その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1196

2018/12/22

賢者の道〜Vol.1196「不都合に見舞われても」2018-12-22
聖書:民数記21章4〜6節、ヤコブ書5章7節

◎思い通りに物事が進まないことがあると、つい我慢できなくなり
イライラしていまうものです。イエス様の誕生の時、ローマの皇帝
アウグストゥスから人口調査をせよとの勅命が出ました。

そのため、ヨセフとマリヤは、ダビデの町ベツレヘムへと旅をしま
した。身ごもったマリヤを連れ、ヨセフは宿屋を捜しましたが、泊ま
る場所もなく、馬小屋にて夜を過ごす羽目になりました。

その晩、マリヤはイエス様を出産したのでした。泊まる場所もなく、
予想外の事態に困惑しました。不都合に見舞われたことは、私達の
生活にとって、しばしばあることです。

1.試練か?それとも単なる不都合か?
イスラエルの民も荒野を40年間さまよい続けたとき、彼らが直面した
試練は、本当にそこまで深刻だったのでしょうか?それとも単なる
不都合に過ぎなかったのでしょうか?

「彼らはホル山を迂回し、エドムの領土を迂回し、葦の海の道を
通って行った。しかし途中で[降りかかる様々な試練のためにひどく
失望して、気分も落ち込み]耐えきれなくなったのでした(民数記
21章4〜6節)。

時には大きな試練に直面することがあります。しかし、不満をこぼす
ような状況は、成長した考え方のできる人にとっては、取るに足り
ないようなものばかりです。

些細な不都合にも耐えられず、すぐに動揺ばかりしていたイスラエル
の人々が、約束の地に入っても、果たして先に住んでいた民族と対等
に戦うことができたでしょうか?

大きな使命を達成し、成果を上げるにはどうしても忍耐することを
学ばねばなりません。殊に神の民を貫くには耐えることを学ばねば
なりません。

讃美歌520番「しずけき河の岸辺を」というのがあります。そこを
過ぎゆく時も、憂き悩みの荒海を渡りゆく折にも、こころ安し、
神によりて安し、と歌詞があります。

2番では、群がる仇はたけりて囲めど攻めむれど、望みを砕くとも
こころ安し、神によりて安し、というのです。圧巻は4番で、大空は
巻き去られ、地は崩るるとき、罪の子らは騒ぐとも、神による御民は
こころ安し、神によりて安し、なのです。

神に選ばれた者の正しい態度は、問題が起きても決してあきらめず、
じっと我慢して、何が起こっても心穏やかに耐えるのです(コロサイ
3章12節)。

2.耐え抜く力はいかに
パウロは、様々の問題や困難に直面した時、喜ぶことができると
言います。それらは、忍耐を学ぶのに役立つからです。忍耐に
よって私達の人格は、筋金入りとされ、ひいては神様への信頼を
深められるのです。

こうして、私達の希望と信仰は何ものにも動じなくなるのです。
そして万事が益であると分かるのです(ローマ書5章3〜5節)。
そこで、パウロはその「忍耐」(ギリシャ語でマクロセーミア)
こそ聖霊の実だと言います(ガラテヤ書5章22節:リビングバイブ
ル訳)。

つまり忍耐は、肉の業ではなく、救いを体験して生まれ変わった
全てのクリスチャンに与えられるものです。この忍耐を働かせて
いる様子を神様は見たいと望んでいます。この神の模範を通して
まだ神を信じない人々に神様の力強さを知らせようとしているの
です。

肉の業では、忍耐と言う聖霊の実を結ぶことはできないのです。
聖霊を求めることが耐え抜く力を得る唯一の道です。自分の力で
問題を解決できると思い上がらず、祈り、聖霊の力を得ることです。

これが、1ペテロ5章6節で「神の力強い御手の下で自分を低くしな
さい・・・思い煩いは何もかも神にお任せしなさい」と言う理由で
す。神様のベストタイミングが訪れた時、私達を高く引き上げて下さ
います。

自分が良いと思うタイミングを手放し、代わりに神様の思いを自分の
生活の中心に置いて生きることです。

◎神様の呼びかけに対して、いつでも応えられる従順さを育てていき
ましょう。人間的なプライドに動かされて行動することの危険性を
どうか理解して下さい。

思い通りに物事が進まず、イライラしたり、我慢の限界を感じ始め
たら「忍耐強く待ち望む姿勢を与えて下さい」と神様に祈りましょう!

-------------------
■しずけきかわの岸辺を

しずけき河のきしべを すぎゆくときにも 
うきなやみの荒海を わたりゆくおりにも 
こころ安し 神によりて安し 

むらがる仇はたけりて かこめどせむれど 
いざなうものひしめきて のぞみをくだくとも 
こころ安し 神によりて安し 

うれしや十字架のうえに わがつみは死にき 
すくいの道あゆむ身は ますらおのごとくに 
こころ安し 神によりて安し 

おおぞらは巻き去られて 地はくずるるとき 
つみの子らはさわぐとも 神による御民は
こころ安し 神によりて安し 

---------------------------------------------------
協  力:おとずれ社 
まぐまぐ(マガジンID:99821) https://www.mag2.com/
melma!(マガジンID:151618) https://www.melma.com/
---------------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。