小説

日刊ショートショート劇場

小説を読む習慣って、なかなか身につかないものですよね。読みたいけど、時間がない。本を手に取ることすらない。そんなあなたにこそ、このメルマガを勧めます。登録するだけで毎日1〜2分程度で読める小説があなたのもとに送られます。軽ーいショートショートばかりなので、

メルマガ情報

創刊日:2001-11-18  
最終発行日:2019-10-18  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

ショートショート「宇宙の旅」第9話

2019/10/18

日刊ショートショート劇場 No.6432

『宇宙の旅』第9話


「ンベンベの肉、うまかったなあ」

「そうだな。あんなうまいものは食べたことなかった」

 なつかしむ一同。

 だからと言ってじゃあ食べようかということにはなりません。

 その理由はひとつ、ンベンベが人間そっくりだからです。

 しかし、そうも言ってられなくなり、

「食べるか」

 と、なりました。

 そしていざ食べようとなると、また新たな問題に気づくのでした。

 ンベンベを前に、一同は固まりました。

「ど、どうしたらいいんだ?」

 そうです。食べる前に調理しなくてはならず、さらにその前に殺して捌かね
ばならないのです。

「と、とりあえず縛りあげよう」

 ロープを持ってンベンベにじりじりと近づきました。

 ンベンベは普通じゃない状況を察したのか、身構えました。

「よーしよしよし、いい子だ、動くなよお」

「きー!」

 暴れ回り逃げ回るンベンベ。

「つかまえろ!」

 しかしンベンベは興奮して手がつけられません。

「いや、ムリムリムリムリ! こんなん近づくのもムリだって!」

「ンベンベが寝てる隙にやるしかないな」

 というワケでンベンベが寝つくのを待つことに。

 1人になっても興奮が冷めず、ンベンベはなかなか寝つきません。

 ようやく寝たのは半日も経ってからでした。

「どうだ? 起きそうか?」

「大丈夫。ぐっすりだ」

「よし、いくぞ」


+かいせつ+

ご愛読ありがとうございます。敷布団です。

なんかまた週末に雨がふるみたいです。
今週末はいいけど来週はマラソンの大会なんで
晴れてほしいです。

twitter
http://twitter.com/shikibuton
サイト
http://homepage3.nifty.com/shiki-buton/
メールアドレス
shiki-buton@nifty.com

最新のコメント

  • 名無しさん2018-01-18 10:21:02

    前半がとくに面白かった。

  • 名無しさん2016-05-05 17:06:35

    やはり、そうきましたか。

    口は災いの元ですからね。

  • 名無しさん2016-05-03 16:54:16

    これからも読みますよ!