その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1199

2019/01/02

賢者の道〜Vol.1199「変えられた身分」2019-1-2

◎人々は今日より明日も良くなるだろうと期待して生きています。
そうでなければ、絶望してしまいます。そのために知識を積み、
文明や科学を発展させてきたのも事実です。

しかし、これらの環境を変えても、人の心に真の満足を与えること
はできません。多くの人は、孤独に陥り、アルコール依存になったり
先進国ほど、離婚率、自殺率が高くなっているのは、その事実を裏付
けています。

人は、身分が変わらなければ、真の満足を得ることができないのです。

1.神の選ばれた者とは
多くの知識のある人、権力を持つ人、身分の高い人、経済力のある人は、
自力で問題を解決できると思い込んでいます。

だから神はその逆の人を選んで、彼らの身分を変えることによって奇跡を
起こして下さいます。イエス様を救い主として受け入れ、より頼む人は
間違いなくプラスの人生に変えられます。

パウロもマリヤもトマスもみんなイエス・キリスト様をプラスして
人生が変えられました。新しく造り変えられました。そこに神様の
祝福が注がれます。まずは、キリスト様を受け入れることです。

コリントの教会には、知識のある人、力のある者、家柄の良い者が
多かったわけではありませんでした。おもに貧しい家庭の出身者、
さげすまれた生活をしていた人から構成されておりました。
このような人を神は選び、重く見たのです。

神の召し、選びは世の悪に等しい者、身分の卑しい者、見下げられて者
を選ばれたのです。コンプレックスを持っている者を選んだと言うので
す(1コリント1:28)。

そこで選ばれている人は、たとえこの世で、重んじられる人であっても、
神の御前にはなきに等しい者なのです。それは、誰もが神の御前に誇る
ことがないためです。

2.知恵と義の聖と贖い
そんな者達が、イエス・キリスト様をプラスして結ばれ新創造として
キリスト様を生きる者となったのです。私達はアダムからキリスト様
へと移され、キリスト様の中に置かれたのです。

キリスト様の中で持つものは、全て神からであって、私達自身からで
は、ありません。キリスト様は、私達に「知恵」である問題解決の能力
を与えて下さいました。

更にキリストは「義と聖と贖い」となられました。

A.義(私達の過去のための)とされたのです。そして、霊において
再生され、神聖な命を得るためです。かくして神の御前に出ることが
できる資格が与えらるのです。

B.魂において聖別された聖(私達の現在のための)とされました。
それにより、思い感情、意志において、神聖な命によって造り変えら
れるのです。イエス・キリスト様をプラスすることにより、聖潔な
暮らしができるようになります。

C.贖い(私達の将来のための)を得ることができます。即ち、私達の
体の贖いです。キリスト様は、サタンに売り渡された私達を十字架の
血潮の代価を支払われ、買い戻して下さいました。

それは、罪を許す代価、病を癒やす代価、呪いから解放される代価、
そして永遠の命を得るための代価を支払われ、それによって神聖な命に
よって体が変貌せられ、キリスト様の栄光を持つようになるのです。

◎こうして、イエス様を人生の中にプラスすると、考えが変わり、私達の
霊、魂、体の全てが造り変えられていくのです。

どんな環境であっても、環境に負けることなく、肯定的な思いを持つ
ことができるようになります。更に使う言葉も変わります。身分が
変わるので、使う言葉も変わるのは、必然です。

否定的、破壊的な言葉は、影をひそめ、創造的、生産的、建設的な言葉を
用いるようなります。もはや過去の人ではなく、新しい人になるのです。
新しい身分を得て、祝福と平安に満ちあふれた環境の変化が起きることを
信じることができるように祈ります。

-----------------------------------------------------
協  力:おとずれ社 
まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
-----------------------------------------------------
新年、明けましておめでとうございます。
読者の皆様が、神様の豊かな恵みに満たされ、大いに祝福されるように
心からお祈りします。
本年もよろしくお願いいたします。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。