その他ニュース

賢者の道

忙しく複雑化したストレスの多い社会で生活するためには、どうしたら良いのでしょうか?体に食物が必要なように、心にも栄養が必要です。賢者の知恵=「聖書の教え」を配信します。難しく考えることなく、シンプルに生きられたら幸いです。

全て表示する >

賢者の道〜 Vol.1128

2018/04/21

賢者の道〜Vol.1128「キリストの復活の産物」2018-4-21
聖書:イザヤ書53章10〜11節

■病に苦しむこの人を打ち砕こうと主は望まれ彼は自らを償いの
献げ物とした。彼は、子孫が末永く続くのを見る。主の望まれる
ことは彼の手によって成し遂げられる。
彼は自らの苦しみの実りを見それを知って満足する。私の僕は、
多くの人が正しい者とされるために彼らの罪を自ら負った。

聖書:1コリント15:45
■「最初の人アダムは命のある生き物となった」と書いてありますが、
最後のアダムは命を与える霊となったのです。

◎イザヤ書53章11節後半で「わたしのしもべは、多くに人が正しい者
とされる為に、彼らの罪を自ら負った」とあります。

しかし、私達が義(正しい者)とされるためには、キリストが十字架
の死をもって私達の罪を贖ってくださっただけではありません。それは
おもに、キリストの復活の霊が私達の中に生きて働くことによります。

それゆえに「彼(キリスト)は自らの苦しみの実を見、それを知って
満足する」(同11節前半)のです。この「実」とは、復活を通して生み
出された産物です。これをパウロは、文書の中で詳しく説明しています。

◎復活の中で最後のアダム、キリストは命を与える霊となりました(1コ
リント15章45節)。

本来、キリストは神でしたが、肉体となった時、神・人でした。飼葉桶
の中で寝ていた男の子の中には、神がおられました。30年余、彼は神・人
として生き、御自身の偉大さを現されました。人の生活の終わりに、
自発的に死の中に入りました。

人の面で殺害されましたが、神は私達の全ての罪を彼の上に置き、身代
わりの罪として勘定されました。それは、彼自身が進んで死なれ、命を
注ぎ出し、私達のために死なれたのです。彼は神としての大能をもって
復活され、命を与える霊となり、栄光を現されました。

これは、キリストの復活の第一項目です。すなわち、キリストは、物質的
でなく、霊的です。命を与える霊で、霊の体を持っています(ルカ24:
39〜43)。これは、命の分け与えを通して、増殖し、拡大するためであり、
私達が、キリストの一部分となるためです。

◎キリストは、万物の中で第一位であり、死者の中から最初に生まれた
方となられました(コロサイ1:18)。エリヤは、やもめの子を復活
させ(列王上17章)、イエスはラザロを復活させました(ヨハネ11章)。

では、これらの復活させられた人が既にいるのになぜ、イエスが死人
の中から最初に生まれた人と考えるのでしょうか?それは、やもめ
の子や、ラザロの復活は完全な復活とは、考えられないからです。
彼らはその後、再び死んだからです。

しかし、主イエスは復活して以後、永遠に生きておられます(黙示録
1章18節)。今日、復活において栄光の中におられます。

ラザロも、やもめの子も栄光には入りませんでした。イエスは、墓
から出て来たとき、変貌され、霊的な物体となり栄光に輝きました。
キリストの復活の産物の第二の項目です。

◎神の新創造の発芽
キリストの復活は、神の新創造の発芽のためであり(ガラテヤ6章15節)、
体のかしらとなる為でした。これも復活の産物です。

◎人となる前、キリストは神の独り子でしたが、人ではありませんでした。
肉体となって神・人になりました。神性(神の性質)において神の子
でしたが、人性(人の性質)において神の子ではありませんでした。

しかしながら、キリストの復活によって神から生まれた長子となりま
した(使徒13:33、ローマ8:29)。従ってキリストの復活は、団体の
子供たちの誕生、キリストとすべての聖徒たちの誕生を含んでいます。
(ヨハネ20:17)。

人の子として生まれ、神から生まれて神の長子となりました。キリスト
の復活は、神の長子を生み出したこともまた、産物の一つでした。
またそれは多くの聖徒たちをキリストの似姿にすることでした。
(ローマ8:29)。

かくして復活のキリストは、私達聖徒たちの原型です。すべての聖徒
達は、キリストの兄弟たちであり、神の子なのです。ここに神の家族、
神の国が見られます。

復活前、神は家を持っていましたが、その家には、子供がいませんで
した。復活を通して、神は家族を持ち、家庭をもったのです。

◎キリストは、死と復活を通して多くの穀粒を生み出しました(ヨハネ
12章24節)。私達は、復活によって生み出された穀粒です。キリスト
は、私達がいる所々にでもいます。これは、キリストの増し加わりです。

それは、地球全体を覆うぶどうの木です。それこそ、教会です。
キリストこそ、真のぶどうの木であり、増し加わり、増殖、余剰です。
これも産物です。

◎「償いの献げ物をするとき子孫が末永く続くのを見る」(イザヤ53章
10節)のです。原因(十字架)と結果(復活の実)です。

---------------------------------------------------
協  力:おとずれ社 
まぐまぐ(マガジンID:99821) http://www.mag2.com/
melma!(マガジンID:151618) http://www.melma.com/
---------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-10  
最終発行日:  
発行周期:週1〜2回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。