その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1227

2019/04/20

賢者の道〜Vol.1227「よみがえられたイエス」2019-4-20
聖書:1コリント15章12〜20節

◎イエス・キリスト様が、十字架にかかり私達の罪を贖い、死んで
三日目に墓の中よりよみがえられたということは、何を意味して
いるのでしょうか?

私達が病、呪い、貧しさ、苦しみ、そして、死の恐怖の中で暮らし、
悲しみの中に陥ったのは何が原因だったでしょうか?

聖書では、それは最初のアダムの罪によると告げています。そして、
「罪の支払う報酬は死である」(ローマ書6:23)。とあります。
にもかかわらず神は御子イエスをこの世に遣わし、私達を罪から
救い出して下さいました。

このことは、創世記の初めに約束されていたからです。「お前と女、
お前の子孫の間に、私は敵意を置く、彼はお前の頭を砕き、お前は
彼のかかとを砕く」(創世記3:15)と、この「彼」とは、救い主
イエス様のことです。

イエス様は、最後のアダムとして、サタンの仕業を滅ぼすために来られ
サタンに対して宣戦布告をされました。

「主の霊が私の上におられる。貧しい人に福音を告げ知らせるために、
主が私に油を注がれたからである。主が私を使わされたのは、捕らわ
れている人に解放を、目に見えない人に視力の回復を告げ、圧迫され
ている人を自由にし、主の恵みの年を告げるためである」(ルカ4:
18〜19)。

そして、十字架の決戦に臨まれました。イエス様は私達の咎のために
傷つけられ、私達の不義のために砕かれました。このように自ら懲ら
しめを受けて、私達に平安を与え、その打ち傷によって私達は癒やさ
れたのだ、とイザヤ書53:5は告げています。

◎私達には、イエス様が勝利したかどうかの証拠が必要です。それは、
イエス・キリスト様の復活、よみがえりです。

イエス様がマグダラのマリアに現れた後、弟子達や多くの人々の前に現れ
ました。それは、私達に勝利を確信させるため、サタンに対する勝利を
立証するためのものでした。

さらに、別の助けぬ主、聖霊様を私達に与えて下さいました。聖霊様とは
復活のイエス様の命を与える霊のことで、唯一なる神の一側面です。

マルコの屋根裏部屋で120名の信徒達が熱心に祈っていた時に、聖霊が
炎のように降ったように、私達が熱心に祈り求めるならば、聖霊様が
私達の内なる霊の部分を占領し、支配し、聖霊充満として、不思議な
しるしを見せて下さいます。

アブラハムは、神から罪に染まったソドムとゴモラの町と住民をこと
ごとく滅ぼすと告げられましたが、ソドムの町に住む甥のロトの家族を
救わんがために必死で神に祈りました。そのため、神は彼の家族の救い
を約束して下さいました(創世記18:32)。

ユダのヒゼキヤ王は、何を企てても成功する人物でした。彼は主を固く
信じ、主に背いて離れることがなかったのです。このように、人が全てを
神にささげるとき、神はその人にとって全てとなって下さいます。

しかし、彼の命も神の御手にあり、彼の天敵アッシリアのセンナケリブ王
が殺されるや、彼もまた死の病にかかりました。預言者イザヤは、王に
「あなたは死ぬことになっているのだから遺言をしなさい」と言いました。

するとヒゼキヤ王は「ああ主よ、あなたに忠実に歩んできたことを思い
起こして下さい」と涙を流して祈りました。すると神の言葉がイザヤ
に臨み、こう告げました。

「主なる神はあなたの祈りを聞き、涙を見ました。あなたは癒やされ、
三日目には、主の神殿に上れるだろう。あなたの寿命は15年延ばし、
アッシリアの魔の手から救い出し、このエルサレムの都も救い出し、
守り抜こう」と約束して下さったのです(列王記下20章)。

19世紀、科学者たちによって、エントロピーという概念が導入され
宇宙のものは、やがて消滅すると、言われ出しました。熱力学第二
法則です。

確かに聖書には、天と地の「全ては衣のように朽ち果てます」(詩編102:
27)とあります。ヨハネ黙示録では、ハルマゲドンの戦いがやがて
起き、世界最終戦争が起こるように預言されています。

しかし、神はご自分が創造されたものを崩壊しないようにできない訳
ではありません。もし、私達が必死に世界の平和を祈り、宇宙が崩壊しない
ように祈るなら、必ず願いを聞き入れて下さいます。

アブラハムの祈り、ヒゼキヤの祈りのように私達の祈りは、力があるから
です。これこそ、復活の実なのです。

◎イエス様の復活により、サタンの権威が打ち破られ、私達は神の子女
としての資格を取り戻し、主の宮で暮らす道が開かれました。もはや、
サタンの奴隷ではなくなったのです。ハレルヤ!

--------------------------------------------------
協  力:おとずれ社 
まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
--------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。