・A が成り立つ場合を
いう)。たとえば時間とエネルギーとの関係においても現われて、ある時刻に
おけるエネルギーは一義的に決めることはできない。そこには常に、不確定さ
がある(それぞれエネルギー 、時間の不確定さをしめす)。ここにはブランク
の発見した量子数と呼ばれる数で、エネルギーの揺らぎは大変大きくなる可能
性がある。このことが、いろいろな突然変異を生むことは十分考えられること
なのです。

「エネルギーの保存則」なんていうのはプランク時間(プランク時間は一秒の
一兆分の一の一兆分の一の一兆分の一のさらに一〇〇万分の一)より十分長い
時間での話であることに注意しておく必要があります。それ以下の時間では、
エネルギーは常に揺らいでいるわけで、その可能性は無限大にまで及ぶのです。
話がこみ入ってきましたが、このような不確定性のなかでエネルギーがいろい
ろな状態をとり得ることを、物理学者は、バーチャル・ステイト(仮想状態)
と呼びます。この意味では、バーチャル・ステイトこそ、この世界の実相とい
えるかもしれません。

最近はバーチャルばやりですが、バーチャル・カンパニー、バーチャル・ファ
クトリー、バーチャル・メモリ、バーチャル・スペースなどなど・・・。それ
は実体があって、それをつなぐコンセプトを呼ぶ名称のようです。仮想の実体
がひっくり返った、とでもいうべきでしょうか。
かく観ずれば、かかるバーチャル・ビジネスが、実体を生むかどうか、いささ
か時間をかけて見る必要があるように思われます。

このマガジンの購読と解除は
(( ^_^)  http://homepage2.nifty.com/stn/m01meru.html
ホ−ムペ−ジ更新しました (( ^_^)  http://homepage2.nifty.com/stn
次回の配信もよろしくお願いします(^o^)/~~~~~

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-11  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。