その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1149

2018/07/11

賢者の道〜Vol.1149「ヨセフの見た天の展望」2018-7-11
聖書:創世記37章1〜11節

◎創世記50章の終わりの14章はヨセフの生涯の記録ですが、父ヤコブ
の一部分であると見ることができます。

霊的には、ヨセフはヤコブと分離していません。なぜならば「これらは
ヤコブの世代(トルドート)である」(37:2)と告げて、ヨセフの生涯
について記録しているからです。

そして1:26で神の形に似せて人を造ろう、とした神の構想はヨセフの
生涯において現されますが、イスラエルにおいて表現されます。

それは、私たちはヤコブのようにもがく性質を持っていますが、
ついにヨセフにより神の統治の代行として行使して完全となったよう
に人間創造の内実のクライマックスとして完全なるキリストの予表
を見るからです。

まずヨセフはアベルのように牧羊者でした。彼は羊を養うだけでなく、
父に遣わされて兄たちをも牧しました。主イエスも牧者として来られ
ました(ヨハネ福音書10:11)。

私たちもキリストと出会い、キリストが内側に満ちると人を顧みる
負担が与えられ、牧するようになります。

人がいくら牧するようあおり立てても、ますます牧さなくなります。
いくらある人を愛しなさいと命じても憎んでいる人を愛することは
困難です。

これは内側にキリストで構成された部分が形造られなければできない
ことです。その部分が、人を牧する部分だからです。受洗をした
クリスチャンだからといって愛の人であるわけではありません。

このキリストの部分が豊かになれば、人を牧し、養い、支配する
ことができます。ヨセフは最終的に兄たちを牧することに成功した
ので、支配することができました。

しかし、主イエスが牧者としてご自身の民に殺されたように良い
牧者は、ご自身の羊のために命を捨てる、裏切られ、攻撃される
ことを覚悟していなければなりません。

顧みている人によって迫害され、殺されることを覚悟しなければなり
ません。ヨセフにも同じことが起こりました。

◎キリストは父に愛されましたが、ヨセフも父に愛されました。
それは内にあるキリストの構成部分を持っているからです。
私たちには罪で満ちた古いアダムの構成部分があり、自分自身さえ
愛せないものがあるかもしれませんが、キリストの構成部分もあり
ます。

その部分だけは、父なる神に愛され、誰からも愛される部分として
あります。それがヨセフなのです。あなたの内なるヨセフを育てなけ
ればなりません。

ヨセフは父に愛されましたが、兄たちからは憎まれました。
キリストについても同じでした。ユダヤの指導者たちはキリストを
憎み、陰謀をたくらみ、殺すよう企てました。これはヨセフの経験
でもありました。

兄たちはヨセフを見かけたとき「おい、向こうから例の夢見るお方が
やって来る。さ、今だ。あれを殺して、穴の一つに投げ込もう」と
言いました。

ヨセフの兄弟たちはミデアン人、イシュマエル人を通してヨセフを
悩ませました(37:28)。彼らはアブラハムの子孫で肉の力を象徴
しています。

アブラハムには三人の妻サラ、ハガル、ケトラがいました。サラは
イサクを産み、ハガルはイシュマエル(16:11)を産み、ケトラは
ミディアンを産みました(25:2)。

イサクの子孫ヨセフは、イシュマエルとミディアンの子孫の肉を通し
て売られたのです。

そして「この世」を象徴するエジプトに売られたのでした(37:28、36)。
キリストもローマ」、「この世」の権威であるピラトに渡されたので
した。

◎17歳だったヨセフは兄たちの嫉妬から来る憎しみと怒りに満ちている
ことを父に報告しました。しかも彼は2つの夢を見て、それを兄たちに
語ったためますます憎まれました。「2」とは、「確証」と「証し」を
意味します。

その第1の夢は、畑で小麦の束を結わいていると、いきなりヨセフの
束がまっすぐに立ち、兄さんたちの束が回りに集まってヨセフの束に
向かってひれ伏したというのです(37:7)。

第2の夢は、太陽、月、12の星がヨセフにひれ伏しているものです
(37:9)。これらの夢はヨセフが見た展望でした。

これを語ったため彼は兄たちになおも憎まれ陰謀に遭うのでした。
彼らの心は邪悪で満ちていたからです。それまでヨセフも兄たちが
邪悪であると思っていましたが、この夢を見てから変えられたのです。

第1の夢で、彼は神から兄たちも自分と同じ「束」に過ぎないこと、
ただ違うことは神が選び、牧するものとして支配することで、彼ら
より良いことをしたということではない、ということでした。

第2の夢は、罪深いと思われる人々が光に満ちていることを示して
います。神の目には、彼らは邪悪ではなく、光に満ちた束、光に
満ちた星や太陽や月でした。

◎このように教会が良くないと思ったり、聖徒たちに対して非難する
ことは良くないことです。

ヤコブの息子たちは罪深かったのですが、そこからキリストが来ら
れたように、望みのない教会、邪悪な人ばかりが目立つ教会から
キリストが出てきます。

ですから注意して語らなければなりません。家庭でも同様です。
邪悪な家族の一員もいます。しかしそこからあなたが出てきて
いるからです。

よって消極的なことはあえて言わず、裁かず、造り変えてくださる
神にゆだねることが大事です。ヨセフは天の展望を見てこれが示され
ました。

ヨセフの民はすべて、ヨセフの霊的統治の下にあるからです。
それは、キリストがすべての民を統治されるようにです。従って、
天のビジョンを持たない民は滅びます。

------------------------------------------------------------
  協  力:おとずれ社 
  まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
  melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。