技術

神秘的なサイエンスと癒しのメッセ−ジ

パワーストーンが持ち主に様々な作用を及ぼした話や風水、気功、ヨガ、原子、素粒子、波動、エネルギ−と人間の意識、ヒ−リング技術まで目に見えないものをわかりやすい言葉に 癒されるメッセ−ジを添えて

全て表示する >

神秘的なサイエンスと癒しのメッセ−ジ

2005/12/03

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
         意識とサイエンス               
風水、気功、ヨガ、占い、原子、素粒子、波動、ヒ−リング技術
エネルギ−と人間の意識、まで解りやすく          
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ホ−ムペ−ジ更新しました (( ^_^)  http://homepage2.nifty.com/stn

   / 川 ヽ   
   W      W   
   C ・、・ D  ☆☆★不確定性原理の話☆☆★
   人_ニ_人
  入o\//oス′
  不確定性原理(温度の測定)
 風呂の温度を測るには風呂のなかに温度計をつっこんでみればよく、やかん
の温度OKです。では小さな杯のなかの酒の温度は? となると、ハテ、とみ
なさん考え込むことでしょう。それは、杯のなかにドンと温度計をつっ込むと、
その杯のなかの酒の熱が温度計に吸い取られて大きく変化するであろうことを
想像するからです。温度に限らず、物を観測するということは、何らかの形で、
対象とする物体に働きかけその結果を見ているのです。たとえば、皆さんの前
に机があります。このことは、机に、光の粒子(フォトン)が当たり、それが
反射して皆さんの眼に入ることによって行なわれているのです。

この場合、フォトンは、温度計の働きをしています。もっとも、温度計の目盛
の観測もまたフォトンの働きによっているから、フォトンは人間の観測行為に
とって本質的なもの、といえるかもしれません。このように観測を行なうに当
たっては、常に観測さるべき物体へ働きかけが行なわれ、我々はその反応を見
ていることになるのですが、上のとき、当然のこととして、この働きかけによ
って生じる対象物の変化は小さい、と仮定しています。働きかけたとたんに対
象物が大きく変化するような場合は何を観測測定しているのかわからないこと
になってしまいます。もっと正確にいえば、我々が確たる実在と信じている存
在は、常に観測によって撹乱された結果ということなのです。

言い換えれば我々の実体とする世界は、常に観測の操作によって生じる不確定
さを持つともいえます。このことがきわめて深刻な意味を持つのは、ミクロの
世界においてです。ハイゼンベルグは次のような思考実験によってこのことを
明確にしました。電子の位置を測定する場合を考えてみます。測定のためには
電子に光を当ててこれを顕微鏡で観察しなくてはならない。普通の顕微鏡では
もちろん電子は見えないけれど、理想化したものを想像してみることにします
(測定の波長をどんどん短くして電子の波長を使うのが電子顕微鏡です。ここ
では理想化した思考実験を行なっています)。電子の位置を正確に測定するた
めには、波長の短い光を当てないといけない。なぜなら波長の長い波を当てる
と、電子はその波にゆられて広い範囲をただようから位置の決定は難しくなり
ます。できうれば波長ゼロの波を使いたいものです(このようなフォトンは存
在しない。極限としての話です)。

しかしながら、光の波長が短くなる、ということは、そのエネルギーは増大す
る、ということですから、電子はそのエネルギーによってはじき飛ばされるこ
とになります。(この理論は下記ページより)
http://homepage2.nifty.com/stn/sinpi09.html
こう考えてくると、二律背反であって、そこには一つの限界が
あります。言い換えると、「不確定性がある」ということになります。測定に
は常にこの種の不確定さがともないます。もっといえば、我々の見、かつ感じ
る世界は常に測定と不可分であるので、この、「不確定性の原理」こそ、事象
の本質的な基本原理である、とするのです。

以下次号にて
このマガジンの購読と解除は
(( ^_^)  http://homepage2.nifty.com/stn/m01meru.html
ホ−ムペ−ジ更新しました (( ^_^)  http://homepage2.nifty.com/stn
次回の配信もよろしくお願いします(^o^)/~~~~~

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-05-11  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。