その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1147

2018/07/04

賢者の道〜Vol.1147「ヤコブの祝福」2018-7-4
聖書:創世記48章17〜29節

◎ヤコブは、エジプトで17年間住み彼の地上での日は、やがて終わろう
としていました。既に147歳になっていました。

彼は、その子ヨセフを呼び寄せ、自分が眠りについたら先祖たちの墓に
葬ってほしいと頼みます。ヨセフがそれを約束すると寝台の枕元で祈り
を捧げました。

創世記48章にきて、ヤコブが病気になるとヨセフは二人の息子を連れて
見舞いに来ました。そこで、ヤコブは、その孫たちを祝福するのです。

1.マナセとエフライム
ヨセフは、エジプトの祭司の娘をめとり、その間にマナセとエフライムを
生みます。父のヤコブは、この孫たちを自分の子とすると約束したのです。

ヤコブは、彼らを呼び寄せ祝福するのですが、右手を弟のエフライムの頭
に置き、左手を長男のマナセの頭に置き、その順序を取り替えてしまった
のです。

それを見てヨセフは、「父上、そうではありません」と父の手を取って
エフライムからマナセの頭へ移そうとします。するとヤコブはそれを拒んで
「いや分かっている。私の子よ、私には分かっている」と言っています。

これは、ヤコブの父イサクが知らないことを彼が知っていることを示して
います。イサクは、弟ヤコブを祝福したのは、弟にだまされて祝福したの
ですが、ヤコブがヨセフの下の子エフライムを祝福したのは、彼自身が
知って祝福したのです。

イサクもヤコブも共に年老いて目が、かすんでいましたが、イサクは、
外なる目が、かすんでいただけでなく、内なる目もかすんでいました。
しかし、ヤコブは、外なる目が見えなくとも、内なる目がはっきりして
います。

彼は、神がエフライムをマナセより大いなる者とならせ、エフライムを
マナセの上に立たせる神のご計画を知っていたのです。

祝福し終わってから、ヤコブはエジプトが自分の住むべき所でないこと
を明らかにし、神の目的、神の計画、神の約束があり、自分たちもそれに
従わなければならないことを告げたのでした。

2.祝福を受けたエフライム
ヤコブの子らは、十二部族を構成します。ヤコブが4人の女性(レア、ラケル、
ジルバ、ビルハ)に産ませた十二人の息子たちの子孫です。「民数記」によれ
ば、レビ族はなぜか勘定に入れず、ヨセフ族を二つに分け、息子マナセとエフ
ライムの二部族をヤコブの子として勘定しています。

ソロモン王の死後、イスラエルは南北に分裂したあと十部族で結成されて
いたサマリアを首都とする北のイスラエル王国は滅ぼされ、連れ去られた
住民達は、世界史から消え失せます。彼らが、イスラエルの失われた十部族
です。

一方、エルサレルムを首都とする南のユダ王国は、バビロンに前597年に連れ
ていかれ、後に、ペルシャによって解放され、ユダヤに戻ります。そして、
ユダとベニヤミンの二部族が、現在のユダヤ人の祖先となります。

消えたイスラエル十部族のうち、マナセ族とエフライム族は、中央アジアに
向かい、マナセ族は、キルギス人の祖先となり、エフライム族は、さらに東方
に進み日本に到達し、日本人になったと推測されます。

かつて「Japan as Number One」と言われたこともありましたが、小国日本が
経済成長を続けてこれたのは、神様の祝福の計画にあるからではないでしょうか。

いつか、エゼキエル書37:19の預言のごとく、エフライムの手の中にあるヨセフ
の木とユダの木が一つとなるのでしょう。祝福を受けたエフライムこそ、日本の
繁栄の秘密なのかもしれません。

3.ヤコブの神
初期のヤコブは、少しの望みもなく、ずる賢くて策略が多い自分勝手な
器でしたが、晩年のヤコブは、神に打ち砕かれ、聖霊に味付けされた人
に変えられ神の器となっています。聖霊が彼の人格に織り込まれたのです。

生まれつきの命は、自己を表現することを喜びます。ヘブライ人への手紙
12:10では、「霊の父は私たちの益となるように、御自身の神聖に預から
せる目的で私たちを鍛えられるのです」とあり、神は試練や苦しみを通し
て私たちを神の聖潔に預からせます。

神の訓練を受けると、自己を表すのを喜ばなくなり、この種の「あかし」
を次第にしなくなります。

これは、平安の実を結ぶからです。それは、愛、喜び、平和、寛容、親切、
善意、誠実、柔和、節制で(ガラテヤの使徒への手紙5:22)、あらゆる
境遇に耐えられる特性です。

◎神は、私たちがキリストを形づくられ、宝石(黙示録21章、1コリント
3章)となることを願っているのです。

--------------------------------------------------
協力:おとずれ社 
今週の説教: https://www.tokyoshinaichurch.com/
まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
--------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。