その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1189

2018/11/28

賢者の道〜Vol.1189「言葉を伴う水の洗い」2018-11-28
聖書:エフェソの信徒への手紙5章26〜27節

◎クリスチャンは、主の御用のために持っているもの全てを捧げる
べきであると多くの人は考えております。

しかし、神は人から出て来るものを受け取ることはしません。天から
出たものだけが天に戻ることができ、キリストから出たものだけが
キリストに戻るのです。

従って人間の能力、技量、知識、財を捧げているので万事結構である
と考えることは、出来ないのです。全て主の言葉によって洗い清める
必要があるのです。

1 理想的な教会
教会のために捧げる何かで、価値あり、霊的に役立つものは、旧創造
のものではありません。神は霊的なものを生産するのに、肉的なもの
は、決して用いることは致しません。

イエスは「肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは
霊である」(ヨハネ福音書3:6)と言われました。従って霊の教会を
つくるのに肉の何かを使うことはできません。到達点・方法もまた
霊的でなければなりません。これは、神が要求していることです。

神の求める教会は、どのようなものでしょうか?

それは、エフェソ書5章25〜27節に告げています。
「夫たちよ、キリストが教会を愛し、教会のために御自分をお与え
になったように、妻を愛しなさい。キリストがそうなさったのは、
言葉を伴う水の洗いによって、教会を清めて聖なるものとし、
しみやしわやそのたぐいのものは何一つない、聖なる、汚れのない、
栄光に輝く教会を御自分の前に立たせるためでした。」

2 教会のきよめの方法
「言葉を伴う水の洗いによって、教会を清めて聖なるものとし・・・」
という句に注目します。キリストはどのようにして教会を完全なも
のとするか。それは、言葉を伴う水の洗いで清めることによって行う
と言うのです。

「水」とは、神の命のことです。この生ける神の命で教会は洗われる
なら清められねばなりません。しかし実際の状態はどうでしょうか?

この世の命で満ち、キリストから出たものでないものを持っています。
清めるとは、どういう意味でしょうか?それは加えることでなく、
引き去ることを意味します。主は御自身の言葉を通し彼の命をもって
清めるのです。

では言葉とは何でしょうか?ギリシャ語ではレーマが使われています。
ギリシャ語の「言葉」を示すには二つあります。ロゴスとレーマです。
聖書は神の言葉であるという時の「言葉」は、ロゴスです。

レーマとは、特別な場合に語られた言葉です。マタイ福音書4章4節で
「『人はパンだけで生きるものではない。神の口からでる一つ一つの
言葉で生きる』と書いてある」と言われました。

この「言葉」がレーマです。従って、書かれた言葉「ロゴス」だけ
では、生きるのに役に立ちません。パンも必用ですが、命の言葉で
あるレーマが必要なのです。

ロマ書10章17節の「実に信仰は聞くことにより、しかも、キリスト
の言葉を聞くことによって始まるのです」とあります。

ここの「言葉」もレーマです。これは、キリストが私達の内側で語ら
れる時、信じることができるという意味です。このように神のレーマ
は、神のロゴスの上に基礎づけられています。ロゴスの聖書の言葉が、
ある時、レーマになる時、私達は信仰をもって問題が解決するのです。

イエスは「私があなたに話した言葉(レーマ)は霊であり、命である」
(ヨハネ福音書6章63節)と言います。主の語られた言葉は、霊であり
命でありました。

マリヤが「私は主のはしためです。お言葉どおり、この身になりま
すように」(ルカ福音書1章38節)と言いました。この時、天使の
語った言葉は、イザヤ書7章14節の預言の言葉(ロゴス)、「見よ、
おとめが身ごもって、男の子を産む」でした。この天使が語った
「言葉」が、レーマで、これを聞いて力を受けイエスを産んだの
でした。

このようにクリスチャン生活の土台は、レーマにあります。レーマの
声を聞いたペトロが、湖の上を歩もうと企てた時、イエスが「来なさ
い」と言われたので歩き出しました。するとペテロは船から降りて
水の上を歩き出しました。

しかし、この言葉をロゴスのまま受け止めて、別の人が水の上を歩き
出せば確実に沈むでしょう。それはその時、主が語っているレーマ
ではないからです。主の言葉は永遠に変わることがないのですが、
今、それを主が語っているかどうか、これが重要な点です。

つまり、レーマとは主が前に言われた事やそれを繰り返し語る生き
た言葉で聖霊が導く言葉です。今日、教会では主の客観的な言葉が
述べられていますが、主の生ける言葉が欠けているように思います。

この言葉は霊であり、命です。それが教会に満ちる時、清められます。
歴史の中で教会は罪で失敗することもありましたが、神の御心による
教会は、レーマの命によって洗い清められます。

◎教会をしみやそのたぐいのものは、何一つないきよめ、聖なるもの
とするキリストの働きの目的は何でしょうか?それは、栄光を着た
教会を迎えることです。

これは新しくなり、欠陥が排除されることを意味します。この時、
サタンを寄せつけない教会が出来上がるでしょう。その教会、神の
領域の拡大のために私達は使命を負っています。

これが実現する時、神は満足を得、私達を豊かに祝福して下さるで
しょう。生ける水の流れの洗いを受けましょう!

--------------------------------------------------
発行:ファイアサイド    
まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
--------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。