その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1226

2019/04/17

賢者の道〜Vol.1226「主イエスの復活」2019-4-20
聖書:マタイ福音書28章1〜10節

◎主の十字架によって人の不義は神の義となりました。私達は不義
と罪の中にいました。呪いの人生にいましたが、主のみわざによって
神の義の下に、神の国のなかに生きるものとされました。

神の国は義の国であり、私達は義の民となったのです。問題はこれを
信じ、この法的事実に生きるかどうかです。そうすることによって
神の義の事柄の一つである「復活」も理解できます。

イエスは私達の罪を担って、神の義のすべての要求を満たされました。
イエスが葬られた後、神はご自身の義の中でイエスを死から解き放つ
責任がありました。そうすることが義だからです。

神はご自身の義に従って、十字架上で不義を担ったイエスを裁き、
その後、神の義は神ご自身が死から解き放ち、死人の中から復活さ
せる責任を持たせたのです。

ヨハネ福音書では、命の力によって復活させられたという観念が
ありますが、マタイ福音書では復活は力の事柄ではなく義の事柄
として扱われています。

ですからイエスは義によって裁かれて死に渡され、義によって死人
の中から復活させられたのです。

復活に関係するこの章でローマの兵士達の収賄の記事を含めている
理由は何だと思いますか(11〜15節)。これが述べられているのは
人の不義を暴露するためです。不義に反対することは力ではなく義
です。

イエスの復活は神の義に従ってなされたのです。ですからマタイは
兵士達の収賄の記事を挿入しました。このことは他の福音書では
述べられていません。

マタイだけがそれを含めたのは、イエスの復活が、人の義と相対する
神の義と関係があったということを表明するためであったのです。
 
ここでパウロがロマ4章25節で記した言葉を考える必要があります。
「イエスは、私達の罪のために死に渡され、私達が義とされるため
に復活させられたのです」。この節は復活を義と結び付けています。

聖書は復活を力の事柄だけでなく、義の事柄として扱っています。
つまりイエスが死人の中から復活させられたことで神の義が現わさ
れただけでなく、イエスの復活のゆえに私達は義とされたの
です。

イエスの復活により、神は義なる神であり、私達は義とされた
神の民です。

◎イエスは週の初めの日に復活しました。復活は、まず2人の姉妹達に
よって発見されました。それは天使によって指摘されました。大きな
地震が起こり、天使が封印していた石を転がし、その上に座っていま
した。番兵は恐ろしさのあまり震え上がりました。

天使は女達に「恐れることはない。イエスはここにはおられない。
復活なさった」と告げます。さらに「弟子達にこう告げなさい。
『あの方は死者の中から復活された。あなたがたより先にガリラヤ
に行かれる。そこでお目にかかる』」と。

こうしてエルサレムでなく辺境の地ガリラヤから新しい時代を開始
されたのです。

彼女達は恐れながらも喜びつつ、弟子達に伝えるために走り去りま
した。するとイエスは行く手に立って、彼女達に出会い、彼女達は、
イエスの足を抱き、その前にひれ伏しました。
これはイエスがマグダラのマリアに現れた後に起こりました(ヨハネ
20章14〜18節)。

一方、ユダヤの指導者達はローマの兵士達と共にイエスの復活に関す
る虚偽のうわさを広めました。

それは夜、主の弟子達がやって来て、番兵が寝ている間にイエス
を盗み去った、と言わせたのです。指導者達は「もしこのことが
総督の耳に入っても、うまく総督を説得して、あなたがたに心配を
かけないようにしよう」と約束しました。

◎ガリラヤにて弟子達は指示された山に登り、そこでイエスと出会い
ました。弟子達はひれ伏しましたが、彼らのある者は、復活のイエス
を疑い、ためらい、動揺したのでした。

しかし、イエスは権威をもって出て行き、諸国民を弟子とせよ、と
命じます。福音を宣べ伝えることを命じたのでなく、異邦人を弟子
とせよと命じたのです。

単に罪人を救いにもたらすのでなく、神の国の民とする、という
ことです。これが義との関係で告げられたのです。神の国の民と
するために、多くの人にイエスの弟子となるよう工夫していきま
しょう。

------------------------------------------------------------
  協  力:おとずれ社 
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。